水彩画の基本!知っておきたい グリザイユ画法と絵具の透明度

 このブログ、美緑空間を読んで、水彩画を見る人から描く人になった人。そんな人のために今回の記事を書くことにした。
「透明」水彩の美しさの秘密、科学的根拠については別に記事を書いている(「透明水彩は何故美しい?→」)ので参照してほしい。
 今回はその中でも絵具の透明度と水彩画におけるグリザイユ画法の関係に着目したい。この事実を知らないと透明水彩の長所を生かせないからだ。

1.透明水彩の塗り方とは?

2.透明水彩の透明度とは?

3.グリザイユ画法とは?

4.グリザイユを使うときの注意点と絵の具の選び方

5.まとめ


■透明水彩の塗り方とは?

 透明水彩絵具の塗り方には大きく分けると「重色」と「混色」がある。重色は下に塗った絵具が乾いてから上に絵具を塗る方法、混色はパレット上で絵具を混ぜてから塗る方法だ。(「水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!」を参照)

■透明水彩の透明度とは?

 絵具の「透明度」とは下の色がどのくらい透けて見えるかを言う。もっとも今のところ各色に透明度〇%とかいう定量的な数字で表現されているわけではないが、ホルベイン、ウィンザーニュートン、シュミンケホラダムの絵具(「水彩画を始めた人へ!プロが選ぶ絵具とは?→」を参照)はおおよそ、透明、半透明、半不透明、不透明の4段階のうちのどれであるかがカタログに明記されている。

■グリザイユ画法とは?

 私の水彩画は途中段階でグリザイユ画法を使う(「水彩画にふさわしいグリザイユ画法とは→」を参照)。下地で明暗を表現してから、上にモチーフの固有色を重ねる方法だ。

 この時、上に重ねる色がもし不透明色だったら下の描いたグラデーションがどんなに完璧であっても、その効果は台無しになってしまう。(「水彩画の基本!知っておきたいグリザイユ画法と絵画の透明度→」を参照)

 ところが初心者はそんなことは知らず、欲しい色相だけを見て塗ってしまう。しかも水分を乾燥させてから塗るべき色を湿っているときに塗ったりするので、濁った(汚い)色が画面に広がってしまうのだ。

■グリザイユを使うときの注意点と絵の具の選び方

 そんな失敗を防ぐ方法を教えよう。冒頭の写真を見てほしい。私が普段使用するパレット(「透明水彩入門! 絵具とパレットの使い方を知っている?」を参照)にある絵具の順に、水彩紙に色を塗り、その透明度を追記したものだ。

 〇は透明色、△は半透明色、△×は半不透明色、×は不透明色だ。私はこの表をプラケースに入れ、絵を描くときにいつも見られるようにしている。

 この表は、私のようにグリザイユを多用する者にとって、とても役に立つ。例えば風景画を描くときは森や林など緑色が必要だ。私がよく使うサップグリーン、ウインザーグリーンは完全な透明色。

 しかしシュミンケホラダムのオリーブグリーンは半透明なので濃い色を重ねるとグリザイユで描いた明度の微妙な差が見えなくなってしまう恐れがあるので要注意だ。

 皆さんに特に注意してほしいのが黄色系の絵具だ。一般に黄色は不透明色が多い。カドミウムイエロー、レモンイエローはそれ自身は鮮やかだが完全な不透明色なので下の色を見えなくしてしまう。

 だからせっかくグリザイユを美しく施してもこれらの色を濃く重ねると、明暗表現が消され、それまでの苦労が台無しになってしまう。注意が必要だ。

 ウインザーニュートンで私が持っている標準色の黄色で透明なのはインディアンイエローだけだ。

 実は私も当初は透明度を深く考えず、結構カドミウムイエローを上に重ねていた。しかしこれらの事実を知るようになり、下地の色を生かして黄色を塗りたいときは必ず、インディアンイエローを使うようになった。

 木の幹、あるいは建物の外壁の板材を描くときに使う茶色系の色も要注意だ。よく使うローシェンナとバーンとシェンナは透明色だが、暗色系のセピアは不透明、明色系のイエロオーカーは半透明であり、いずれも透明ではない。

 だからグリザイユの明るい部分にセピアを重ね塗りするとセピア部分が一番暗くなってしまう。イエロオーカーもセピアほどではないが、半透明なので注意が必要だ。

 もっとも半透明の特質を逆に利用する方法もある。私のようにブルー系の絵の具でグリザイユを施すと、透明度の高いローシェンナーは暗い部分、つまり下地のブルーが濃い部分に重ねると「青色」が勝ちすぎて、茶色が感じにくくなるのだ。

 そんな時ローシェンナーにイエローオーカーを混色してから重ね塗りすると不透明度が上がるので狙い通りの暗い「茶色」が表現できる。

■まとめ

 何年も経験を積んだプロの画家が書いた水彩画教本には「パレット上の混色と水分の混ぜ方は、経験によって学ぶもの。多くの絵を描くことで初めて自分のものになる」というような表現を時々見かける。

 だが私はそうは思わない。ある程度の透明水彩絵具の理論、知識を学べば、最小限の経験でいい水彩画が描けるはずだと思っている。
 この透明不透明の理屈を皆さんも是非理解し、試してほしい。

P.S.
 今回は絵具の透明度とグリザイユ画法の関係について書いた。グリザイユ画法の描き方については「水彩画にふさわしいグリザイユ画法とは→」を参考にしてほしい。
 また透明水彩を学び始めた方にこのブログでは「絵画上達法→」というカテゴリを設けている。興味のある人は参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください