下書きはいらない!建物のある風景をペンで描く

風景画を描く時、下書きに何を使う?

 おそらく鉛筆だろう。何故なら大半の水彩画教本には、2Bから4Bの柔らかい鉛筆で下書きをし、色を塗って仕上げた後、最後に邪魔な下書きの線を消すという手法が書かれているからだ。

下書きをせず、ペンで描く方法もある

 もちろんその方法に文句はない。王道だと言っていい。でも下書きをしない方法もある。ペンでいきなり風景画を描き始める方法だ

 私が先の王道を歩かず、ペンにこだわる理由は以前にも述べたが(「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは→」を参照)少しだけ復習しよう。

 建物の下書き線を濃い鉛筆で書くと、水彩絵具を塗った時、鉛筆の粉が絵具に交じり、濁って汚く見える。だから濃すぎる邪魔な線を最後に消しなさいと指導することになる。(濁らせない方法はあるのだがそれは別の機会に)

 それに対して私は建物をいきなりペンで描く。油性だから水彩を塗っても線が滲まないし、絶対に汚れないし、濃すぎる鉛筆の線を消すという手間も不要だ。

 だから線さえうまく引ければ、時間のない旅先でのスケッチには最高な描き方なのだ。もちろんペンの強い線はあなたの個性を生かす心強い味方でもある。

 先の記事の中では「下書きはしない」とだけしか書かなかった。でも皆さんの中には具体的にどう描いたら消さずに済むペン画になるのか知りたいと思う人がいるだろう。今回はそんな、風景画、特に建物の描き方について書こうと思う。

画材の選び方は?

 上図は私のウィーンでの淡彩スケッチだ。時間がなくて、水彩紙ではなく普通の画用紙にペンで描いている(「スケッチの旅海外編オーストリア→」を参照)。
 正直いうと、ペンで描くことだけを考えると、水彩紙よりも安価な画用紙の方が表面に引っ掛かりがなくて描きやすい。

 だからこれから私の描き方を試してみようと思う人は、まず安く、描きやすい画用紙のスケッチブックに描くことをお勧めする。(「水彩画入門!始めに買うべき道具は?→」を参照)

 そして気に入ったスケッチができれば、シンプルに素材の色だけを重ねる淡彩を施せばいい。ペンの美しい線が活きていれば十分作品になるだろう。いや、旅のスケッチとして人にあげるならむしろ線が多少歪んでいるほうが思い出になると言ってもいいくらいだ。

具体的な制作プロセスとは

構図を決める

 決していきなり思いつきで描き始めてはいけない。この絵では大きな塔を画面のほぼ中央に配置し、一点透視で両側の町並みを描こうとした。

1.基準線を引く

 まずこの絵の一番重要な部分、基準となる縦線である中央の塔の壁の線と、それに重なる左の町並みの端の線だ。

 次に構図の中にあるそのほかの目安となる縦線を軽くペンで引く。今回は左の建物のピンクの建物左側の線。この位置が屋根上の三角の小屋根が乗る部分であり、塔の基準線と画面の左端とのほぼ中央に来る。

 そして道の突き当たりの建物の右端の縦線、右の街並みの建物の端の外壁線だ。以上の4本の線を基準にして、今後のパーツの長さを測り描いていく。

2.水平線の位置を決める

 次に自分の目の高さをスケッチブックのどこに置くかを決め、水平線を薄く引く。建物の水平線は軒の線も、窓の線も全てこの水平線上に集まることになる。

3.軒のラインを引く

 まず建物の軒の線を水平線上の一点に向けて描こう。もし道幅が均一で一直線、水平、さらに建物が道に並行に立っていればこの絵に登場する全ての建物の軒のラインは一点に集まるはずだ。

 だが、実はそうなっていない。右の町並みと左の町並みので消失点が一致していないことがわかるだろう。

 これは私のスケッチが間違っているからではない。足元の道が曲がりくねっているのを見るとわかるように、今回は各建物同士が並行には建っていないからだ。

 こういう些細な事情を理解していないと、ちぐはぐな絵になってしまう。絵を描くのにも最低限の透視図の知識は必要なのだ。

 もう一つ注意しておこう。消失点は見たままを水平線上に位置を記入しておこう。問題はそこにつながる、一番高い軒のラインがどこにあるかだ。実はそれを直感で描くと、大抵うまくいかない。立体で見ている高さを水平に置いたスケッチブックに落とし込む時にどうしても誤差が出るのだ。

