台湾

この建物は何?台湾で見た不思議な建物!

 海外旅行が好きな人へ。

 冒頭の写真にある奇妙な建物は何だかお分かりだろうか?わかる人は相当建築に詳しい人だ。
正解は台湾、台中にあるオペラハウスである。正式名称は「台中国家歌劇院」と言う。

 台湾へスケッチ旅を考えている人には是非訪ねて欲しい建物だ。設計者は日本の有名建築家、伊東豊雄氏である。この建物は国際コンペで設計者が選ばれた。その奇抜なアイデアはコンペ直後はもちろん、実施設計中も工事中もずっと世界中の建築関係者から注目を集めていた。

 やっと完成したと聞き、早速旅行のスケジュールをたてて、見に行こうとした。人情として、建物だけではつまらないと、上演されるオペラも見ようとしたが、どういうわけか私の滞在中は公演予定がない。

 飛行機のチケットはかなり早めに押さえたので、その日までには何らかの演目は決まるだろうと楽観的に考えていたが、結局大小どの劇場でも一切の公演は行われなかった。

 建物ができたばかりのせいなのか、台湾のお国柄のせいなのかはなのかはわからない。私が行く前後1か月ほどだけが公演が無かった。同じようにオペラも見たいという人は事前によくチェックしてから飛行機のチケットを買うことをお勧めする。

 さてせっかく行くのにいくら何でも外観だけでは勿体無いと、ネットで調べてみると、この施設やはり人気があるのだろう、公演がなくても有料の館内巡回ツアーがあるという。ただし開始時間が限られている。やはり事前の確認が必要だ。

 残念ながら私はツアーに間に合わなかった。しかしありがたいことに建物の外観はもちろん、内部の共用部は自由に入れるということがわかった。飛行機のチケットは無駄にはならなかったのだ。

 この施設、外観もユニークだが、御覧のように内観はもっと奇抜だ。上と下の空間がなんとなく、どこまでも、くねくねとつながっている、不思議な建物だ。

 「日本にはこんな不思議な建物が無いのは何故?」と思うかもしれない。実は日本の建築設計者、デザイナーがこの手の吹き抜けの多い建物を設計するときに必ず悩まされるのが日本の法規に必要な防火シャッターだ。皆さんもデパートやショッピングセンターで無数のシャッタレールが壁や天井に走っているのを見たことがあるだろう。ところがこの建物にはそれがない。だからこんな美しい局面の壁や天井が出来上がる。実にうらやましい。

 なお壁が垂直に建っていないので、日本の建築基準法で定義する「延べ床面積」というものも無いらしい。面積がわからないと固定資産税も払えないではないか・・・などと考えてしまうのは一般人の悲しい性。こんな破格のデザインの建物では素直にその幻想的な空間を楽しめということだろう。

P.S
台湾の見所を以下のカテゴリにまとめている。スケッチ旅の参考にどうぞ。
「スケッチの旅海外篇/台湾(詳細はこちら→)」

レトロな和風デザイン?! 台南の林百貨店

 久しぶりに台湾を訪れた。以前行ったのは台北と台中。今回は初めての台南だ。
 事前に下調べをしたが「地球の歩き方」を初め、どのガイドブックも台湾の目玉は食べ物だという。もちろん私もそれなりに、美味しい料理を堪能したことは否定しない。
 だがこのブログは絵を描く人、あるいは好きな人のためのものなので、残念ながらそちらの情報は割愛する。

続きを読む

古都 高雄の最新アートスポットとは?

 台湾の古都、高雄を訪ねた。実に活気のある町だ。到着して驚いたのは台湾国鉄と地下鉄が同時に乗入れる高雄駅の周囲は大規模再開発中。駅の周囲はほとんどが工事現場。砂煙で空気も霞んでいるくらいだ。ちなみにこの再開発、2023年完了予定だという。

続きを読む

水彩で描く風景画 台北の商家

 私の妻は毎年台湾に旅行している。理由は「食べ物が安くて美味しい」、「日本人に親切」、「豊富な薬膳食材が揃っている」ということらしい。残念ながら同行する私が好きな「歴史的な建物がある」はそのリストにない。
 台北駅に降りると実感する。台北は想像以上に近代的な大都会。特に台北の駅から東西につながるメインストリートは有名な超高層ビル「台北101」に代表される高層ビルが建ち並ぶ。少し町外れまで足を伸ばしても、異国情緒溢れる古い民家など皆無だ。
 この町に歴史的な建造物がほとんど残っていない理由をネットで調べると、詳細は不明だが、第二次大戦後、日本軍が引き上げた後の共産党、国民党の内乱とそれに伴う域内の混乱がほとんどの民家を破壊してしまったということらしい。

 かと言ってせっかく来たのに、親切な台湾の人にサービスしてもらい、美味しい食事だけ堪能して帰るだけでは芸がない。
 インターネットとガイドブックで調べると、台湾5大富豪の邸宅跡だという「林本源園邸」がどうも古民家に近いものと知った。
 アクセスは意外によく地下鉄「府中」駅から歩いて10分程度だった。日本とは桁が違うであろう中国の大富豪の生活を垣間見ることを期待したが、運悪く大半が保存改修中。
 内部を歩けたのは庭園とそれに隣接する一部の建物のみ、肝心な母屋とそれに付帯する建物は工事の仮囲いで閉ざされ、外観を見ることさえできなかった。
 庭園は「池を生かした江南式庭園」。橋の欄干や中華風の東屋(あずまや)のデザインなどは日本人には新鮮だろう。
 ただ京都の和風庭園を見慣れた私たちには、大袈裟な山や川の造形はわざとらしくて、馴染めない。スケッチしようとあちこちいい風景を探すのだが、結局私をその気にさせる構図は現れなかった。

 諦めて帰ろうとした時、目に留まったのが冒頭の風景だ。
 石と漆喰の塀、奇妙な形ののぞき窓、レンガを積んだ門の3点セットは材質、デザイン、プロポーションなど建築的な要素全てが中国的かつ美しい。
 街路樹とセットになった町並みの景観の美しさは、趣こそ違うけれども、以前にこのブログに載せた角館(かくのだて)の武家屋敷(詳細はこちら→)を思い起こさせた。
 「石と漆喰の塀」は「黒い板塀」に、「奇妙な形の覗き窓」は「丹精な格子窓」に、「赤瓦と煉瓦の門」は「銅版屋根と冠木門」にと見事な対比を見せてくれる。建物と町を描くことはその国の文化を描くことだと改めて学んだ気がする。

 冒頭の水彩画の技術的な説明をしておこう。この絵のポイントは石塀の存在感と頭上に覆いかぶさる樹木の緑。
 明度バランスは塀は暗く樹木の間から覗く空は明るくだ。反射して輝く樹木と間から見える空の輝きを表現するため、マスキングインクを多用している。
 塀部分は重厚感をだすために絵具の水分を少なめにして、何層も重ね塗りをしている。したがって今回は水をたっぷり使った滲みやぼかしのテクニックはあまり使わなかった。
 水彩画の場合は最初に方針、出来上がりのイメージを固めてから描くことが大切だ。

古都安平の建築とデザイン

 台南に安平(アンピン)という街がある。今は台南NO.1の観光地だが、その昔はオランダの領地だった。17世紀初頭のいわゆる「大航海時代」の中国の明との領有権争いに勝ったからだ。台湾はずっと中国の領土であると思っている人が多いと思うが、実は台湾最古の「都市」であるこの安平を築いたのはオランダ人だったのだ。
 オランダ人が築いた代表的な建築がいまでも残っている。安平古堡(アンピン グーバオ)と呼ばれる城砦だ。

続きを読む

不思議なデザイン!台南の教会建築

カトリック高雄教区ローズ聖母聖殿大聖堂 の正面

 台湾、高雄でちょっと珍しい教会建築を発見した。その名は「カトリック高雄教区ローズ聖母聖殿大聖堂 」。
 このブログでも紹介した「駁二芸術特区」(詳細はこちら→)の東側、愛河を渡った所にある。
 インターネットで調べるとアジア三大聖堂のひとつだという。なかなか有名な教会のようだ。

続きを読む

高雄に残る和風建築のデザイン

 台湾はご存知の通り1894年の日清戦争以来第2次世界大戦で日本が敗れるまで日本の領土だった。旧日本軍の武道場などは中国にとっては負の遺産なのか、ほとんどは壊されるか、他の用途に転用されているらしい。

続きを読む