鹿児島県

水彩で描く風景 桜島の白煙

桜島白煙:作者 加藤美稲

 私の生まれ故郷は岐阜である。木曽川、揖斐川、長良川の三大河川がまとまって海に注ぐ濃尾平野にある。扇状地であるため、岐阜市の大部分は標高10mそこそこだと聞いている。
 だが実は岐阜県は海に面していない。山国なのだ。だから一番高く急峻な山でも338メートル(今はもう少し高いらしい)の金華山、山の麓に流れる一級河川長良川でもその川幅はせいぜい30メートル、穏やかで小ぶりな自然なのだ。
 そんな私の子供のころからの「山」と「川」の原風景を一変させたのが「桜島」だった。

絵描きを目指して、再び風景画を描き始めたものの、関西の風景ばかりを描くのに少々飽きてきた。たまには遠いところでスケッチしたいと、とりあえず本州最南端の鹿児島県を選んだわけだ。
 開通間もない九州新幹線で新神戸から鹿児島まで約4時間の旅。実を言うと鹿児島にそれほど期待していたわけでなかった。
 だが初めて目にした桜島は十二分に魅力的だった。
 もちろん、海に浮かぶ活火山で、いつ噴火するかわからないとか、通りいっぺんの知識はあった。だが「知っている」ことと実物をこの目で「見る」ことは全く違うのだと改めて思い知らされた。

 何しろ、まず山が緑色じゃない。 表面はゴツゴツとした岩だらけ。そして地肌はその名の由来のように桜の花びらののように赤い。
 岩の切っ先が空に描き出す鋭い稜線の形は奇抜で、頂は白煙を吹いている。 先に述べた私の山のイメージと全く違うのだ。
 しかもその海抜1,117mの巨大な岩の塊が緑の大海から唐突に突き出ているのだ。
 その姿は美しいというより神々しいと言うべきだろう。

 桜島は鹿児島市内ほとんどどこからでも見える。ベストショットは観光名所である旧薩摩藩島津家別邸「仙厳院」の庭園から見る桜島だそうだ。
 当然この機会にと、私も訪れた。
 だが庭園越しに見る風景は本来「借景」であるはず。主体はあくまで庭園なのだ。
 しかし目に映るのが「桜島」では、相手が悪すぎた。その圧倒的な存在感の前には、棟梁の意匠も、庭師の精妙な手入れもかすんでしまう。
 だから私の記憶に「庭園」は全く残っていない。

 というわけでどうせならと、この絵は港から桜島だけを見つめて描いたものだ。
 絵の技術的な解説をしておこう。このブログを何度か見ていただいた方なら一見して、私のいつもの水彩画と違うことが分かるだろう。(いつもの水彩画の描き方はこちら→
 まず描くべき対象の下書き、輪郭にペンを使っていない。鉛筆だ。何故だかお分かりだろうか?
 実はこの絵の他にペンで桜島を描いた絵が2枚ある。だが、それらはペンで描いた山の稜線が目立ちすぎて、山の全体的な質感、存在感がでないのだ。
ならばと、稜線を細くかすれるようなタッチで描くと、シャープで個性的な桜島のラインの面白さが出ない。
 そこでこの絵では線は全て鉛筆で下書きをしている。ただし、この鉛筆の線は形を取るためのものではない。あくまで桜島のボリュームを表現するために使っている。だから技法としては、鉛筆による石膏デッサンに近い。
 鉛筆だけで、形、明暗で存在感を表現した後、山肌、海、麓の緑に色を入れた。
 本来なら空は一番明るい部分なので、鉛筆線を入れずに色だけを塗ってもいいのだが、今回のテーマには頂の白煙の表現が重要だ。
 そのため敢えて空の全面に鉛筆でクロスハッチングを入れた。空を若干暗くすることにより、白煙の白さを強調したわけだ。そして山の「桜色」を強調するために、海は濃い目のコバルトブルーとウィンザーバイオレットをたっぷりと使っている。
 絵のサイズはいつものSM(サムホール)。しかし桜島の雄大さを表現するなら、その時持っていた最大サイズ6号のスケッチブックに描くべきだった。少し反省している。

最後に借景の庭園は別として、千厳院は絵の題材としての素晴らしい。写真を添えておくので皆さんも是非ここでスケッチしてほしい。


透明水彩で描く風景 知覧の武家屋敷

知覧の春 作者:加藤美稲

 鹿児島県南九州市にある「知覧」は旧日本軍の特攻隊の基地があったことで有名だ。今でも「知覧特攻平和会館」に戦死した特攻隊員をしのぶ展示がなされている。
 その悲しい歴史には同じ日本人として、心を一つにするために、是非足を運びたい。

続きを読む