ためになる美術講座

桜の絵はむつかしい?

 私が知っているある画廊は毎年3月末になると「桜の絵展」を開く。TVニュースで取り上げられる桜前線の情報と連動した企画である。その狙いが当たるかどうかはさておき、各家庭では

「今年の花見はどこへいく?」

という会話が交わされるのは間違いないだろう。我家もしかり、今年は関西で屈指の桜の名所、夙川(兵庫県西宮市)に出かけ、手作りサンドイッチとワインで楽しい一日を過ごした。
 さて、そんな日本人にとって切っても切り離せない桜。画家ならそれを絵にしたいと思うのは当然で件(くだん)の画廊にも毎年多くの出展申込があると聞く。しかし実を言うと

桜を描くのはとてもむつかしいのだ。

 あの独特の淡いピンクはいかにも日本の色らしい。でも一色ではない。光と影と透け具合よる色の変化は多彩だ。枝の勢いによる色の変化もある。しかも眺める距離と角度によってその表情は微妙に変化する。
 それらを一枚の画面に納めるには、秀でた感受性と高度なテクニックが要求されることは素人でも推測できるだろう。

そんな桜を描いた有名な絵がいくつかある。

 まず奥村土牛の「吉野」。吉野の山に広がる桜をピンクのグラデーションで雲海のように描いた作品である。
 そして同じく奥村土牛の「醍醐」。醍醐寺の桜を描いている。やはりピンクのグラデーションが美しい。ただこちらは一本の桜の木を描いているので、細かく見ると桜のやや模様化された花びらが見て取れる。おそらく距離感による美しさの違いを描こうとしたのだろう。
 次に東山魁夷の「花明り」。ご存知、京都円山公園の枝垂れ桜である。桜の淡いピンクは本来、背景が暗い方が引き立つにきまってる。画面いっぱいに輝く夜桜と頭上の満月というまさに桜の美の究極を追求した作品だと思う。
 そして比較的新しい作品で私が一番好きな桜は2008年に公開された田淵俊夫の智積院講堂の襖絵。これはNHKの日曜美術館で見て初めて知り知り、さらに其の後展覧会で実物を見た。本物を自分の目で見たという経験はやはり何物にも変えがたい。印象は強烈だ。
 桜なのに何とピンク色は一切使っていない、墨絵なのだ。グレーの濃淡だけで桜が表現できるという事実、いやその特異な感性とモノトーンの美しさを観る者に思い起こさせるテクニックに心から感動した。私の一番のお薦めだ。

さて私自身はというと、社会人になってからはもっぱら花見の宴のみ。

 桜を描く気力も時間も持ち合わせていなかった。しかしある年の春、仕事で愛媛県今治市の工事現場の設計室に単身赴任することになった。
 その日はぽかぽかと暖かく、桜前線の報告も満開を告げ、世間はまさに花見一色。一人ぼっちの花見酒ではちょっと寂しかろうと、ひさしぶりにスケッチブックをもって近くの川辺の土手に赴いた。さすがに満開の桜は美しい。いつの間にかごく自然に画帳を開き、久しぶりに絵筆を執っていた。よく考えてみると

初めて描いた桜の絵

この絵が私の描いた初めての桜の絵だった。

書き終えた時、偶然私の横を通った母子連れの女の子が私の絵を覗き込んで「きれい」と言ってくれた。そのせいか「うん、いい出来だ」と自己満足していたのだが、今見ればそれほどでもない。
 桜は本当に難しいのだ。それ以来、実は結構な枚数の桜を描いている。もちろんテクニック的にも、毎年新しい工夫をして、少しでもその場の感動が伝わるよう、色々な工夫をしてきた。
 そしてやっと今回(2019年)三度目の個展の作品「姫路城春爛漫」で、来場者から高い評価をいただけるようになった。うれしいことに複数の購入希望をいただいたので今回初めて「※ジークレー版画印刷」による複製画を販売させていただいた。

加藤美稲 「姫路城春爛漫」

この絵は6号だが、桜の絵はやはり大画面の方が迫力が出る。次回の桜は20号でさらに新しい表現を試みたいと考えている。

※ジークレー版画印刷
通常のオンデマンド印刷に比べてコストは格段に高いが、水彩紙に現実とほとんど変わらぬ絵が印刷できる。耐久性も抜群だという。複数の人に提供できるという意味では今後も利用したいと考えている。

フランス絵画お勧めの一枚は?

絵画史においてもっともフランスが輝いたのはやはり19世紀だろう。日本では印象派が一番人気だが、

私はバルビゾン派の方が好きだ。

印象派の絵はご存知の通り光の表現が特徴的だが、私にとってはちょっと自然味が強すぎる。もう少し人間味がほしいのだ。だから印象派の少し前の時代19世紀中頃、ミレー、コロー、クールベに代表されるバルビゾン派の絵が好きなのだ。特にコローは古典的なテクニックに支えられながらも、庶民に寄り添った日常的な題材を、落ち着いたグレーの色調で、ロマン溢れる情景に仕上げてくれる。私が学生時代毎日油絵を描いていたころ一番意識していたのもコローだった。今はもっぱら水彩画を描いているが、水彩であんな絵が描けないかといつも思っている。

そんな多くのコローの絵の中で今の私がお勧めしたい絵は彼が1843年イタリア旅行の際に描いたという

「ティヴォリ、ヴィラ・デ・エステの庭園」だ。

コロー ティヴォリ、ヴィラ・デ・エステの庭園

お勧めする理由は3つある。

一つ目はこの絵、実物を2008年神戸市立博物館で見た。少年が腰掛けているバルコニーの手摺の向こうに広がる風景が強烈に脳に焼きついたから。

第二は最近テレビで見た世界遺産の番組がこのエステ家別荘を取り上げていて、カメラが映したバルコニーの風景が、かつて脳に刻まれたこの絵の記憶を再び呼び出してくれたからだ。

そして三つ目の理由は、偶然にも直後にイタリアにスケッチ旅行に出かけることになっていて、自分の目でこの光景のすばらしさを確認できたからだ。もしイタリアに行く予定のある方は是非このエステ家別荘に立ち寄ってほしい。交通の便もよくローマから1時間足らずでいけるはずだ。その後、このコローの絵を見ていただければ私が押す理由が納得していただけるだろう。

なにしろイタリア世界遺産の雰囲気とフランス絵画の精神を同時に味わえる、ある意味お得な絵画なのだから。

私は現地を訪れた際、件のバルコニー周りの写真をあちこち撮りまくった。コローと同じようにこの背景を利用して美しい女性像を描いてやろうと思ったからだ。

加藤美稲 夏風 第三回個展 出品作品

そして半年後。私のイメージにぴったりのモデルさんにめぐり合った。長い髪と魅力的な口元。遠くにかすむ山と家々。麓まで広がる緑の畑や森。青い空は開放感があって、夏風が心地よさそうだ。

フランス絵画の再現・・・とは言いがたい。なんといってもモデルが日本人だからね。残念。