顔と手のデッサン、おすすめの教本は?

 あなたは人物デッサンの基本となる顔の描き方、基本の比例関係を知っているだろうか?

 カルチャーセンターの中には案外「個性重視」で本人の好きなように描かせて何も教えないところもあると聞く。あるいは親切な講師がいるところは、以下のような基本くらいは教えてくれるだろう。

「まず顔を小さい方を下にした卵として描く。目は頭のてっぺんと顎下の中央線上にある。目の上の眉を目との関係で決めたら、眉と顎下端の半分の位置が鼻の下である。」

 しかし人物画は難しい。上の理屈を覚えている程度ではうまく描けない。
 風景画なら余程、遠近法の理屈(「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方→」を参照)を無視しない限り、デッサンの狂いを指摘されることも、酷評される事もない。しかし人物画は目、口、鼻、耳の位置と顔の大きさの基本比率を間違えると、モデルに似る似ない以前に、人の顔に見えなくなってしまう。

 しかも、厄介なことに、この「基本比率」はどうやら素人にもわかるらしい。絵を描いたことの無い人にも「おかしい」ことだけは指摘できるのだ。本当に人間の目は不思議だと思う。

 先に書いた「目が頭の半分の位置にある・・・」というルールは正しい。私も長い間これを頼りにデッサンをしていた。だがこのルールはあくまで人間の顔を正面から見た時にのみ通用する。

 だから顔を傾けたりすると途端に適用しにくくなる。例えば斜め上を見た人を考えよう。2つの目は卵形の円形ラインに沿って、並ぶことになるが、もともと人間の顔と卵とは膨らみ方が違うので、もはや目があった水平ラインは何の役にも立たない。

 しかも首の付け根や、あごの形や耳のつき方は卵を想定して基本比率を想定していてはたぶん描けない。だから結局、最後は「モデルをよく見て描きなさい」ということになる。

 モデルが優秀で動かない人ならば「よく見て」描けるが、基本のできていないモデルを描くと悲惨だ。最初に顔を描き、デッサンが全部終わる頃には顔の向きが最初とまるで変っていたりする。基本比率が通用しない角度の位置で描いていると、どこを修正したら良いかわからなくなる。

 だからモデルが多少動いても、正確な顔が描ける方法、手順はないかと探りたくなる。実はそれを教えてくれる本がある。 冒頭に写真を掲げた、A・ルーミス著「やさしい顔と手の描き方」だ。

 出版は1977年と記載されている。随分と昔の本だが、今でもAmazonで在庫を気にすることなく手に入る。余程人気があるのだろう。

 私も読んでみた。図解が必要なので、詳しい解説は避けるが、今まで覚えていた方法と違う点は2つある。一つは顔のデッサンで最初のガイドラインになるのが目ではなく眉だということ。もう一つは頭の外径は卵形ではなく球形の両サイドカット型に顔の平面をくっつけた形だということ。

 著者はこの理論を人間の頭蓋骨から導いたという。この方法の一番良い点は顔の基本比率が正面から見たときだけでなく、立体として詳細に理論を展開できることだ。

 もちろん練習が必要なのだが、彼の理論を突き詰めれば、どんな角度の顔も自由自在に描けるという。私もその理論を現在習得中だ。ただ頭をサイドをカットした球と捉える感覚がまだ身についていない。

 私の場合、顎下の位置を決めたときに、頭の球体を実際より小さく描きがちで、結果的に眉と目の位置が上がり過ぎ、面長の顔になる傾向にあるようだ。
 この失敗については「顔のデッサン3つの教訓!なぜ似ない?→」を参照してほしい。

 そんな注意点はあるものの、解剖学を前提にかかれているだけあって、本の内容全般にとても説得力がある。

 もし今から、顔の基本的な比率について知りたい、何か本で勉強したいと思う人がいるなら、是非この「やさしい顔と手の描き方」を読んで欲しい。きっと役に立つはずだ。

P.S.
今回は顔のデッサンをするときの本について書いたが、人物画の描き方については以下の記事を書いている。参考にしてほしい。
素描をデッサンだけで終わらせない!私の人物画作法とは→
顔のデッサン、5つの勘違い→
顔のデッサン3つの教訓!なぜ似ない?→
私の人物画が売れた訳→
手のデッサンはむつかしい?→
透明水彩で描く人物画 デッサン編→
忘れがちな人物デッサンのコツ→
人物クロッキーの道具と描き方→

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください