ペンと水彩で描く古都シエナ

 イタリアの古都シエナはフィレンツェから電車で1時間ほどの距離にある。フィレンツェほど大きくはないが町全体が中世の姿をそっくりそのまま留めている。

だから町の見所、描きどころは山ほどあると言っていい。と言っても、この日も相変わらずの弾丸スケッチツアー。
 だから描く場所は事前に調べていた、カンポ広場とシエナ大聖堂と決めていた。最初に訪れたのはご覧のシエナ大聖堂。
 ところがしばらく描いているとご覧のように空が黒い雲に覆われて、雨が降り出した。しばらく雨宿りしていたが、結局その後も、雨は止まず、シエナ大聖堂を描くのは断念せざるを得なかった。
 いや実はカンポ広場も同様だった。マンジャの塔を有するピアッツァ・カンポを描くつもりだったが、広場には雨を避ける場所もない。
 広場の周辺は店舗に雨宿りを兼ねて押し寄せた観光客が殺到し、とても絵が描ける状態でない。結局、通りの端により、軒の出のある建物の下で雨を避け、しかも絵になるいい構図を探さねばならない。

 傘をさして、一体どれだけ街中を歩き回っただろうか。
 見つけた。薄暗いの路地の先にマンジャの塔がそびえ建つ。冒頭のシーンだ。
しかしこの時、正直言えば、傘をさしていたとは言え、すでに体は雨に濡れて疲れ果てていた。

 とても大きなスケッチブックを広げる気にならない。そうして描いたのが0号の一番小さなスケッチブックの一枚、この絵である。
 ご覧の様に道幅は極端に狭い。あまりに狭く、横を通る観光客も多いので、スケッチの必須道具である折り畳み椅子を広げるのも憚られた。(スケッチ旅行に必要な道具とはを参照)
 疲れている上に、立ったままスケッチする羽目になったので、描いたのは最小限の線だけ。だから現地でスケッチした時間は20分もかからなかったのではなかろうか。

 そしてこの彩色は帰国後のものだ。以前ベルガモの聖堂を描いた時に「風邪引き水彩紙」の処理法について描いた。(「水彩紙が風邪をひいた!どうする? ベルガモのスケッチより→」を参照)
 実はこの絵も同じスケッチブックの絵だったので、一抹の不安があった。そしていざ塗ってみたら不安は的中、やはり水彩紙が風邪をひいていた。
 だが幸い、前回の経験がある。にじみの範囲はまったくコントロールできない。水と紙任せだ。
 しかし古い石壁の風化具合はその偶然に任せて描くと実にいい味が出るのだ。ただしすぐ沈んだ暗い色調が広がってしまうので、明るめの壁の反射光部分は一気に塗ってはいけない。慎重に少しづつ、絵具を滴らしていくのだ。
 それなりに壁は仕上がってきた。
 問題はマンジャの塔の部分だ。路地の闇と対照的な明るい塔を細くためには、微妙なペンの線をはみ出ないように正確に絵具を塗りこむ必要がある。しかい風邪ひき水彩紙の上では、どんなに細い高級な筆を使おうが不可能なのだ。
 だからこの部分は普段使ったことのない色鉛筆を使っている。苦し紛れではあるが、最後まで風邪引き水彩紙の始末をつけるには、手段は選んではいられない。
でも実はこんな苦労は保存がわるいからだという・

皆さん、水彩紙の保存はくれぐれも慎重に!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください