水彩紙が風邪をひいた!どうする? ベルガモのスケッチより

 二度目のイタリアスケッチ旅でのことだった。いつものようにいつも使っていたラングトンの0号スケッチブックをスーツケースに入れた。
 冒頭の絵はそのスケッチブックでベルガモの寺院を描いたものだ。実はその年は帰国後すぐ個展の準備をしなければならず、このスケッチは着彩しないまま本棚で眠っていた。

日常的にSM(サムホール)や6号のスケッチブックは結構頻繁に取り出し、それなりに目が行き届くのだが0号の絵は個展にあまり使わなかったこともあり、再びこのスケッチブックを開いたときはペン描きから一年以上経過していた。
 それがいけなかったらしい。続きを描こうと、まず水彩紙全面に水を含ませた。すると水分の吸い込み方が尋常ではない。
 あっと言う間に紙の奥に入り込む。それだけならまだいいが、吸ったところが薄黒く茶色に変色するのだ。そういわゆる「水彩紙が風邪をひいた」のだ。
 理由は水彩紙の表面に塗ってある滲み防止加工剤(サイジング剤)がダメになったからで、湿気があるとその劣化が早いと言う。(水彩紙に関する詳細はこちら→)
 それまでも長く使っていたスケッチブックは端の方が同じような状況になるのを経験していたが、こんなに全面的に、風邪をひく状態を目にしたのははじめての経験だった。
 筆で水を引くと、瞬時にそこが、まだらに黒っぽくなる。とても透明水彩で描ける作品にはならないと、一時は諦めかけた。
 しかしせっかくイタリア、ベルガモまで行って描いたスケッチ。しかもこの絵は小さいとは言え、現地で下書きをせずいきなりペンで描いているところを多くの観光客から褒めてもらった、少しばかりお気に入りの絵なのだ。

 そこで開き直ってこの無節操な滲みを利用して作品にしてやろうと考えた。ここからはその苦労談である。
 よく考えればイタリアの建築の材料である石、テラコッタ、漆喰、レンガなどは案外暗く滲んでもそれなりにらしい表現になるのではないかと。
 そこでまず、画面左上の一番明るい壁の部分を恐る恐る塗ってみた。石の目地に合わせてとか、もう少し鮮やかになどと言う芸当は一切できない。
 だがムラだらけのくすんだ黄赤の色は石肌としてはそれなりに使えるようだ。
 筆のエッジを効かせた塗りはできないので、ひたすら明るい壁から暗い壁にグラデーションになるように滲ませてゆく。
 少しでも濃い色を入れると、極端に黒くなるので、影部分は薄いサップグリーンやヴァイオレットをそっと落とす。その繰り返しでなんとか画面全体に色を置いてみた。
 石壁部分はなんとか絵になるが、アーチやドーム、列柱周りがぼけて絵にならない。
 やはりダメかと諦めかけたが、幸いそれらの部分は濃い色は置いていない。色鉛筆なら水を使わないので、シャープな形を保ったまま色が塗れるのではないか。アーチで試してみると、なんとかなりそうだ。
どうせ色鉛筆を使うなら、水彩には出しにくい彩度の高い色を使おうとあちこち手を入れた。
そうして完成したのがこの絵である。

会心の作とは言えない。「せっかく描いたスケッチは、絶対に作品にする!」・・・技術ではなく、気合が生んだ作品である。

P.S
 同じように、風邪引き紙の作品を仕上げたいと思っている方へ。
ここで述べた私と同じ手法がどの作品にも使えるとは思っていない。特に淡い色の混色は全く自由にならない。
 実はこの絵を見たある人に「夕焼けですか」と聞かれたが、そうではない。ごく薄い空色を塗っても赤茶色に沈んだ色になってしまうからなのだ。
 そこで調べてみると、ホルベインからマルチサイジング液という製品が出ている。これを表面に塗り乾かして使えば、ちゃんと水彩紙として使えるらしい。試してみたらいかがだろう。
 なお、これに懲りて、最近はすべての水彩紙は乾燥剤とともに百円均一店で売っている密封袋に入れている。こちらも試してみることをお薦めする。

P.P.S.
今回は色彩についての記事であるが、実はこの絵を現地でスケッチしていると、観光客が口々にほめてくれた。どうやら下書きなしでいきなりペンで描いているのが珍しいようだ。そんな私の建物の描き方について興味のある人は、別に記事を書いたので参考にしてほしい(詳細はこちら→

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください