ドイツ

樹林に浮かぶシンデレラ城をスケッチ! ノイシュバンシュタイン城

 ドイツの古城を描く旅もいよいよフィナーレだ。ローテンブルクを経てロマンチック街道の終点がフッセンだ。この町には有名な城が二つある。 ホーエンシュバンガウ城 、そしてノイシュバンシュタイン城だ。これらはバイエルン王国の親子2代の王が築いたものらしい。有名なのは後者で、シンデレラ城のモデルになったと言われるほどだ。

続きを読む

ライン川と古城の風景を2日でスケッチする方法とは?

ラインシュタイン城  グリム童話に現れる魔法の城のよう

「城」は絵描きにとって魅力的なテーマだ。

 ある意味、その国の歴史の決定的瞬間を知っているからだ。中でもドイツ、ライン川沿の古城の魅力は格別だ。ただここを効率的にスケッチするのにはちょっとした事前知識がいる。今回はそのノウハウをお伝えする。
 インターネットで調べてみると、ライン河沿いの古城はいくつもの小さな町、村に分かれている。普通の観光コースはいわゆるライン下りの船から外観を駆け足で見るというもの。そして時間とお金に余裕のある人は古城ホテルに泊まり、古城レストランで食事をするというコースだ。

続きを読む

ロマンティック街道の町ヴュルツブルクを描く!

ドイツで古城の絵を描こうと思えば「ロマンチック街道」は外せない。

 ヴュルツブルクはその北の起点になる街だ。人口15万人ほどの中核都市でガイドブックの扱いも高い人気の町だ。
 しかし実はこの町、空港のあるフランクフルトから列車で1時間とちょっとで行けてしまう。つまりここで宿泊するのは、スケッチ旅行のスケジュール上は賢いやり方でない。フランクフルトから日帰りとするか、他の都市への移動途中で立ち寄る方が時間的に無駄がないだろう。
 私の場合は、ラインの古城を描いた後、ロマンチック街道と古城街道が出会う町、ローテンブルクへ向かう計画だったが、その途中でこの町に立ち寄ることとした。

続きを読む

絵のような町?ローテンブルクをペンと水彩でスケッチ!

マルクス塔

 ドイツのローテンブルクはロマンティック街道と古城街道の交差点にある町だ。そして言わずと知れた観光客人気NO.1の町でもある。その理由は町を囲む城壁と内部の町並みが中世のまま残っているからだ。
 絵描きとしては、張り切らざるを得ない。ガイドブックによれば町の大きさは東西1km、南北1.2km、全長3.4kmほどとあるので、観光だけであれば半日で回れる規模だろう。
 だが今回、敢えてこの町で3泊し、腰を落ち着け、じっくりと絵を描くことにした。

続きを読む