水彩で描く「みちのくの城下町」…弘前市仲町(なかちょう)

弘前市はどんな町?

 観光客に1番有名な場所はもちろん弘前城。特に春の「桜」は有名だ。
 実は私が子供の頃、叔父に連れられてこの「満開の桜」を一度だけ見たことがある。天を覆う”鮮やかな桜色”(”淡いピンク”ではなく)に圧倒されたことを覚えている。

 だが今は真夏。
当然桜の絵は描けない。実は弘前は津軽藩主「津軽為信」が江戸時代に計画した城下町で、現在その一角が「仲町(なかちょう)重要伝統的建造物群保存地区」として残されている。
 そう、その武家屋敷群を描くのが目的である。

重要伝統的建造物群保存地区…「仲町(なかちょう)」

 町並みをじっくりと歩いた…正直な感想を記そう。上の写真を見てほしい。
 武家屋敷の町並みとしての面影はほとんど残っていない。黒く塗られた武家の門と道路に面したサワラの生垣が町としての統一感をかろうじて保っているもののの、視界に映る住宅はほとんどが最近建て替えられた現代住宅ばかりだ。


 もちろん上の写真のように文化財として保存、公開されている古い民家もある。だがいずれも展示用に移築されたものがほとんどで町並みとしての連続感も生活感も全くない。

 この制度が制定されたのが昭和50年(1975年)、この仲町が選定されたのは昭和53年(1978年)なのでかなり早い時期に選ばれている。

 私の経験では、早期に選ばれた町並みほど保存状態が良い。
 これまでスケッチに訪れ、このブログでも紹介している奈良今井町仙北市角館や京都産寧坂、岐阜県白河村などが良い例であり、いずれも今でも保存状態が良い街並みばかりである。

 それに比べてこの仲町はちょっと寂しい。おそらく制定後40年余りの間に、現代住宅に建て替えられ、変わってしまったに違いない。とても残念だと思う。

スケッチにおすすめの場所は?

 そんな仲町の町並みであるが、描きたいと思ったシーンが二箇所あった。
 一つは冒頭の画像。弘前城にまっすぐ続く通りに面した数少ない倉のある風景だ。両隣の建物もそれなりに当時の雰囲気を伝えてくれている。

 すこしだけ作品の解説をしておこう。大きさはSM(サムホール)。
水彩紙はファブリアーノのトラディショナルホワイト。紙の色はこのややアイボリー色のトラディショナルホワイトと純白のエキストラホワイトの2種類がある。

 私は前者は落ち着いた色調になるので風景画に、後者は肌色が美しく出る人物画に使うようにしている。 

 絵具は愛用のウィンザーニュートンの24色固形絵具を使用しているが、今回は真夏のイメージを強調したいので、空の表現に気を使っている。コバルトブルーは青すぎるのでコバルトターコイズを中心にウィンザーバイオレットを少し垂らしている。

 地面は現実にはアスファルトであるが、真夏の反射を強調するために、明るく、紙のアイボリーをそのまま残している。

 今一つはメインストリートから見る武家の門が映るシーン(上の写真)。
先に述べたように門構えの奥にある家屋はそれほど魅力あるものではないが、背後に聳える岩木山の勇姿が素晴らしい。(オート撮影の写真では麓の部分しか見えないが、実際は山の形が見えていた。残念!)

 本当は真っ先にこの風景を描きたかったのだが、ご覧のようにこの時間、真夏の夕日が逆行となってまともに私の目に飛び込んでくる。とても絵は描けない。
光の加減からすると、午前中に描くのがふさわしいと知る。

 翌日、今度こそと勇んで同じ場所に行ったものの、空気はやや淀んでいるせいだろうか、もはや岩木山は見えなかった。

 今回の旅、天候は私に味方してくれなかったようだ。
 でもあの光景はしっかりと目に焼き付いている。いつかは絵にしたいと考えている。

 P.S.

このブログには本文中以外に下記の参考記事がある。興味のある方は参照してほしい。

  1. 参考カテゴリとしては
  2. スケッチ旅について
  3. 風景画の描き方
  4. 水彩画の道具


メールアドレス  *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください