絵で稼ぐことを覚えた子供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の二年生だった。そのころ私の両親は離婚していて、父は後妻を迎えていた。当時の記憶は定かではないが、明るい家庭でなかったのは確かだ。

ある日の図画工作の時間。先生が「今日は何でも自由に描いていいですよ」と告げた。皆、当然のように夏休み、冬休み、海や山で家族や友達と遊んで楽しかった思い出のシーンを描いていた。

私はというと、そんな環境で楽しい思い出が浮かばなかったせいなのか、先生の机の上に生けてあった花を描いたのだ。教師が驚いた「変わった子供」が写生の楽しさを知った瞬間だった。

そして小学校の4年のある日の朝礼。全校児童が暑い校庭で整列し、いつものように校長先生の長い訓示が始まった。早く終わらないかと内心退屈しきったそのとき、突然自分の名を呼ばれた。

何と市の写生大会で私の絵が「特選」を取ったのだ。当時市内の全小学校児童が参加する行事だったから、特選と言うのはそれなりに困難な賞だったはずだ。もちろん「私が早熟の天才だったから」なんて言うつもりはまったく無い。残念ながら理由は想像がついている。私だけのオリジナルテクニックを使っていたからだ。

当時小学校の「図画工作」の時間は低学年ではクレヨン、高学年は水彩絵具を使うよう指導されていた。その時私は4年生だったので水彩絵具を使い始めたばかり。初心者にありがちな下の絵具が乾かぬうちに別の絵具を重ねて画面を汚してしまうことに、子供ながらに悩んでいたのだ。そんな時の写生大会、私はいい方法を思いついたのだ。友達は皆相変わらず習ったばかりの水彩絵具で描いていた。一方私はクレヨンの水をはじく性質を利用して、細く色鮮やかな線をクレヨンで描き、その他の大部分を水彩で描くという方法を使ったのだ。画面が汚れることもなく、我ながらうまく描けたという実感があった。おそらく子供ながらに論理的に技法を工夫したことが評価されたのだろう。

自分の列に戻った時、手にしていたのは校長先生からもらった賞状と絵具セットの賞品。ありがたかったのはもちろん賞品。絵を描いて報酬を得た初めての経験だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください