その他

好きなのに見られない?ヨーロッパの有名絵画と美術館

 私は子供の頃から絵が好きだった。(子供の頃のエピソードはこちら→)特に美術の教科書に載っているようなヨーロッパの有名な絵画にずっと憧れていた。だが育った田舎にはなかなかそんな絵画がやってくることはなく、生まれて初めて見た本物のヨーロッパ絵画展は、大学生の時、愛知県美術館で開催された「ミレー、コロー、クールベ展」だった。私が一番好きな画家、コローの実物の絵が見られた感動を今でも覚えている。もちろんその時買った、カタログは今でも私の書斎に大事にとってある。

 その後自分で油絵を描き始めたこともあり、レンブラント、ゴッホ、マネ、セザンヌ、ルノワールなどヨーロッパの有名な絵を観るために、度々美術館に足を向けるようになった。特に最近ではフェルメールの「青いターバンの少女」が来た時などは、どのくらいその絵の前で立ち止まっていたかわからない。

 そんな私が、最近は自由な時間も増え、度々海外へ行くようになった。友人からはさぞかし、美術館巡りを楽しんでるんだろうねと言われることもある。だが残念ながらそうではない。ローマのバチカン美術館、フィレンツェのウフィツィ美術館、ミラノのブレラ美術館、ウィーンの美術史美術館、これらの有名美術館、いずれも玄関前は通ったものの、中に入ることはなかった。

 「せっかくのチャンスなのに何故?」と思うだろう。それは、入ったら最後、どの美術館も中味が濃い。おそらく最低2~3時間は出て来られない。それではせっかくのスケッチ旅の目的、絵を描く時間が無くなってしまうからだ。

 だから子供の頃からの願いであった、憧れのヨーロッパ絵画に存分に親しむ生活は残念ながら、未だにできていない。

 尤もそんな私が唯一訪れたヨーロッパの有名美術館がある。スペイン、マドリードのプラド美術館だ。もちろん世界三大美術館の一つと言われるほどなので、ガイドブックで場所だけは確認していたものの、「スケッチ優先」の計画をしていたので行くつもりはなかった。

 ところが町歩きの最中にスリに財布を取られてしまった(詳細はこちら→)。ヨーロッパ旅行では以前にも財布を無くして、痛い目にあっていたので、幸い財布の中身は最小限にしてあった。現金を補充して再び町歩きを始めたものの、創作意欲はすっかり消沈。気を取り直すべくプラド美術館に入ったというわけだ。

 さて、入館してみると、予想通り館内はとんでもなく広い。順に見ていくといくら時間があっても足りそうにない。そこで所蔵作品が充実していると言われるベラスケスを中心に見ることにした。

 ではこの日だけは存分にヨーロッパの絵画を堪能したかというと、残念ながらそうではなかった。もちろん一つにはスリにあった精神的な疲れもあったのだが、何よりあまりに延々と続く展示空間は緊張感を削ぐ。しかもベラスケスの絵は17世紀後半の作品、時代的にはバロックと言われるが、やはり茶褐色の色調が強くイメージがとても暗い。名作「ラス・メニーナス」も同様だった。

 それに比べると、ゴヤは18世紀初頭の画家で様式的にはロココに近いため、かなり色調も明るくなる。特に有名な着衣のマハ、裸のマハは素晴らしい。かなり長い時間この2枚の絵を眺めていた。そのあとは疲れもあって、手抜き鑑賞。なんとか一通り見終わったのは閉館時間の直前だった。手元のiPhoneのヘルスメーターを見ると、なんとこの日歩いた距離は30kmを超えていた。

 最近は私自身、足腰の衰えを自覚し始めたが、絵に接する時だけは、まだまだ若いようだ。私が絵も描かず、ヨーロッパの名画巡りをする、悠々自適の人生はまだまだ先になりそうだ。

これがおすすめ! 有名絵画

 私のおすすめ絵画NO.1は迷うことなく言う。コローの「フォンテーヌブローの想い出」だ。

 私は大学に入るとすぐ美術部に入り、本格的に油絵を描き出した。当時の大学は学生の自治、自由を重んずる雰囲気が強く、総合「レジャーセンター」などと言われていた。

 当然堅苦しい顧問の先生などいるはずもない。皆が勝手に好きな絵を描く。展覧会こそしょっちゅうあったが、出品するのも、しないのも全く個人の自由。
 慣習的に展覧会の初日に批評会をする。だが、相当出来の悪い手抜きの絵でもよほどのことがない限り「いいね」で済まされ、酷評されることはほとんどない。皆の頭にはその後に予定されている当時「コンパ」と呼ばれていた飲み会しかない。

 だからはっきり言うと、美術部員とは言っても大半はお遊びで、絵のレベルはひどいものだった。大学祭で部員の大作をずらりと展示するものの、来た人が「レベル低いね」と呟くのを度々耳にしたものだ。

 もっとも今思えば私も似たようなレベルだったと思うが、今の私のアトリエにある書棚には数冊の画集がある。いずれもこの頃に入手したものだ。ページをめくると所々、当時の絵具の跡がついていたりする。

 それなりにこれらの画集を参考に上手く描こうとしていたわけだ。

 最初に書棚に並んだのはアングル(その理由は「裸婦の名画 グランドオダリスクに会う→」を参照)。次にルノワールだった(その理由は(「私の人物画が売れた訳→」参照)。

 そのほかにいまだに並んでいるのは、レンブラント、フェルメール、シャルダン、クールベ、そして最も傷みの激しい画集、それがコローの画集だ。

 コローの画集の何をそんなに一生懸命見ていたかと言うと、やはりその独特の色調だ。特に森や川のある抒情に溢れる風景画の色調はコローにしか出せないと思う。

 当時彼の作風に関する文章も結構読んだ記憶がある。例えばあのグレーの色調は彼が作品の仕上げの段階で、パレットに残っていた絵具をペインティングナイフで混ぜ合わせて、キャンバスのあちこちにこすりつけることによってできたと言うものだ。

 もちろん試すまでもなく、そんな単純な技法であの雰囲気が出せるはずもない。だが「どうやったら、あのグレーの色調が出せるか?」は当時のわたしの最優先課題だったのだ。

 そうして、大学4年の春、遂にそのコローが日本にやってきた。しかも通常は東京から京都、または大阪に巡回してしまう有名展覧会がこの時は名古屋の愛知県美術館でも開催されたのだ。

 そこで見た、この展覧会の目玉の絵がこの「フォンテーヌブローの想い出」だったのだ。

 大作だ。やはり画集とは迫力もディテールの描き込みも全く違う。グレーに統一された色調は比類がない。

 そして私の興味は「どうやってこの色調を出したか?」に向いた。まず、画面は艶があって極めて平滑。ナイフで擦り付けた後は皆無だ。先の「パレットに余った絵具を・・・ナイフで・・・」と言う解説は少なくとも間違いだと確信した。

 一見ぼかしまくっているようだが、よくみると小さな葉や小枝に至るまで筆の穂先に神経を集中して、丹念に描き込んであるのがわかる。

 絵具はは何色も何層も重ねてあるらしく、「コローのグレー色」なる絵具名は当然ながら判らない。

 ただ私なりに彼の色調を真似しようと、この頃から、黄色はクロムイエローからレモンイエローに、緑色はビリジアンからサップグリーンに、濃い茶色はローアンバーからセピアに変えた覚えがある。

 そしてその翌年、同じく愛知県美術館で私の大学の美術部展があり、私は100号の風景画を出品した。題名は「千曲川の想い出」。

 美術部の合宿でスケッチしたものをもとに描いた風景画だが、コローの「フォンテーヌブローの想い出」を意識したことは言うまでもない。
 色調もコローのグレーを徹底して真似た。いま思えばその絵が私が描いた最後の大作、100号の絵だった。

 この絵はそんな私の若き日の思い出の一枚なのだ。

絵描きのためのパソコンソフト

 絵や書道は手書きでこそ味がある。だから私はパソコンは一切使わない・・・などと言うアーチストは昨今いないに違いない。

 私も絵は手描き賛成派であるが、パソコンはやはり便利だと思う。うまく使えば日常の雑事の時間を節約し、絵を描く時間をより長く確保できる。

 今回は「絵描き」におすすめのパソコン、あるいはタブレットのソフトおよびその便利な機能をご紹介する。

続きを読む

油絵初心者におすすめ「グリザイユ画法」

 高校生の時の私は劣等生。私立も国立も行きたかった希望大学は全部落ちた。やむを得ず、予備校に通い浪人生活を送った。我ながらよく勉強したと思う。最低限の睡眠を取る以外は試験日のその日まで受験勉強をしていたと言っていい。(私の高校時代のエピソードはこちら→
だがあまりにストイックに自分をコントロールしすぎたせいか、第一希望の大学に入ると一気にその反動が出た。「人の指示は受けたくない。自分でしたいことは自分で決める。」そして「人事を尽くして天命を待つ」これが大学に入学した時の私の人生訓だった。(私の大学時代のエピソードはこちら→

 そんな私が大学の美術部に入部した。油絵を描きたかったからだ。今思えば生意気な一年生だった。先輩からも好かれていたとは言えない。だから油絵の初心者のくせに、先輩から指導を受けることもなく、下手くそな絵を展示会に出品し続けていた。

 だが私の絵が変わったな、初心者レベルを卒業したなと自分で思えるようになったきっかけが二つある。一つは数少ないアドバイスを受けた先輩の「模写をしてみたら?」という一言。(模写についての記事はこちら→)。

 もう一つのきっかけは「グリザイユ画法(詳細はこちら→)」を知ったことだった。当時の私の描くテーマは実は今とあまり変わらない。風景画か人物画だ。風景画については先の先輩の一言でクールベを「模写」をしてからそれなりに悟るものがあったのだが、人物画がなかなか上達しなかった。このブログでも何度か取り上げた「真珠の首飾りの少女」を模写したりもしてみた。だがやはり満足できない。

 そうして私が大学の3年生になった頃だと思う。私と親しかった後輩(私は先輩からは好かれていなかったが、後輩からは案外好かれていた)が、グリザイユ画法を試してみるという。私は「面白そうだね」と多少の共感を示したものの、自分もやろうとは思わなかった。

 というのはグリザイユ画法は基本的にはまず白と黒の絵具だけを使い、グレーの階調を使って絵を仕上げる。そしてその上に薄く溶いた油絵具を何層にも重ねていく画法だ。つまりグレーで一回、着彩でもう一回塗ることになり、通常の倍以上時間がかかってしまう。当時の私は毎日が忙しく常に必死の状態。上達のためには絵の枚数を増やすことと、時間のかかるこの画法には乗り気でなかったという訳だ。

 だが、私の考えは間違っていた。当時年に一度だけ県立美術館の大展示室を使って大学の「美術部展」を開催することになっており、美術部員はその年のメイン作品を出品することになっていた。皆、F60号からF120号の大作を描いていた。そしてその年の彼の作品はグリザイユ画法の前段階、白と黒だけのグレーの色調の人物画の大作だった。それまでの彼の絵はどちらかというと、派手な色使いをする個性的な絵だったと記憶するが、180度違う絵を描いたわけだ。
そのせいもあって、彼の絵は存在感が際立っていた。おそらく、色を捨ててひたすら立体感を追求し続けたせいだろう。

 彼の絵の変わりように感動した私は、それ以後油絵によるグリザイユに本格的に取り組んだ。
 実はこのブログで扱っている水彩グリザイユ画法には限界がある。透明水彩には基本的に反射層が水彩紙の表面しかないからだ。
 それに対して、油絵では下地のキャンバスの色だけでなく、中間層にも部分的に反射層を入れられる。だから絵具を相当重ねても水彩のように彩度が急激に落ちることがない。複雑な光と影を表現するにはぴったりの画法なのだ。
 特に微妙な陰影を描く人物画には最適だと思っている。油絵を描き始めたものの、ちょっと壁にぶち当たってるという人はこのグリザイユ画法を試してみることをお勧めする。

 ちなみに私が、人生で初めて母以外の女性に送った誕生日のプレゼントはグリザイユ画法で描いた彼女の肖像画だった。
 会心の出来だと思ったが、彼女の心には響かなかったらしい。彼女もその絵もその後どうなったか知らない。

クラシック音楽のすすめ

 芸術は人の心を豊かにする。これは間違い無いだろう。

 文学、読書については、以前に「創作を刺激する読書法→」で記事を書いた。今回は音楽について描こうと思う。

 私は絵はそれなりに描けるが楽器は全く弾けない。でも音楽を聴くのは好きだ。特にクラシック音楽が好きだ。逆に最近のヒット曲は全く知らない。

 クラシック音楽は大学の頃、クラシック好きな、同じ下宿に住んでいた友人の影響で聴き始めた。当時はまだCDはなく、彼はもっぱらクラシックのLPレコードを買い集めていた。

 彼のコレクションは半端では無い。確か集めたLPレコードは500枚ほどあったはずだ。当時LPレコードの値段は2000円程度だったと記憶しているが、それでも100万円を費やしていることになる。アルバイト代はほとんどそれに充てていたようだ。

 実はクラシックのLPレコード500枚を集めるのは容易では無い。先に述べたお金のことではなく、ポップスに比べると曲数が圧倒的に少ないからだ。

 ベートーベンもモーツァルトも今から新しい曲を書くことはない。だから彼らの曲が好きな人は、一枚のレコードを擦り切れるまで聴くか、指揮者とオーケストラを変えて、演奏の微妙な違いを愉しむのである。

 事実私の友人もベートーベンの交響曲だけで50枚持っていた。ご存知のようにベートーベンの交響曲は1番から9番までしかない。ということは彼は同じ曲を演奏を変え、5枚以上持っていたことになる。

 貧乏学生だった私には当初、同じ曲を何故何枚も買うのか全く理解出来なかった。
 だが夜毎に彼の部屋で酒を飲みながらクラシック音楽を聴いていると、同じ曲でも指揮者とオーケストラが違うと全く印象が違うことがわかるようになったのだ。

 例えば私が最初に聞いたベートーベンの交響曲3番「英雄」は嫌いだった。指揮者は「カール・ベーム」。演奏は天下の「ウィーン交響楽団」だった。

 「名演」と呼ばれるレコードだったらしいが、私には「退屈」だった。いわゆる玄人受けする演奏だったのだろう。それを友人にいうとすぐさま彼は指揮者「フルト・ヴェングラー」、演奏「ウィーン交響楽団」のレコードを聴かせてくれた。

 すると・・・違うのだ。私はそれ以来「英雄」は大好きな曲になった。

 同じように有名なベートーベン交響曲第5番「運命」は指揮者「カルロス・クライバー」演奏は「ウィーン交響楽団」のものが最高に好きになった。

 彼から受けた影響はとても大きく、私は社会人になってから、ステレオセットを買い、いわゆる「名演」と言われるCDを買うようになった。

 そして最初に買ったCDがあの「カルロス・クライバー」と「ウィーン交響楽団」の「運命」だったのだ。

 そしていよいよ、CDをプレーヤーにセット。耳をすませて・・・・!

 しかし・・・・?・・・おかしい。

 感動しない。

 最初はCDの音質のせいかと思った。だがそうではない。正規の音質の筈だ。そう思って、ジャケットの解説を見直す。
 すると感動しなかった理由が推測できた。指揮者も楽団も当然曲目も同じ。だが、演奏年が違っていたのだ。

 すぐにCD店に戻り、目指す本当のCDを探すと、すぐに見つかった。気がつかない私のミスだった。
 家に帰り、早速聞いてみた。

 文句なし。「これだ!」

 このCDは今でも聴く。思い出深いCDなのだ。もっとも社会人になって仕事が忙しくなると、クラシック音楽だけを聴くためだけに、数十分~1時間ステレオの前に陣取るという余裕がなくなる。

 最近は建築の仕事に追われることはなくなったが、絵を描く時間を確保しようとすると、やはりじっくりクラシック音楽を聴くことは難しい。

 今はもっぱら日曜日の朝食時にAmazonのアレクサに「クラシック音楽かけて」と呼びかけ、Boseのスピーカーで聴くことが多い。

 当然指揮者も楽団も本来の私の好みではないが、生活を豊かにしてくれることには間違いない。

 時代が変われば楽しみ方も変わる。それでいいと思っている。

絵描きのためのパソコン選び

 私が子供の頃から興味を持ったものは、「科学」と「絵」だった。と言っても特殊な家庭環境にあったわけではない。わかりやすく言えば、科学技術をテーマにした漫画が好きだっただけだ。
 そう、私の年代の人間なら誰でも知っている「鉄腕アトム」と手塚治、「鉄人28号」と横山まさみちなどの作品と漫画家が好きだったのだ。

続きを読む

風景画の構図を考える! 美山町の茅葺の里

 京都府の北部に「美山町」という村がある。1993年に重要伝統的建造物群に指定されている。

 とんでもない山奥で、鉄道の駅など近くにはない。数年前に気の合う仲間と訪れたが、当然移動手段は車しかなかった。

 私は最近車を運転しなくなったので、もし一人であれば行けなかった場所だ。もっとも最近は本数は少ないが京都駅から直行バスが出ているそうだ。一人のスケッチ旅ならそのバスを利用するのがよさそうだ。

続きを読む

スケッチ旅を楽しむ、英会話上達法!

 私の絵描き活動の一つが海外スケッチ旅であることはトップページで述べた通り。
 だから基本的に一人旅だし、 絵さえ快適に描ければ 、旅先でも現地の人と余計なことは喋らない。食べ物も(酒は別だが・・・)その土地の名物にこだわるなどということはない。
 日が暮れて絵が描けなくなり、腹が減れば、その時目の前にある適当な店に入る。メニューの中から適当に指差して注文するか、それも面倒ならホテル近くのスーパーでパンやハム、チーズとワインを買って部屋で食べればいい。
 だから以前に述べたような、私なりの最低限の英会話勉強だけ続けていれば事足りると思い込んでいた。

続きを読む

海外スケッチ旅、安く行く方法は?

 私の絵描き活動の内容はトップページに記した通りだ。そのうち「スケッチ旅の道具」海外スケッチ旅の心得は以前に書いた通りだ。
 しかし実は毎年海外にスケッチ旅に行こうと思えば当然、それなりの資金が必要だ。トップページではその秘訣を毎年20万円ほどを優先して確保するとだけ書いたが、同じ20万でも無駄を省き、工夫すればで滞在日数を伸ばすことができる。
 今回は「海外スケッチに安く行く方法」について、私なりのノウハウを教えよう。

■ツァーで行くべきか個人で手配するべきか?

 スケッチのことを考えれば当然自由度のある個人手配にすべきだが、値段だけを考えると、一度に大量に航空券やホテルを手配するツァーの方が安い。
 ホテルによっては、早々とツァー客で予約がいっぱいになり、個人手配ではほとんど取れないところもある。
 実は私が初めてイタリアに行った時、不慣れだったこともありツァーを利用した。旅行会社は「ユーロウォーカー」(http://eurowalker.jp/)だった。
 ローマ、フィレンツェ、ベネチア各2泊、往復の航空運賃はもちろん各都市への移動列車料金、宿泊料金も全て込みで約20万円だったと思っている。それもお盆休みを含む高目の料金設定のコースだったと思う。自分で手配するとこうは安くならな買ったと思う。ただし、現地のガイドも送迎も一切なしのフリープランだ。
 英語が苦手で移動が不安という方には、ちょっと敷居が高いかもしれない。それらの諸事情を知った上でならば、全行程フリーのツァーが一番お得だろう。
 ただし2度目からは、あるいは描きたい場所が先に決まっている場合には、いかにフリープランとは言え、発着空港と宿泊日数が決まっているツァーは、絵描きとして動くには不便だ。やはり自分で全てを手配することになる。

■飛行機のチケットはどうやって取る?

 私は一時ANAのマイレージカードを使って飛行機を予約していた。日常の買い物を全てクレジットカードで支払い、マイレージに替えるのだ。これを実践している人は結構多いだろう。マイレージが貯まって時々ビジネスクラスで旅をしたなどという話を聞くと、憧れてしまうかもしれない。
 だが私自身は、一応 マイル加算用に各航空グループにのマイレージナンバーは持っているが、クレジットカードで加算することは一切やめてしまった。
 何故なら、たとえマイレージが貯まってもそもそもの航空運賃が高いことと、選べる便がいわゆる不人気な時間帯のものが多く、旅先で絵を描く時間が有効に確保できないことが多かったからだ。しかも一定の比率以上はマイレージが使えないシステムになっているため、結局支払う現金は安い航空会社の方が安かったりする。
 私は今のところヨーロッパ方面にスケッチに行くことが多いので、一時はKLM、エールフランスのホームページから直接予約を取っていた。値段も早割ならばANAやJALなどより遥かに安い。
 ただこの航空会社は必ず、アムステルダム、パリのどちらかで乗り継ぐことになる。だからたとえば北欧に行こうとすると、ずいぶん無駄な航路を取ることになり、結局高くつく。
 というわけで今の私の1番のお勧めは「グーグルフライト」だ。(https://www.google.com/flights/)
 検索ボタンに行きと帰りの日付と都市をインプットするだけ。ずらりと安いチケットが並ぶ。グーグルが直接買うわけではない。安いチケット会社へのリンクが張ってあるだけだ。ただしその情報は確実で新しい。
 以前、グーグルフライトで見つけた便を直接その航空会社のホームで予約しようとしたらすでに売り切れだったという経験がある。
 見つけて、これだと思ったら、すぐに予約する方がいい。ただしこの手のチケットはキャンセルできない(原則カード支払いで、キャンセルすると戻ってこないだけでなく、さらにキャンセル料取られる)ことが多い。事前に十分旅程を練っておくことが大前提だ。
 また同じような機能に「スカイスキャナー」というサイトがある。両方使ってみたが、私が試した時はスカイスキャナーよりも安いチケットがグーグルで入手できたことがある。さすがにグーグルだ。

■ホテルはどうやって取る?

 以前は国内は楽天、国外はブッキングコムとエクスペディアで取っていた。ただいずれも都市によって得意、不得意がありそうで、必ずしも安くは無かった経験がある。
 だから最近はやはり比較サイトである「トリバゴ」の検索アプリをiPadにダウンロードして使っている。
 ただ私の妻に言わせると、ブッキングコムやエクスペディアの会員になるとトリバゴのホテルよりも安いのだという。全部の会員になっておいて全てを比較するのが完全だろうが、後は検索時間との兼ね合いだろう。

■移動費用を安く上げるには?

 スーツケースを引きずって動くヨーロッパの都市間移動は高速鉄道か飛行機になる。まず鉄道は「レイルヨーロッパ」の日本語ホームページから早割予約すると、現地で買うよりもはるかに安くなる。ただし、このサイトは完全日本語で使いやすいが、実は高い。おそらく手数料の差なのだろう。
 私はドイツ、スペイン、イタリアなど、いずれも各国のホームページで直接予約した。どの国のホームページも日本語には対応していないが、一応英語に切り替えられるので、なんとかなった。
 基本はクレジットカード、あるいはペイパルで支払える。各国内の列車は現地で買うしかないが、ドイツは数日間乗り放題の切符があり、毎日スケッチして回るのにとても便利だった記憶がある。
 もう一つの手は格安航空を使うことだ。時間さえ合えば、列車よりも安いかもしれない。これもグーグルフライトで探せる。ただし、格安航空は使いやすい時間帯は相当早く予約しないと、入手できない。
 それと、持ち込めるのは手荷物だけでスーツケースを運ぶには別料金が必要だ。事前にテェックしておく必要がある。

■最後に

 知り合いの画家の中には、旅しながら現地で稼ぐ人もいる。中には今まで描いたこともないくせに、日本人であることを利用して「墨絵」を外人に教えて、生活費を稼いだなどという猛者もいる。
 いずれ私もチャレンジしたいと思ってはいるが、(精神的に)まだその域に至っていない。
 最近はインターネットを使いこなせる人が、得をする時代だ。私のような年配の人(自分ではそんな意識は無いけれど)、定年退職後絵描きになろうとしている人は、特にその意識を持つことが重要だ。今からでも遅くない。上手にお金を使って、いいスケッチ旅に出かけよう。

絵描きが愛用する理想のバッグとは?

 皆さんは画材を入れて持ち運ぶバッグはどんなものを使っているだろうか?
 私は長年スケッチ旅行をしているが、未だにこれというものが見つかっていない。
 いろいろな鞄をそれぞれの用途に応じて使ってきた。今回は私のその試行錯誤の過程をお話ししよう。これから絵を描くつもりの人の役に立つかもしれない。と言っても、用途が違うと、当然適した鞄も違ってくる。まず用途を整理してみよう。

続きを読む