岐阜県

水彩で描く風景 美濃紙の町

 私の生まれ故郷は岐阜市。数年前に同窓会があり、久しぶりに岐阜を訪れた。神戸からわざわざ岐阜まで来たのだからと、岐阜の風景をスケッチしていこうと考えた。
 と言っても岐阜県の有名な風景「白川郷」の合掌造りや、「高山の商家の町並みまではもう一泊しないと行けない。もう少し近くにないかと調べると岐阜市内から1時間と少々で行ける「重要伝統建造物群保存地区」があることがわかった。「美濃市美濃町」商家の町並みだ。
 実質的に岐阜に住んでいたのは高校時代までとは言え、案外地元のことを知らないのだと改めて感じさせられた。
 岐阜駅から高山本線で美濃太田駅までゆき、そこから長良川鉄道に乗り換える。途中は長良川の絶景が楽しめる。梅山駅で降りて、歩くこと15分。「うだつの上がる町並み」に到着だ。
 美濃市の名産である「美濃紙」は2014年11月27日、ユネスコ無形文化遺産に登録されたそうだ。さぞかし大勢の観光客でにぎわっているだろうと思いきや、3連休の休日にもかかわらず人はまばら。インバウンドの客もまだこの美濃までは押しかけてこないようだ。

 町並み保存地区の範囲はそれほど広くはない。美濃市駅から歩いて到着した街の西南端入り口から、ぐるっと反時計回りで約20分ほどで町を一周できる。
 その感想は・・・残念ながらあまり芳しいものではなかった。所々に「おっ!」思う構図を発見するものの、奈良の今井町を訪ねた時のような「町に足を踏み入れた瞬間の興奮」は感じなかった。
 どうも住民の保存に対する関心が低いようだ。例えば「美容室」などという大きく派手な看板がすぐ隣の貴重な「うだつ」を気にすることなく掲げられている。街のホームページを見ても狙いは「文化」よりも「売り上げ」のようだ。
 〇〇家公開中、入場料〇〇円とか、みやげ物飲食店の写真入案内ばかりでこの街の歴史などほとんど書かれていない。日本の歴史と文化をスケッチしに来た私には寂しい限りだ。
例えば、この町の特徴の一つは、古い町なのに道幅が広いこと。通常江戸時代の道幅は4間(7.2m)だと言われているが、ここはその2倍近くありそうだ。うだつと同様火事の延焼対策なのか、交通量確保のためなのか。そんな事情もわからない。
 ただいえるのは絵を描くとき画面に道の両側の建物を収めると、中央が空いて構図が取りにくかったことを覚えている。

 さて冒頭の絵の説明をしておこう。この絵は私のブログの風景画の描き方(詳細はこちら→)の中で説明用に使った絵なので、制作プロセスについてはそちらを参照にしてほしい。
 だから今回の説明は「構図」に絞ろう。先に述べたように道の両側に建物を配置する構図は今ひとつと感じた。
 だから町並みの片側だけを描くことにした。すると一般的には建物の軒ラインが1方向に揃って見えるだけで単調な構図になりやすい。
それでもこの構図がそれなりに絵になると考えた理由はやはり「うだつ」だ。いくつものうだつとその上に載る鬼瓦が単調になりがちな軒にアクセントとリズムを与えてくれると思ったからだ。かつ背景が空ではなく山並みがあること。空の青と山の緑が茶色の町並みに変化を与えてくれると思ったのだ。
 そんな条件にぴったりと合致したの構図は町の中でここだけだったのだ。