透明水彩で描く風景画 アルハンブラ宮殿

 言わずと知れたスペイン、グラナダのアルハンブラ宮殿。有名な写真はいくらでもある。
 世界遺産としてテレビでも何度も放映されているだろう。でも敢えて言いたい。自分で描いた一枚は特別な存在だ。その時その場所で感じたことが必ず絵に現れているからだ。
 絵描きとしてのスペインの歩き方はすでに記している。(詳細はこちら→
 今回は私が描いたアルハンブラ宮殿の作画手法とプロセスを述べようと思う。

 私は風景画を描く時、筆やペンを走らせる前に、何故このシーンを描こうとするのか自問することにしている。
 ただ単に「綺麗!」で済ませただけではその後の描画方針が決まらないからだ。その意味ではこのアルハンブラ宮殿の絵はいい例になる。
 この絵を描いたのは3月。グラナダの3月はすでにかなり温かい。昼間は汗ばむこともある。
 そんな気候のもと、私がこの光景を見た時の感動を具体的に記せば、まず第一に宮殿の建築的な造形の美しさがある。
 そして城壁を囲む春めいた樹々の色。一方で宮殿の背景となるシエラネバタ山脈にはいまだ真っ白な雪が残っている。
 言ってみれば悠久の時を刻んだ宮殿と移ろう春の色、冬の名残り、この三つの対比が面白いと思ったのだ。
 そしてその対比を、ペンの線、水彩画の魅力である微妙な淡い色調と紙の白との対比でいかに効果的に表現するかを考えるのだ。

 具体的に記そう。
 美しいプロポーションの建物の線はいつものようにサインペンで一気に描く。やはり下書きはしない。その方が線に勢いが出る。
 線描きが終わったら遠くの山脈部分にマスキングインクを塗る。左の絵でやや黄色がかった部分がマスキングインクを施した部分だ。
 黒く濃い線で描かれた建物が落とすシャープな影は平筆のを使いグリザイユ画法で描く。使用した色はプルシャンブルーだ。
 手前の春の森は水をたっぷり含ませ、ぼかしを使ったグリザイユ画法で。

 全体にグリザイユを施した後は画面の雰囲気に相応しい色を塗っていく。この絵の場合は、春の樹々に新芽が吹き始めた様子をウインザーバイオレットとサップグリーンで表現した。
 建物は土、石の色でローシェンナー、イエローオーカーが主体だ。背後の山はビリジアンにプルシャンブルーを混ぜている。いわゆる空気遠近法だ。
 そして最後にシエラネバタ山脈の雪部分のマスキングインクを剥がす。すると雪の部分は水彩紙の白が浮き出て、すでに塗り終えた空よりも明るく、白くなる。
 論理的にはあり得ないと思うが、印象的にはこの方がいい。ただしそのままだと山脈全体が白すぎて画面の中で違和感があるので影の部分にプルシャンブルーを塗り、周囲と馴染ませる。
これで完成だ。

P.S.
今回はこの絵独特のポイントを記したが、私の風景画の基本的な作画プロセス(詳細はこちら→)、透明水彩絵具の基礎知識とパレットの使い方について(詳細はこちら→)は別に記しているので参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください