クロッキー帳に何を描く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 学生時代あれほど絵を描くのに熱中していたのに、絵描きになるという野望を抱くことなく、選んだ道はゼネコンの設計部。高校時代に決めた建築家になるという目標に向かって歩き出したのだ。もはや絵筆は不要。

鞄にはいつもペンとクロッキー帳を入れていた。

設計エスキースの必携品だ。
 芸術的センスが要求される建築家とはいえ、所詮はサラリーマンでビジネスの世界で生きている。締め切りに追われ、夜遅くまで気力と体力を消耗する毎日だったが、絵を描くことを完全に忘れていたわけではない。

仕事を終え、いつも飛び乗った終電車。

 さすがにここは東京、車内にはまばらながらぽつぽつと人が座っている。でもよく見ると時間のすごし方は皆それぞれ。
 着ている服、姿勢、表情、手にしたアイテムも皆違う。あの人の職業は?体調は?などと考えてしまう。
 連日の残業で体は疲れ果てているはずなのに、頭は妙に冴えきっているからだ。ついいつも鞄に入れているサインペンとクロッキー帳を取り出して、彼らの様子をスケッチしてしまう。いくつかお見せしよう。

 熟睡。というより爆睡か。
長髪で、ネクタイの締め方もちょっとだらしない。
きっとまっとうなサラリーマンじゃない。
ひょっとして私と同類の設計屋か。

 仕事の疲れも見せず一心不乱に読書に読書するおじさん。

  こちらのお兄さんは肩肘をつき、なにやら思案中いや夢想中か。
いいアイデアが浮かぶといいね。

   夜遅いのに案外若い女性もいる。
でもたぶん銀座の女性ではない。がんばるキャリアウーマンか。

    こちらのお兄さんは今の仕事が一段落したに違いない。
リラックスして読書にふける。

冬の 電車内は暖かい。ほっとしたせいなのか、ついうとうとと・・・。おかげでクロッキー時間にちょっと余裕あり。

 この人はどんな職業なのだろう。でもずいぶん恰幅のよい紳士だ。

  描きかけたら、次の駅で降りてしまい未完になってしまったスケッチもある。(きれいな人だったのに残念だ!)

 通常プロの水彩画家はやわらかい鉛筆で軽く輪郭を取ってから色を塗っているものが多い。一方、今私が描いている風景画はほとんどがペンで線描きし、上に水彩を重ねたものだ。
 この技法を使うようになった理由はこの若い頃のペンとクロッキーによる「終電車の風景」にあったのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください