誰でもできるデッサン練習法とは

 絵が好き。でも自分で描くのはちょっと・・・。

 こんな人に良く出会う。もったいない。自分の好きなことをして時間を過ごすことは最高に幸せなのに。
 初心者の「自分で描くのはちょっと・・・」という言葉の裏には「失敗したらどうしよう」という気持ちが隠れているようだ。
 だから人物のデッサンをしても、風景のスケッチに出かけても消しゴムを手放さない。ちょっと失敗するとすぐに消しゴムで消してしまう。
 初心者向けの絵画教本でもこの行為はお勧めしていない。私も全く同感だ。そうはいっても人前で絵を描くなんていう行為は何年もしていない人にとって自信の無いデッサンを見せることに抵抗があるのだろう。ならばどうしたらいい?
 もちろん毎日時間をとってアトリエに向かえばいい。でも画家でもない普通の人にはそんな時間があるはずがないだろう。まとまった特定の練習時間を設けずに、たくさんの(1日一枚を目標としよう)デッサンを練習する。実はそんな都合の良い方法があるのだ。

 それを説明する前に、「デッサン」の定義をしておこう。曖昧な理解は誤解を生んでしまうからだ。
 ここでいうデッサンとは「線」で「対象の」視覚的特徴を表現することだ。だから着色による効果は考えないし、画面構成の良し悪しも評価しない。逆に対象の種類は限定しない。人物、静物、風景等何でもいいこととする。
 今定義した「デッサン」を練習する一番いい方法は、毎日アトリエにこもることではなく、

 「あなたの日常をアトリエに変える」ことだ。

 つまり、朝起きてから仕事にゆき、眠るまでの空間をアトリエにすれば良い。日常生活の中で気になったシーンをすぐ記すクセをつけるのだ。
 仕事をサボれといっているわけではない。当然、あるページには仕事のメモがある。しかしそれ以外のページには、あなたの日常があふれているようにするのだ。
 上のクロッキー帳はすべて私の過去の日常の一ページだ。ビジネスの記録はさすがにここに出せないが、それ以外のシーンをちょっと取り出していみた。参考になると思う。
 ①図は若いころ、友人に子供が生まれ、遊びに行ったときにその子供をスケッチしたものだ。この子も今は結婚して子供がいる。(詳細記事はこちら→
②図は神戸ジャズフェスティバルに出かけた時のスケッチだ。ベースを弾く演者がかっこよかったな。(詳細記事はこちら→
③図は若いころ、設計のコンペに自主応募しようかと帰りの電車内でスケッチしていたものだ。結局仕事が忙しくてコンペには出せなかったが。(詳細記事はこちら→
④図は仕事が終わって、絵の好きな仲間が集まるクロッキー会に出かけた時のもの。仕事に大きなクロッキー帳をもって出かけるのは気が引けるが、会社のノートがこのクロッキー帳なのだから、便利なことこの上ない。
⑤図はプライベートで旅行に行ったときの宿泊したホテルの部屋をスケッチしたもの。当時ホテルを設計していたということと、河童さんのイラストがいいなと思い結構まねて練習していたのだ。(詳細記事はこちら→
⑥図は仕事が終わったあと、建築主の接待に付き合って出かけた銀座のクラブの歌手のクロッキー。バブルのころの思い出だ。
⑦図は帰りの電車で正面に座って眠っていた男性のスケッチ。「終電車の風景」だ。
⑧図は上海に出張したときのスケッチ。すべての仕事を終え、帰りの飛行機に乗る前の空き時間を利用して焦って描いたものだ。
詳細はこちら→

 でもこの習慣をデッサンの練習とするには、道具選びと心構えにちょっとしたコツがいる。

罫線のあるノート、消しゴムは不適

 まずは紙を選ぼう。常に持ち運ぶためには小さく、軽く、丈夫で持ちやすく、ページが大量にあるほうがいい。いや先にダメなものを言っておこう。

×罫線の入ったビジネス用ノート
・・・罫線は自由な発想を妨げる。打合せ記録は書けても絵は描けない。
×スケッチブック
・・・紙質が厚いので、失敗を恐れてしまう。表面に凹凸があるので、素早く線を引くときに引っ掛かりを感じる。またリング閉じのものが多いが、鉄線のエッジが切りっぱなしのものが多く、長く使っていると、ポケットや鞄の布を傷める。
×高価な、おしゃれな表紙の無地ノート
・・・失敗するのが惜しくなるような高級品は不要、むしろ邪魔である。
×安物の裏表紙の薄い無地ノート
・・・実は裏表紙はとても大事だ。屋外で立ったまま描くこともある。裏表紙がしっかりしていないと、紙面が曲がって描きにくい。

 私のお薦めはマルマンのクロッキー帳だ。

マルマンのクロッキー帳

 メリットを挙げると、裏表紙が硬く、デッサンする時、紙面が曲がりにくい。紙質は薄く、めくりやすく、大量に閉じてあるので失敗することを恐れずに住む。色はアイボリーで屋外で使用する時も目に優しい。リング部分に工夫があり、エッジが安心、紙も長持ちするなどなど・・・。
 大きさはその人の日常によるが、いつも手ぶらで歩く人、あるいは小さなポシェットくらいしか持たない人はミニサイズ(タテ86mm×128mm)がいいだろう。最悪はポケットに入れて持ち運べるだろう。鞄を常に持ち歩くビジネスマン、ウーマンならA4サイズくらいが機能的だ。

 次に必要なのは書く道具。

  クロッキーやデッサンのことだけを考えれば濃い鉛筆、ダーマトグラフなどがいい。 しかしこれらは一般に太く、濃い。しかも筆圧によってそれらが変化する。早く、正確に、細かな文字を書く必要のあるビジネスシーンでは使いにくく、現実的ではない。
一方、 皆さんが通常仕事で使う筆記用具は、通常はシャープペンシルが多いだろう。 芯の太さは0.5mm、硬さはHまたはHBくらいだろうか、文字を書くのには最適だ。
 しかし実はこのシャープペンシルは、短時間のデッサン練習用としてはよろしくない。なぜなら線が細く、一定で強弱の表現できない。特にH程度では濃い部分の表現に限界があるからだ。

ARISTO 3fit 1.3mm芯

 どうしてもシャープペンシルが使いたいなら、画材店に行って1.3mmの芯太さのものを買うと良い。私はオーストリア製「ARISTO 3fit」を愛用している。ただしこの場合ビジネスで文字を書くにはやや太すぎることを覚悟しなければいけない。
 私がお奨めするのは サインペン だ。太さは0.3mmが文字も絵も描けてちょうどよい気がする。クロッキー帳は紙が薄いので文字が裏に透けてしまう油性よりも水性のペンが良い。サインペンは濃く、筆圧やスピードによってある程度の強弱、又は重ねによる強弱が表現でき、ペン先の太さが安定しているので文字を書くにも都合が良い。クロッキー帳に描く場合はメーカーはどこでも大差ないだろう。(水彩紙に使う場合は、メーカーによりかなり癖があり、注意が必要だ。いずれ記事にして報告したい。)

 次は心構えのコツだ。これには二つある。

 一つは、この日常をアトリエにする時だけは、「構図」は忘れていいということ。本来「構図」は絵を描く時一番重要と言ってもいい。通常の絵画教室では常に「大きな絵」を描きなさいと指導するが、それは構図の重要性を学ぶためでもある。
 しかしそもそも今あなたがポケットから取り出したクロッキ帳はとても小さい。構図など気にすることさえ時間の無駄だ。気になったものを真ん中に、素早く描けばよい。
 このクロッキー帳をあとで見直すと、自分の進化の歩みが見られてなかなか興味深い。私の最初の個展の時、このクロッキー帳の一部を展示したら、お客様が非常に興味を持ってくれた。おそらくスケッチの出来栄えに感心したわけではない。 「日常をアトリエに」というスタンスに好感をもってくれたのだと理解している。

 もう一つは消しゴム(練りゴム)を使わないことだ。私が鉛筆よりも、ペンを使うことを勧めるのも「消せない」ということが大きな理由だ。もちろん通常の鉛筆、木炭デッサンにおいては「消す」行為は「白い線」を引く行為であり、重要なことだ。
 だが、先に初心者は間違えることを恐れると書いた。それを克服するためには、練習時には消しゴムを捨てることだ。じゃあ失敗したらどうするのか。簡単だ。構わず上に正しいと思う線を重ねれば良い。

 これには次のメリットがある。

 一つは自分の癖を知ることができること。例えば私の場合、人体に対して顔を実際より小さく描きがちだ。そして顔に対して口の位置は実際より下に、かつ小さく描いてしまう。肩幅は狭くなりがち、手も小さく描いてしまう癖がある。そんな癖は失敗した線に正しい線を重ねることで初めて痕跡が残り、たくさん描くことでそれを自分の癖として確認できるのだ。
 もう一点は私の長年の経験で学んだことだ。どうやら人間の目は正しい線と間違った線の両方が重なっている時、勝手に正しい方の線をつないで認識してくれるらしいのだ。
 大切なことは、描き始めたら最後まで描き終えること。すると私の言っていることが実感できるはずだ。これで失敗を気にすることはずっと減る。
 さらに慣れてくると、少し間違えたなと思っても、前の線を生かして次に引く線の重ね方を工夫すると間違った線でも正しく見えるようになる。より少ない線で、短時間で的確に表現できるようになるのだ。
 このあたりは、これ以上理屈で説明しがたいところだ。是非自分でやってみてほしい。

さあ第一歩を踏み出そう。もうすぐあなたも絵描きの仲間だ。

P.S.
 今回は自分の日常をスケッチする手段としてクロッキー帳を取り上げた。しかし本来、クロッキー帳はやはり本格的に人物画を描くための基礎練習の道具として使われることが多い。そして本気で人物のクロッキーをしようと思えば、実は今回の内容だけではやや不足がある。この先を知りたいという方は「人物画の基礎 クロッキーの道具と描き方(詳細はこちら→)」を読んでほしい。きっと役に立つはずだ。

P.P.S.
 私の日常を描いた「街角スケッチ」(詳細はこちら→)をこのブログに掲載している。興味ある人は参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください