水彩画入門!プロが選ぶ絵具は?

水彩紙の次に大事な道具とは?

 水彩画を描くにあたり一番重要なのは「水彩紙」だと先の投稿(https://miryoku-yoshine.com/first-watercolor-paper-to-buy/)で書いた。そして次に大事なのは水彩絵具だ。今回は絵具の基本を整理してみた。絵具選びの参考にしてほしい。
 まず絵具の種類について説明しよう。大きく二つに分ければ透明水彩と不透明水彩に分類される。透明水彩の特徴は絵具を重ねた時下の絵具が透けて見える。例えば黄色の絵具の上に青色の透明水彩絵の具を重ねると透明感ある緑色に見える。不透明水彩の場合は下の色が何色であっても上に重ねた色しか見えない。
 一般に水彩画家、watercolor- painter が使う「水彩」絵具といえば通常透明水彩を指している。

不透明水彩とは?

 不透明水彩とは透明水彩以外の水彩絵の具であり、古くからあるのはガッシュと呼ばれる絵具である。発色剤である顔料を展開剤のアラビアゴム水溶液で練った物であり、成分は透明水彩絵具と変わらないが、顔料成分が透明水彩よりも多く、絵具の透明度が低いため、塗り重ねが可能である。色数も豊富で重厚な表現が可能だが、油絵のような保存性は望めない。
 展開剤をアラビアゴム水溶液でなく、アクリル樹脂を水に乳化した液体(アクリルエマルジョン)を展開剤とした物がアクリル絵具である。
 油絵よりも乾燥が圧倒的に早く、油絵と同様に重厚な表現ができ、保存性も十分という都合のよい材料であるため、最近の作家には人気の絵具のようだ。
 また、アクリルガッシュという似た名前の絵具もある。こちらはやはりアクリルエマルジョンを展開剤にしているが展開剤が低濃度であり、顔料成分が多く、全て不透明色である。速乾性が抜群に良く、イラストを描くデザイナーに良く使われているようだ。
 ややこしいのが「半透明水彩」「マット水彩」などと呼ばれている、私たちが小学校の頃使っていた絵具だ。これは顔料とアラビアゴムを成分とするという意味では水彩絵具だが、安価な顔料と展開剤にさらにデキストリンという澱粉を増量剤として使っており、発色も、保存性も期待できない。
 もちろん12色セットが百円均一店でも買えるくらいなので、そのコスト競争力には敬意を払うが、私たちが目指す作品作りには不適だ。

透明水彩とは?

 というわけで、「水彩画入門」を果たしたあなたが手にすべきは「透明水彩絵具」だ。紙の白色と透明色の重ね塗りによる明るく深みのある色、水分をたっぷりと含ませた滲みの表現など透明水彩独特の魅力は「透明水彩絵具」でないと表現できない。あなただけの絵具と水を使ってあなただけの表現を目指そう。 

どんな絵具を買えばいい?

透明水彩絵具はメーカーも多く、色数も多い。基本は有名メーカーのものならそれほど問題は無い。ちなみに私が初めて買ったのはホルベインのチューブ入り「透明水彩セット18色」だった。全く不満はなかった。今でも初心者はもちろん相当の達人にもお勧めできる。
 ただその後、スケッチ旅行に行くことが多くなり、同じくホルベインの固形絵具セットを使っていたが、こちらは色数が少なかったこともあり、個人的に現地での発色具合がが気に入らなかった。
 今はウインザーニュートンの固形絵具20色セットを愛用しており、携帯性、発色ともとても気に入っている。
 固形絵具はチューブと違って、パレットで水に溶け出すまで待たないと使えないと思っている人がいるようだが、全く問題はない。筆に水を染み込ませて固形絵具に触れると、あっと言う間に筆先が絵具色に染まるイメージだ。ちなみにチューブ入りの透明水彩絵の具も本来はパレットにいったん出して、固まってから使うのが正式な作法らしい。その意味では全く固形絵具との差はないと言っていいだろう。
 ウインザーニュートンの固形絵具は全96色。後から好きな色を足すこともできる。私は油絵を描いていた時の癖で、サップグリーン、オリーブグリーン、レモンイエロー、セピアを追加して使っている。
 私は使ったことがないが、クサカベの絵具も知名度が高い。「日本の色」が魅力的だと言う。ただこの絵具は普通の画材店にはないことが多いようだ。
 最後に一つ気になっている製品がある。「シュミンケホラダムの水彩絵具」。まだ使ったことはないが、現代水彩画家の永山裕子氏が愛用していることで有名だ。 あの静物と背景が一体となった鮮やかで深みのある色彩はこの絵具のおかげだともいう。 ただし24色固形絵具セットが2万円以上するようだ。いずれ機会があれば私も使ってみたいと思っている。

P.S.
絵具についてはとても科学的な説明がいる。
例えばコバルトブルーはなぜ青く見える?
透明色と不透明色があるのはなぜか?
水彩画と油絵の表現の違いはなぜ起こる?
こんなことを疑問に思ったことはないだろうか?
私自身とても興味があったので整理してみた。是非読んでみて欲しい→こちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください