水彩で描く日本の風景 二重橋

 このブログに「ここを描きたい日本の風景!→」という記事がある。重要伝統的建造物群保存地区をスケッチするという、私の絵描きとしての主要な活動(詳細はこちら→)の記録でもある。
 その記事及びリンクする記事でも触れているが、東京には重要伝統的建造物群保存地区が1箇所もない。終戦時の東京大空襲で何もかも焼けてしまったからだ。では東京に日本らしい風景が一つもないかというとそんなことはない。
 それは旧江戸城、「皇居」だ。もちろん皇居自体はいつも警官が見張っており、通常は一般人は入れない。だが1カ所、誰でも見られる美しい風景がある。それが「二重橋」だ。しかも東京駅から歩いて数分。

 冒頭の水彩画がそれだ。遠景に見えるのは、伏見櫓、中景に豊かな緑、近景に二連アーチのある石橋とお堀の水面。背景もモチーフも絵の構図も最高だ。
 石橋の建造は明治20年、伏見櫓は大正時代、関東大震災で壊れたものを復元した。それぞれ江戸時代の遺構ではないが、十二分に本物の「日本の風景」だ。
 ここでちょっと質問だ。皆さんはこの有名な風景、何故「二重橋」と言うのかご存じだろうか。一番多い答えは多分「アーチが二重になっているから」と言うものだろう。だがこれは不正解。
 「二連」ではあるが「二重」ではないから当然だ。もう一つの答えは「手前の石橋とその向こうに見える鉄の橋が重なって見えるから」だろうか。だがこれも不正解。
 答えは奥にある橋の「橋脚が(江戸時代には)二重になっていた」からだ。補足すると、奥の端は機能上高い柱脚が必要であり、江戸時代の木造技術では橋桁部分を2重に組まないと構造的に耐えられないからだ。その後、明治になって鉄橋になった時点で「二重」の構造は無くなり、現在のアーチ構造になった。だから本来の意味での「二重橋」は今は無いのだ。
 でも、宮内庁は現在の解釈として、一般的には「二つの橋の総称」として用いられていると認識しているらしい。

 さて絵の説明をしておこう。スケッチブックはラングトンの0号(水彩紙の種類についてはこちら→)。時間がない時には重宝する大きさだが実は城をモチーフとするにはちょっと小さすぎた。(適切なスケッチブックのサイズについてはこちら→)
 0.3mmの油性サインペンで描いたのだが、画面サイズとモチーフの細密具合に比べてどうしても線が太くなる。やはり最低SM(サムホール)にすべきだったと少し反省している。

 使った透明水彩絵具は、愛用のウィンザーニュートンの固形絵具24色。いつものようにプルシャンブルーでグリザイユを施してから固有色を塗っている。
 私は黒色の絵具を一切使わない。それでも影にグレーのグラデーションが見えるのは、下地の青の上に、固有色として赤と黄(と緑)を重ねているからだ。三原色をうまく重ねれば落ち着いたグレーの色調の絵が出来上がるというわけだ。

P.S.
水彩画の描き方についての関連記事を下記にまとめている。興味ある人は参考してほしい。
私の風景画の描き方についてはこちら→
ペンを使った建物の描き方についてはこちら→
水彩絵の具の基本的な使い方についてはこちら→
風景画でどこを描いたらいいか悩んでいる人はこちら→

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください