京都の近代建築を描く 明治古都館とは?

 京都をスケッチすると言えば、通常は清水寺、金閣寺、銀閣寺などのお寺か祇園などの町屋だろう(お薦めのスケッチ場所はこちら→)。国宝の建築物も多くある。だが実は明治以降にできた洋風建築にもスケッチしたくなる建物が多いのだ。
 今回取り上げるのはその中でも有名な「京都国立博物館 本館」だ。ホームページを見ると現在は「明治古都館」と名称を改めているようだ。

 一通りの基礎知識を説明しておこう。設計者は片山東熊。現在の東京大学建築学科の第一回卒業生の一人だ。彼の代表作は言わずと知れた「迎賓館赤坂離宮」だ。2009年に国宝に指定された。明治以降の文化財としては、初めての快挙である。
 だがこの京都国立博物館も迎賓館に負けていない。重要文化財に指定されている。竣工は明治28年。文明開化からわずか28年で、西洋の宮殿建築を学び、建築家として、それまで木造建築しか作ってこなかった日本人の職人とともにこの建物を完成させた。明治の人々の生き様には本当に感動する。

 さて外観は冒頭の写真のように、長い両翼の中央に高いドーム状屋根を乗せたバロック様式だ。堂々とした外観、華麗な装飾はスケッチするにふさわしい。
 しかし絵描きとしてはちょっと悩みがある。というのはご覧のように建物の両翼が長すぎて、構図的に納まりが良くない。両翼を入れ、建物の全貌を描こうとすると、空が広すぎるし、せっかくの装飾が表現できない。装飾がわかる程度に描こうとすると、今度は建物の全貌が見えなくなってしまうのだ。
 実は同じバロック様式建築であるオーストリア、ウィーンのシェーンブルン宮殿を描こうとした時(詳細はこちら→)も全く同じ悩みを発見し、悩んでいるうちに、時間が来て結局スケッチできなかった。 バロック建築はある意味で強大な権力を持つ国家のシンボルでもある。国が要求する展示機能をすべて満たすには、巨大な翼を持つ建築にならざるを得なかったのだ。
 どうやら絵描きにとってバロックの宮殿建築は鬼門のようだ。

 
 敷地の西側に「正門」がある。こちらは入り口としてのシンプルな機能と純粋にデザインだけを求められる。設計者の芸術家としての腕前を存分に発揮できる。
 だから石と煉瓦、銅板とアイアンワークを端正なプロポーションで組み合わせれば、ご覧のような芸術作品ができてしまう。私は0号のスケッチブックにこの正門を描いたが、ぴたりと構図が決まり悩むことは全くなかった。
 なおこの正門は規模が全く違うにも関わらず、本館と同様、門だけで重要文化財に指定されている。

京都に来たのだから「和風建築」も描きたいという人は裏庭に回ると良い。「堪菴」という茶室がある。ご覧のように庭もきちんと手入れされており、茶会としても使用されるという。

 なおこの明治古都館は現在耐震工事中で内部を見ることはできない。展示はもっぱら「平成知新館」という新館で行なわれている。
 現代建築に興味ある方はこちらの方がより感動するかもしれない。設計は有名な谷口吉生氏だ。片山東熊のバロックデザインとは対照的なシンプルで端正なデザイン。
 でも不思議なことにどちらも「美しい」。芸術とはほんとに奥深いと改めて感じさせてくれる。

P.S.
私の描いた水彩画は加藤美稲作品集でその一部を公開している(詳細はこちら→)。興味のある方は見てほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください