ジャズライブの魅力をスケッチ!

 以前にこのブログの別の記事で「デッサン力を磨く一番の方法は、自分の日常をアトリエにすること」と書いた(詳細はこちら→)。冒頭のクロッキーは私自身のそのアウトプットの一枚で10年以上前に描いたものだ。
 今回はそんな私の日常をスケッチした体験談をお伝えしよう。

 私が好きな音楽ジャンルは一般的にはあまり人気のないクラシック音楽だ。そして全く聴かないのがジャズ。学生時代、ジャズ好きの友人の下宿で(クラシックと対極的な?)散々耳障りな癖のある音を大音量で聞かされて以来、どちらかと言えばロックと共に「嫌いな」音楽だった。
 そんな私が、ある晩飲みに行ったバーのママから「神戸ジャズストリート」のお得なチケットがあるから買わないかと勧められた。
 「ジャズ」という単語を聞いて、内心乗り気はしなかったが、「それ何?」と聞いてみた。
すると、神戸三宮の北野坂一帯のライブハウスでプロのジャズミュージシャンの演奏をはしごして聴くイベントだという。
 ジャズに興味のなかった私は、神戸が日本のジャズファンのメッカなのだということをまったく知らなかった。
 この企画も開始は1982年、今では全国的に有名で演奏者も、ファンも毎年その日を楽しみに日本中から集まってくるという。
 そこまで聞くと神戸の住民としては、さすがに興味を覚え、家族サービスのつもりでチケットを購入した。
 さて、当日、最初に入った店は「ソネ」。こちらも1969年誕生のジャズの生演奏を聴かせる老舗だ。この時が私にとって生まれて初めてのジャズライブだった。昼間なのに店内は暗く、周りにいる場慣れした人たちは、皆すでに酒を注文し、演奏開始を待ちわびている。
 そのちょっと「不健全な雰囲気」に一瞬尻込みしたが、もともと酒は嫌いではない。音楽も学生の頃に感じたが耳障りな音色は無い。何より演奏に熱心なファンが酔いしれている姿がいい。
 「ジャズもいいじゃないか!」と長年抱いていた評価を改めて、次の店に向かう。店の名前、演奏場所はあまり覚えていないが、「インドクラブ」「神戸バブテスト教会」「神戸倶楽部」などを周ったように思う。
 この頃になると周囲の人の興奮に感化され、すっかりにわか「ジャズファン」になってしまった。そして最後に入った店が「GREEN DOLPHIN」という店だった。

 幸い最前列が空いていた。例によって薄暗い店内。演奏者の紹介が終わり、曲が流れ出す。もはやすっかり馴染んだ光景だ。
 そこで私の目に止まったのは右前方のベースの演奏者。かなり年配の日本人だ。特にハンサムな男というわけではない。坦々とベースのリズムを刻んでいる。だが耳に入る音よりも気になったのは、演奏する仕草。派手なパフォーマンスがあるわけではない。特に美しいというわけでもない。表情、手、身体の動きとポーズが大人っぽい。これを「しぶい」というのだろうか。
 この日は、絵を描く気は全く無かったのだが、語りかけるような演奏の一瞬、一瞬が目に焼き付いて消えない。気がついたら、クロッキー帳を取り出してその姿を描いていた。それが冒頭のクロッキーである。
 ジャズを「聴く」ために出かけたが、結局一番私の印象に残っているのは、ジャズの魅力をスケッチしたことだった。
 やはり私は本当の「ジャズファン」にはなれないようだ。じつはそれ以来一度もジャズのライブハウスに行ったことがない。
 皆さんにもこの店を紹介しようと、改めて店のことをインターネットで調べてみた。店の名前 GREEN DOLPHIN は有名なジャズの曲名から来ているらしいことが分かったものの、店の場所は見つからない。どうやら閉店したようだ。残念だ。

P.S.
このブログに「街角スケッチ」(詳細はこちら→)というカテゴリを作ってある。今回のように「日常をアトリエに」した私のアウトプットを収納する場所だ。興味ある方は覗いてみてほしい。

P.P.S.
街角スケッチは基礎練習として有効だ。だが人物画を本格的に始めようと思った方には、やはり本格的な人物クロッキーをお勧めしたい。このブログで「人物画の基礎 クロッキーの道具と描き方(詳細はこちら→)」という記事を書いている。参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください