山間に住まう!合掌造りの風景をスケッチ

山間に住まう 作者:加藤美稲

 私が日本の風景を描く時、国が選定した「重要伝統的建造物群保存地区」を旅することが多い。
 そして一般的にこの「重伝建」は文化財を維持、保存し得る環境の町、つまり人口密度が高く、経済的に余力のある寺内町、宿場町、商家町などが多い。
 だから今も旅するのに交通機関に不自由することはない。

 一方で、今回取り上げる相倉(あいのくら)と菅沼(すがぬま)はいずれも富山県の山奥の小さな村である。この村と岐阜県白川郷の合掌造りをまとめてスケッチしようと決心したものの、車を運転しない私にとってはとんでもない大旅行だった。
 私と同じようなスケッチ旅行を計画する人のために、一応、今回辿ったコースと交通機関を紹介しておこう。
 まず私の地元神戸からJR特急サンダーバードで金沢へ行く。少し前に開通した北陸新幹線に乗り継いで新高岡へ。列車はここまでしかない。
 しかし幸いなことに、最近は「世界遺産バス」が開通している。新高岡から揺られること1時間でようやく相倉に到着だ。この世界遺産バスは今回のスケッチ旅行でとても貴重だった。
 本数が少なく、スケッチ時間の調整にかなり気を使ったが、この後菅沼、白川郷へもこのバスを乗り継いで行くことができた。
 そして帰路は白川郷からJR高山駅までローカルバスに乗り、高山から名古屋まで特急ひだに乗る。名古屋で東海道新幹線に乗りやっと新神戸へ到着だ。2泊3日、久しぶりの国内大旅行だった。

 さて冒頭の水彩画の説明をしておこう。いつものようにペンと透明水彩絵具をで描いている。(基本の制作プロセスはこちら→
 以前に、風景画で一番大切なことは「構図」であると書いた。今回もその言葉がぴったりと当てはまる。

 というのは、宿にしたこの合掌造り民家の一軒に旅装を解き、さっそくスケッチに出かけたものの、先に述べた、宿場町や商家町と違い、民家が軒を揃えて並ぶという、いつもの安定した構図が描けない。上の写真を見ていただければわかるだろう。
 山奥の農村である以上、当たり前ではあるが田畑の中に民家が点在してしまうのだ。もちろん一民家を中心に背景の山並みを描くことはできるのだが、山に囲まれたこの町の生活の様子を描こうとすると、単体の民家だけではつまらない。
 そこで村の中を散々歩きまわった末、たどり着いたのが山の中腹、木立の間から覗けるこの風景だったのだ。
 村の集落はこれが全て。視界にすっぽり収まってしまう。宿の夕食の米はもちろん、魚も野菜も全てここで取れたものだそうだ。自然との一体となった村の生活が見て取れる、いい構図だと思っている。

 この絵のもう一つのポイントは背景の山の残雪だ。雪の白が実に美しい。ここで使ったテクニックはマスキングインクだ。(マスキングインクの使い方はこちら→
 先に雪の部分をマスキングインクで覆っておき、絵の全面を塗り終えた後、マスキングインクを剥がす。ご覧のように水彩紙の白がそのまま空よりも明るく輝く雪に変わる。もちろん山の高さは、現実よりもかなり高く描いて、残雪の姿をを強調している。これも写真作品にはできない絵画だけの芸当だろう。

 菅沼は相倉よりもさらに小さな村だ。相倉は山の中腹に立たないと村全体を見渡すことが出来なかったが、この村はご覧のように村の入り口に立っただけで、「全て」の合掌造り民家(9棟)を見渡せてしまう。
 ひなびた村の情感が感じられ、もちろんここでもスケッチしたが、やはりこの規模では、農村としての自営は困難なようだ。残っている民家は農家というより土産物の店ばかりだったのが残念だ。

p.s.
私の描いた水彩画はこのブログの作品集(詳細はこちら→)で掲載している。是非みてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください