水彩画入門!弘法は筆を選ぶ?

 ■私が筆にこだわる訳

 水彩画を描き始めたあなたへ。もう水彩紙を手に入れ(詳細はこちら→ https://miryoku-yoshine.com/first-watercolor-paper-to-buy/)、絵具を買ったはずだ(詳細はこちら→ https://miryoku-yoshine.com/what-is-proffessional-watercolor/ )。
 次に知りたいのは当然「筆」だろう。今回は筆について書く。皆さんの記憶にある、子供の頃使った水彩画の道具を思い出してほしい。紙は画用紙、絵具はいわゆるマット水彩(半透明水彩)、筆はナイロン筆だったはずだ。紙と絵具についてはすでに先のブログ記事で、子供の絵に対する情熱を冷ましてしまう、とても悪い選択だと書いた。

 ただ、プロの使う水彩紙は普通の画用紙のコストの10~20倍、絵具に至っては100倍する場合もあることを考えると、それなりに分からなくもない。
 しかし筆については話は別だ。普通の太さ、6号程度で馬毛の筆なら今でも200円程度で買える。それほど負担ではないだろう。ナイロン筆でなく子供の頃から是非、天然毛の筆に馴染んでほしいと思っている。
 何故こんなことを言うかと言うと、私の筆に対するこだわりの原因は子供の時代にあるからだ。
 おそらく、小学校の4年生くらいだったと思うが、実は私はすでにとても良い筆を1本だけ使っていた。
 8号くらいの平筆で、柔らかくふさふさとして、触るだけでも気持ちが良い。水に濡らすと、水分をたっぷり吸うので、一度に広い面が塗れる。毛先にしなやかな弾力があるので、力を抜くと元の形に戻る。パレットでいちいち形を直す必要がない。毛先の形も崩れない。平筆なので、縦に塗れば広く、横に塗れば細い線が引ける。
 一方、それまで使っていたナイロン筆は毛先はバラバラ、水分は吸わずすぐにパサパサになり、弾力はありすぎて、柔らかい線が引けない。小学生であっても良いものはいいとちゃんとわかるのだ。
 あまりに使い勝手がいいので、結局私はその愛用筆一本で全ての絵を描くようになったのだ。私のプロフィールに書いた「絵で稼ぐことを覚えた子供」(詳細はこちら→ https://miryoku-yoshine.com/edekasegukodomo/ )のエピソードには実はこの筆の存在があったのだ。
 何故小学生の子供がそんな筆を持っていたのかわからない。少なくとも私の両親は絵にほとんど興味はなかったので、知り合いか、親戚の誰かがくれたのだろう。私を絵の好きな子供にしてくれた偶然のヒーローの存在に感謝している。

 ■筆の材質は何がいい?

 さて、まず筆の材質はナイロンでない天然毛のものを選ぼう。私が小さい頃持っていたあの筆の材質はわからない。かのヒーローから狸の毛だと聞いたような気もするが確かではない。ただ濃い茶色をしていたことを覚えているので、自分で筆を買うようになってからもその色の筆を探してしまう。
 今私が気に入っているのは、コリンスキー(イタチの仲間、特に極寒の地に住む)の毛で最高級品だが、馬毛と違って相当高い。国産のホルベイン製でも通販で3,000円程度する。
 だから0号から6号までの細目の筆はコリンスキーだがそれ以上はセーブル(やはりイタチの仲間)、あるいはそれに近い混毛筆を使っている。
 小さい頃愛用していたかもしれない純正狸毛の筆は残念ながら普通の画材店では見当たらないようだ。いずれ見つけたらまた試したいと思っている。

 ■筆の形状と使い勝手は?

 初心者用が一般に使うのは丸筆だ。長所はどの方向にも均一な線が引けること。力を入れれば太い線が、力を抜けば細い線が自在に引けることだ。欠点は広い面が塗りにくいことだ。
 広い面を塗るには平筆が便利だ。この筆は方向を変えることによって塗りの幅を変えられる。それなりのテクニックは必要だがとても便利な筆だ。
 平筆の先端を斜めにカットしたスラント筆というのもある。平筆は細い線を引く時、筆を立てて使う必要があり、手首の使い方にやや違和感がある。それを自然な形で線が引けるようにしたものが「スラント筆」だ。私も本当はこの筆の天然毛が欲しいのだが、画材店で見かけるのは全てナイロンと天然毛の混合物なので、今のところ使っていない。
 そのかわりとして使っているのが大きめ目の「オーバル筆」だ。平筆の穂先が尖った形状をしている。
 例えば上下方向に使う時には平筆として広い面積を塗れる。そして左右方向には細い線を筆を不自然に立て過ぎることなく、塗れる。先端だけを使うと細い丸筆としても使えるので、今のところ気に入っている。

 ■自分の愛用筆を探そう

 実のところ水彩紙や絵具の選択は絵の出来栄えに直接影響するが、筆はある程度のものさえあれば、テクニックでカバーできると思っている。それだけに自分のよく使うテクニックにあった筆の存在はとても頼りになる。個人の好みが一番分かれる画材が筆であるとも言える。
 インターネットの水彩画サイトにも、画材店のサイトにも筆に関する記事は非常に多くある。しかし、絵具や水彩紙に対する評価以上に定性的、直感的な評価が多い。記事を鵜呑みにするのはやめたほうがいい。「自分の」愛用筆はやはり自分で試して見つけるしかないと言うのが私の実感である。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください