滋賀県

戦国時代の技が生んだ日本の美とは 大津市坂本の町並み

大津市坂本の街並み

 戦国時代、城の石積みを全国各地の大名から請け負うプロ集団がいた。それが「穴太衆(あのうしゅう)」。滋賀県大津市に今でもその駅名「穴太(あのう)」が残っている。
 そして京阪電車でわずか10分程度の距離にある隣町が「坂本」である。この町は世界遺産比叡山に登る入口の町として有名であるが、穴太衆の仕事ぶりを残す「石垣の町」として知られ、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

美しい石垣が続く

 彼らの石積みは西洋で多く見られる切石積みではなく、自然石の形を読み最適な位置と角度で積んでゆく野積みである。城の土台として必要な長さ、高さ、角度、強度、水平精度など要求される全ての機能を満たすために、大小、様々な形の石が無駄なく組み合わさることになる。そうして出来る石垣の表情はある意味高度に幾何学的だ。だからデザイン的にも文句無く美しい。

 数百年の時を経た石積みは自然の苔や木々に覆われ、寄り添う建築物とともに生育し、この町独特の表情を作っている。

追伸
 私が参加しているフェイスブックの「美術館・博物館・芸術関連・裏話」というグループにこの「穴太衆の石積み」を投稿したところ、多くの方からコメントをいただいた。日本伝統の技術であり、一種の芸術である石積みへの予想外の関心の高さを知るともに、多くの知見を得た。興味ある方のためにいくつか紹介しておこう。
 戦国時代、穴太衆の最大イベントはは信長の命による安土城の石積みだった。佐々木譲の小説、「獅子の城塞」にその苦労が活き活きと描写されている。また同じく信長の命を受け鉄砲を生産したのがやはり琵琶湖畔の町、長浜の「国友」だった。言わば穴太と国友は戦国時代の重要都市だったのだ。
 興味深いのは両者の今だ。まず穴太。彼らの石積み技術はなんと今も受け継がれ「株式会社粟田建設」として存続していた。現在の会長の話を直接伺ったという方によれば、「この石はどこにどのように収まるべきか」という独特の技術と勘は今でも口伝だそうだ。最近は日本全国の石垣の修復はもちろん、海外からも引き合いがあったり、デザイン性を評価されるのかワークショップの依頼もあると言う。
 一方の国友。こちらもその技術は、現在の「株式会社國友銃砲火薬店」に受け継がれているという。その社員と同じアパートに住んでいたという方のコメントを会社の看板の写真とともにいただいた。
 そんな事実を頭に入れてから、琵琶湖畔の町を訪れたらどうだろう。間違いなくいい風景画が描ける・・・かもしれない。

彦根の魅力・・・河原町の商家群と3つの近代建築

滋賀県彦根市にやって来た。いうまでもなく国宝彦根城が有名だ。でも実は絵描きにとってもうひとつ魅力的な場所がある。それが河原町の商家群だ。JR彦根駅から歩いてゆけるアクセスのよさは時間が限られる旅先の絵描きにはありがたい。やはり国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されているのだが、選定年が平成28年と新しく、つい最近まで私もこの町のことを知らなかったのだ。

期待して向かった町並みは旧「彦根道」に沿って1km足らず、いい構図を求めてゆっくり歩いても15分もかからない。うだつの上がる重厚な町並みを想像していたのだが、現実の町は保存状態が良いとは言えず、描く気になる建物は3軒と続かない。結局当初イメージした江戸の町並みを描くことはあきらめた。

しかし、絵描きとしては一枚も描かずに帰るわけにはいかない。気分を変えてもう一度町を歩くと、面白い近代建築がいくつか並んでいることに気づいた。いかにも「由緒ありそうな」理髪店。古めかしい旧郵便局(逓信舎)、滋賀中央信用金庫銀座衣支店など。

今日の作品は旧郵便局の建物を商家がはさむ構図で決定。江戸の名残りある大正ロマンの町並み…これならいける!

近江商人を育んだ町とは・・・

 この日訪れたのは滋賀県東近江市五個荘金堂町。1998年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。僕がスケッチした22番目の保存地区の町でもある。

 この町は有名な近江商人発祥の地といわれている。江戸時代の商家豪邸と富農の民家がならぶさまはまさにその文化と歴史を教えてくれる。

 家屋が並ぶ道沿には生活用水として利用されている水路が流れ他の町並みとは一味違う風情を与えている。

画家にとって魅力的なこの町、さぞかし不便な場所にあるかと思われそうだが、実は僕が住む神戸市内からJRとバスを乗り継いで2時間ほどで着く。田舎とは言え、とても来やすい町なのだ。そのせいかこの日はどこかの先生が指導する絵画教室の皆さんも写生に来ていた。中央の写真、道端で座っている人がそれだ。 

 道端で和かに絵を描いている生徒さん達に、民家から出てくる近江商人の子孫が「こんにちは」と声をかけてくれる。天気の良い休日にこんなのどかな風景に出会えるのも絵描きの特権だ。
 しかし僕は来年の個展に備えて作品を描きためなければいけない身。そんなに悠長に構えてはいられない。いい構図を求めて同じ道を何度も行ったり来たり、彼らからは奇異に見えたに違いない。

 「ここ!」と決めたら集中して描く。この日の収穫はペン画3枚とipad画1枚。まあまあの収穫だ。

描き終えた後の心地よい疲労感に水路の生け花がとても心地よい。三方良しという世間も気遣う近江商人の心意気がこんなところにも表れている。