 そこで私は先に書いた縦の基準線の間隔を元に軒のポイントが何倍の距離にあるかを鉛筆を立てて測り、最上部の位置を決めている。
 こうしてできた最上部の軒ライン、水平線、縦の2本の基準線で囲まれた台形がその後の窓など細かなパーツの位置決めの基準となる

4.窓などパーツの描き方

 窓の大きさ、窓同士の間隔などを順番に端から描いて行こうなどと思ってはいけない。先程の台形の対角線を引き、その交点に縦線を引いてみよう。それが台形の中央線だ。

 つまり基準線で作った台形の中に窓が4列並んでいたとすれば、中央線の左右に2列ずつ並んでいるはずだ。私の経験で言うと、きちんと測らずに描くと手前の窓は実際より小さく描きがちだ。おそらく頭の中で「本来は同じサイズ」ということがインプットされているからだろうと思う。

 各階の平行線もこの台形を使う、奥の縦線の中点と手前の縦線の中点を結んだ線が水平分割線だ。建物の向きにより消失点が画面上にない場合はこの水平分割線が頼りだろう。

 基本は水平、垂直ともこの作業を繰り返していけば、2分割線、4分割線、8分割線、16分割線といくらでも細かなパースラインが描ける。それに合わせてパーツを描きこむのだ。

 こう書くと、初心者は、その作業の多さにうんざりするかもしれない。でも心配する必要はない。

 コツを言うと、正確に測って個数を描くのは手前の数個でいい。しかもぴったり狙った窓ラインに合致する必要はない。例えばこの線の間に窓3つとか4つとか個数を決めて割り込むのだ。人間の目はその程度の割付で十分自然と感じてくれるはずだ。

 しかも透視図的言うと、遠いところはほとんど縦線、横線を適当に引くだけで絵になる。あるいは絵具を塗る時に線は省略して色を濃くして描かないと言う手もある。

5.地面のラインを引く

 そして最後に水平線より下の建物と道路が接する線を描く。狭いスペースなので適当に引きがちだが、実はとても大切な作業だ。

 具体的には建物が地面と接するラインは水平線と軒の高さに対する比で決まるので、軒の高さ15メートルの建物、地面から1.5メートルの位置に目線(水平線)があるとすると、描いた建物のどの位置でも高さの1/10に位置に水平線がなければいけない。

 私の経験で言えば、地面のラインはどうしても実物よりも水平線に近く描きがちだ。すると奥に行くほど建物が実際より低く見えてしまう。最後の最後で失敗する原因はここにあることが多い。注意してほしい。

 さてこれであなたも今日から面倒くさい鉛筆の下書き無しでいきなり、建物のある風景が描けるはずだ。是非チャレンジして欲しい。

P.S.
 建物のある風景を描くにはどこに行けばよいか?
カテゴリ「スケッチの旅海外編→」および「スケッチの旅日本編→」を参照してほしい。日本の風景については「ここを描きたい日本の風景!→」で重要伝統的建造物群を中心にコメントもつけている。興味のある方は参照してほしい。

P.P.S
 今回は使用した紙が水彩紙ではないので、線描きのテクニックだけをテーマにした。私の水彩画の描き方については以下の関連記事を書いているので参考にしてほしい。

P.P.P.S.
トップページの美緑(みりょく)空間へようこそ!→に書いたように、現在水彩画を愛する仲間「美緑(みりょく)空間アートギャラリーのメンバーを募集している。今回の記事は基本技法の習得をテーマに書いたが、メンバーには私の最新の作品とその技法も紹介していくつもりだ。参加登録は下記フォームにあなたのアドレスを記入して「登録」ボタンを押すだけ。あなたの参加をお待ちしている。



メールアドレス  *

30件のコメント

[…] P.P.S.今回は色彩についての記事であるが、実はこの絵を現地でスケッチしていると、観光客が口々にほめてくれた。どうやら下書きなしでいきなりペンで描いているのが珍しいようだ。そんな私の建物の描き方について興味のある人は、別に記事を書いたので参考にしてほしい(詳細はこちら→) […]

[…] P.S.私の水彩画は加藤美稲作品集(詳細はこちら→)で一部を公開している。興味のある方は覗いてほしい。私の描く水彩画についてもっと知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。ペンと水彩で描く風景画の魅力とは?鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしいスケッチ旅行に必要な道具とはここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.S.私の水彩画は加藤美稲作品集(詳細はこちら→)で一部を公開している。興味のある方は覗いてほしい。私の描く水彩画についてもっと知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。ペンと水彩で描く風景画の魅力とは?鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしいスケッチ旅行に必要な道具とはここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.S.私の水彩画は加藤美稲作品集(詳細はこちら→)で一部を公開している。興味のある方は覗いてほしい。私の描く水彩画についてもっと知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。ペンと水彩で描く風景画の魅力とは?鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。スケッチ旅行に必要な道具とはここを描きたい日本の風景! […]

[…]  さて、そんな美しいミラノの大聖堂を描こうとしたものの、実は完成のイメージをどうするかしばし悩んだ。塗りなおしの効かない水彩画は油絵と違っては最初の制作計画がとても大切なのだ。 先に述べたようにこの聖堂のファサードはとんでもなく複雑だ。無数の尖塔を、見たままに、いつものようにペンと水彩で描き切るか?(私の風景画の描き方に興味ある方はこちらを→)あるいは思い切って省略し、面の変化と形だけの表現とするか? 当然前者は相当の時間と根気が必要だ。さらにいつもならペンの線も多少の失敗は何とでもなるという気で描くのだが、これだけ線が複雑に絡む建物はさすがに慎重さを要する。 悩んだ末、結論はいつも通り「ペンと水彩で見たままを描く」だ。せっかくイタリアまで来たのだから、とことん自分の描き方で・・・と思ったからだ。 私が旅先で使用するスケッチブックのサイズは通常F0、SM(サムホール)、6号の三種類(その理由はこちら→)だが、今回はもちろん6号だ。大きめのサイズでないとあのディテールは描ききれない。 いつものように下書きをせず、いきなりペンで描いた・・・と言いたいところだが、さすがに今回は鉛筆で軽くあたりを採っている。と言ってもあまり細かく鉛筆で下書きしていてはそれだけで時間を採られてしまう。 だから、建物全体の縦横のサイズ、屋根の勾配比率、目立つ尖塔の位置と間隔だけをチェックすることにした。おおまかな鉛筆の線を頼りにその間にある尖塔や装飾は、誤解を恐れずに言うと、「上から、目に入る順番に」描いていく。 本来、スケッチの基本は「全体から細部へ」なのだが、これだけ「細部」が多いと「全体」と「細部」を行き来するだけで時間がかかってしまうからだ。 もちろん各パーツの位置は透視図法に従って矛盾の無い位置に描くことは必要である。ただこれもあまり図法にこだわって分割線を何本も引いているとこの無数の垂直線、どれがどこにあるかわからなくなり、やはり時間をロスしてしまう。(透視図法を使った建物の描き方はこちら→) だからある程度のガイドラインがあれば、思い切って(対象をよく見ながら)直感で位置決めをする勇気も必要だ。 それでもペン描きだけで2時間半以上はかかったかもしれない。気が付いたらすでに日が傾いていた。 […]

[…] P.S.私の描く水彩画についてもっと知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。ペンと水彩で描く風景画の魅力とは?鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!ペンと水彩で描く風景画の制作プロセスを公開!スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしいスケッチ旅行に必要な道具とはここを描きたい日本の風景! […]

[…]  街路の隙間から立ち上がる尖塔はイエズス教会だ。雨合羽を着込み、手早くペンを走らせる。透視図法を知っていると実はこのような風景をスケッチするのはそれほどむつかしくない。この構図の描き方を別な記事(詳細はこちら→)にまとめているので参考にしてほしい。 ちなみにイエズス教会の内部見学は無料。見たかったが、この日の私のスケジュールは例によって殺人的なので諦めざるを得ない。地図を片手にさっそく次の目標に向かった。 […]

[…] P.S. その他、私の水彩画の基本技法を以下に記しておく。興味ある方は参考にしてほしい。■透明水彩絵具の基礎技法については「水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!(詳細はこちら→)」■ペンで建物を描く秘訣は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)」 […]

[…] P.S.私の描く水彩画について下記に基本的な記事をまとめている。参考にしてほしい。■ペンと透明水彩を使う本格的な風景画の描き方は「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは」を参照。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい■スケッチ旅行に必要な道具とは■ここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.S.私の描く水彩画について下記に基本的な記事をまとめている。参考にしてほしい。■ペンと透明水彩を使う本格的な風景画の描き方は「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは」を参照。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい■スケッチ旅行に必要な道具とは■ここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.S.私の描く水彩画について下記に基本的な記事をまとめている。参考にしてほしい。■ペンと透明水彩を使う本格的な風景画の描き方は「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは」を参照。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい■スケッチ旅行に必要な道具とは■ここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.S.今回は水彩で描く風景画のいわば「中級編」だった。本文でリンクを張った記事以外に、もっと基礎的なことが知りたい方は下記に記事をまとめている。参考にしてほしい。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい■スケッチ旅行に必要な道具とは■ここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.P.S.今回は水彩の「基礎編」だった。本文でリンクを張った記事以外に、もっと詳しいことが知りたい方は下記に記事をまとめているので参考にしてほしい。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。スケッチ旅行のノウハウを知りたい方は下記の2つの記事を参考にしてほしい■スケッチ旅行に必要な道具とは■ここを描きたい日本の風景! […]

[…] P.S.今回はスケッチ旅の様子を記事にしたが、「肝心の水彩画はどうやって描くの?」と思っている人は以下に制作編をまとめているので参考にしてほしい。■ペンと透明水彩を使う本格的な風景画の描き方は「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは」を参照。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。 […]

[…] P.S.今回はスケッチ旅の様子を記事にしたが、「肝心の水彩画はどうやって描くの?」と思っている人は以下に制作編をまとめているので参考にしてほしい。■ペンと透明水彩を使う本格的な風景画の描き方は「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは」を参照。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方(詳細はこちら→)を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!(詳細はこちら→)」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂(詳細はこちら→)」を参照。 […]

[…] P.P.S.今回はスケッチ旅の様子を記事にしたが、「肝心の水彩画はどうやって描くの?」と思っている人は以下に制作編をまとめているので参考にしてほしい。■ペンと透明水彩を使う本格的な風景画の描き方は「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは」を参照。■透明水彩の基本を知りたい方は「色塗りの基礎的技法」を参照。■建物を描くための透視図法のコツを知りたい方は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方→」を参照。■透明水彩の正しい着彩手順を知りたい方は「何故上達しない?知っておきたい水彩画の正しい着彩手順!→」を参照。■ペンと透明水彩による風景画の制作プロセスを具体的に知りたい方は「ペンと水彩で描くミラノ大聖堂→」を参照。 […]

[…]  茅葺き屋根の両端位置を決め、取り合う壁の縦ラインを引けばほぼ構図は決まりだ。後は各ラインのプロポーションを見てパーツを分割していくだけだ。(分割の要領については「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方→」を参照してほしい。) […]

[…] 一点透視(④図)、二点透視(⑤図)を使った風景画はやや敷居が高いが、構図を決め、目のレベルとなる水平線を引き、建物の軒の基準線を透視図法で引き、それを正しいプロポーションで割り込んでゆけばいい。詳細は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方→」を参照にしてほしい。 […]

[…] ■カテゴリ「スケッチの旅日本編→」■「スケッチ旅行に必要な道具とは→」■「ここを描きたい日本の風景!→■「水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!→」■「建物のある風景の描き方→」■「下書きはいらない!建物のある風景をペンで描く→」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください