painter_yoshineはどんな人?

クロッキー帳に何を描く?

 学生時代あれほど絵を描くのに熱中していたのに、絵描きになるという野望を抱くことなく、選んだ道はゼネコンの設計部。高校時代に決めた建築家になるという目標に向かって歩き出したのだ。もはや絵筆は不要。

鞄にはいつもペンとクロッキー帳を入れていた。

設計エスキースの必携品だ。
 芸術的センスが要求される建築家とはいえ、所詮はサラリーマンでビジネスの世界で生きている。締め切りに追われ、夜遅くまで気力と体力を消耗する毎日だったが、絵を描くことを完全に忘れていたわけではない。

仕事を終え、いつも飛び乗った終電車。

 さすがにここは東京、車内にはまばらながらぽつぽつと人が座っている。でもよく見ると時間のすごし方は皆それぞれ。
 着ている服、姿勢、表情、手にしたアイテムも皆違う。あの人の職業は?体調は?などと考えてしまう。
 連日の残業で体は疲れ果てているはずなのに、頭は妙に冴えきっているからだ。ついいつも鞄に入れているサインペンとクロッキー帳を取り出して、彼らの様子をスケッチしてしまう。いくつかお見せしよう。

 熟睡。というより爆睡か。
長髪で、ネクタイの締め方もちょっとだらしない。
きっとまっとうなサラリーマンじゃない。
ひょっとして私と同類の設計屋か。

 仕事の疲れも見せず一心不乱に読書に読書するおじさん。

  こちらのお兄さんは肩肘をつき、なにやら思案中いや夢想中か。
いいアイデアが浮かぶといいね。

   夜遅いのに案外若い女性もいる。
でもたぶん銀座の女性ではない。がんばるキャリアウーマンか。

    こちらのお兄さんは今の仕事が一段落したに違いない。
リラックスして読書にふける。

冬の 電車内は暖かい。ほっとしたせいなのか、ついうとうとと・・・。おかげでクロッキー時間にちょっと余裕あり。

 この人はどんな職業なのだろう。でもずいぶん恰幅のよい紳士だ。

  描きかけたら、次の駅で降りてしまい未完になってしまったスケッチもある。(きれいな人だったのに残念だ!)

 通常プロの水彩画家はやわらかい鉛筆で軽く輪郭を取ってから色を塗っているものが多い。一方、今私が描いている風景画はほとんどがペンで線描きし、上に水彩を重ねたものだ。
 この技法を使うようになった理由はこの若い頃のペンとクロッキーによる「終電車の風景」にあったのかもしれない。

油絵に熱中した青春時代

暗黒の(?)高校時代と浪人時代を送った人間が、目指す大学に入ったら、どんな日常を送るのか?私の答えは実に簡単。

「好きなことを好きなだけやる」

特に高校時代出来なかった絵を描こうと 「美術部」に入った。もちろん高校時代から続けていた「剣道部」にも入った。歴史や美術や数学が好きだった私にとって「建築」の授業はどれも楽しかった。特に設計製図の授業は面白く、提出直前まで製図室で徹夜することも度々あった。昼間は授業、夕方から剣道部、終わってから家庭教師のアルバイト、帰ってきて美術部の部室で100号の油絵を描き、深夜を過ぎると製図室で図面を引き、明け方下宿に戻って寝て、また授業に出る・・・学問とスポーツと芸術と(時々恋)まさに青春時代そのものだった。
そんな中でも

一番熱中したのが油絵だった。

中学生のときに一枚だけ描いた自画像に満足できなかった過去の体験を思い出し、再び自画像に熱中した。事情を知らないほかの美術部員は何故あいつは自画像ばかり描くのだろうと思っていたに違いない。このころバルビゾン派の絵画を知り、何枚か模写もした。特にコローは私のお気に入りの画家でその作風を真似して何枚も風景画を描いた。そして毎月の展覧会にかならず出品することを自分に課した。学生レベルとはいえ、一ヶ月に一度出品するための負担は軽くない。ほとんど毎晩絵を描いていた。時間の使い方はプロの画家と変わらなかったに違いない。

でも青春時代は永くは続かない。

やがて就職を意識するときがくる。当時(1978年)オイルショックで絶不況。建設業の採用意欲は低く、進路担当教官は「コネのある方は早めに申し出て下さい」と告げていたくらいだった。私にコネは一切無かったので市役所、国家公務員受験するもすべて落ちた。新聞記者という職業も気になっていたが試験問題を見ると難しくてまったく手が出ない。ちょっと青春を謳歌しすぎたかと反省した。それなら毎日描いていた絵の世界で身を立てる・・・などという甘い考えはやはり封印した。結局この時は真剣に建築学を勉強すべく大学院へ進んだ。専攻は「建築歴史」だった。もっとも就職が有利な研究室という訳ではない。ただこの頃から、消費と生産一辺倒の価値観が見直される機運が起こっていた。今の世界遺産ブームに繋がるガラパゴス諸島など最初の認定がなされたのがちょうどこの1978年、国内ではいわゆる「旧い町並み」を見直す国の施策である重要伝統的建造物群保存地区が最初に選定されたのが1976年。大手ゼネコンの設計部を目指していた私は就職面接用に町並み保存をテーマに設計図を引いた。「これからはゼネコンも町並み保存の動きを無視できない時代になります」
面接での答えが試験官の心に響いたのかどうかわからないが、何とか合格。以後ゼネコン設計部での社会人生活を送ることになる。ちなみに私が掲げる

絵のテーマ「建築」と「人」はこの面接での一言から始まった気がする。

人生最初の「選択」とは

私にとって高校時代は暗黒時代だった。

いわゆる旧制一中の受験校だったので、毎日が競争、試験の繰り返し。授業が嫌でたまらない。すっかり劣等生になってしまった私が唯一逃避できたのが部活の剣道だった。 成績もほとんどビリになるまで急降下 これではだめだと、剣道部の活動を控えようと決心したとたん、部員の投票の結果キャプテンに指名されてしまう。
そんな訳で部活もやめられず、

最悪の成績で最終学年を迎える。

私の通っていた高校は2年の終わりに志望大学と学部、学科を決め、3年生からはそれぞれの進路コースで授業を受けることになっていた。理系と文系の区別はもちろん芸大を目指す人もこの時意思を明示しなくてはいけない。
絵は相変わらず好きだったが、周りは学業優秀な人ばかり。芸術の道に進もうなどという輩はいるはずも無い。家もそれほど裕福でなかったこともあり、間違いなくお金を稼げる道を選ぶべく、法学部志望、弁護士になりたいと進路指導の教師にはすでに伝えていた。
そしていよいよ最終書類を提出するときがきた。

人間の心はわからない。

あれほど弁護士になると言い聞かせていたのに、ほんとにそれでいいのかと自問すると心が抵抗しているのがはっきりわかるのだ。そこで図書館に通いつめ自分の適性を調べ、高校生なりに悩んだ。苦手だが数学は嫌いじゃない。歴史と絵が好き。そんな訳で

私が選んだ道とは国立大の工学部建築学科へ進み、建築家になることだった。

当時、建築学科は航空学科と並ぶ人気学科。当然偏差値も高く、その時の成績では合格率は限りなくゼロに近い。親も教師も大反対。劣等生の性根が浸み込んでいた私だったが、このときだけは抵抗した。成績は今から頑張るからと志望を変えなかったのだ。
しかし試験前の一年なんて誰もが頑張るに決まっている。自分だけ成績が急上昇するはずはなかった。結局希望大学の建築学科に入るには浪人生活を1年経験する必要があった。しかしこの時の選択があって今の私がある。浪人時の経済的な負担を許し私の「人生の選択」を尊重し、認めてくれた親に心から感謝している。ありがとう。

絵で稼ぐことを覚えた子供

小学校の二年生だった。そのころ私の両親は離婚していて、父は後妻を迎えていた。当時の記憶は定かではないが、明るい家庭でなかったのは確かだ。

ある日の図画工作の時間。先生が「今日は何でも自由に描いていいですよ」と告げた。皆、当然のように夏休み、冬休み、海や山で家族や友達と遊んで楽しかった思い出のシーンを描いていた。

私はというと、そんな環境で楽しい思い出が浮かばなかったせいなのか、先生の机の上に生けてあった花を描いたのだ。教師が驚いた「変わった子供」が写生の楽しさを知った瞬間だった。

そして小学校の4年のある日の朝礼。全校児童が暑い校庭で整列し、いつものように校長先生の長い訓示が始まった。早く終わらないかと内心退屈しきったそのとき、突然自分の名を呼ばれた。

何と市の写生大会で私の絵が「特選」を取ったのだ。当時市内の全小学校児童が参加する行事だったから、特選と言うのはそれなりに困難な賞だったはずだ。もちろん「私が早熟の天才だったから」なんて言うつもりはまったく無い。残念ながら理由は想像がついている。私だけのオリジナルテクニックを使っていたからだ。

当時小学校の「図画工作」の時間は低学年ではクレヨン、高学年は水彩絵具を使うよう指導されていた。その時私は4年生だったので水彩絵具を使い始めたばかり。初心者にありがちな下の絵具が乾かぬうちに別の絵具を重ねて画面を汚してしまうことに、子供ながらに悩んでいたのだ。そんな時の写生大会、私はいい方法を思いついたのだ。友達は皆相変わらず習ったばかりの水彩絵具で描いていた。一方私はクレヨンの水をはじく性質を利用して、細く色鮮やかな線をクレヨンで描き、その他の大部分を水彩で描くという方法を使ったのだ。画面が汚れることもなく、我ながらうまく描けたという実感があった。おそらく子供ながらに論理的に技法を工夫したことが評価されたのだろう。

自分の列に戻った時、手にしていたのは校長先生からもらった賞状と絵具セットの賞品。ありがたかったのはもちろん賞品。絵を描いて報酬を得た初めての経験だった。