私の人物画が売れた訳は・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 周りの人に「あなたが一番好きな絵は?」と問いかけてほしい。かなりの確率で画家は「フェルメール」「ルノワール」「ダヴィンチ」「マネ」、モティーフはそれぞれの有名な「女性像」が出てくるのではないだろうか。
先に書いたように「風景画」を描くべき私がいまだに女性像を描いているのはその人たちの感性ときっと同じだ。
 中学生のころ、私が初めて油絵に興味を持ったのは、美術の教科書に載っていたルノワールの「イレーヌ・カン・ダンヴェール嬢の肖像」を見たからだ。こんな可愛い女性の絵を自分の手で描けたらいいなと思ったのだ。だが当時田舎の中学生が油絵を描くなどという雰囲気もチャンスもなく、平凡な中学生活を送っていた。
  そんな時教師をしながら油絵を描いていた伯父が私に油絵をやってみないかと勧めてくれた。折しも夏休み。時間はある。しかも「自由研究」とすれば宿題も済ませられる。絵具やパレット、筆の使い方、油の使い方などを一通り習い、さっそく描き始めることにした。さて何を描くか?本当は「イレーヌ嬢の肖像」のような女性像を描きたかったのだが、思春期の恥ずかしがりやだった私はそんなことは口に出せず、でもとにかく人物画が描きたかったので、結局モデルの要らない「自画像」を描くことにしたのだ。
  初めての経験であったにもかかわらず、自分では傑作ができたと感じていた。それを心優しい伯父にみせると、「なかなかいいね。でもここをこうするともっとね、・・・・色も、もうちょっと・・・」などとあちこち手を入れ始め、終了したときは完全に別の絵になっていた。
その時以来、今に至るまで、いつか私なりの「イレーヌ嬢の肖像」を描いてやるぞというこだわりが今に至るまで続いているというわけだ。

 さて、そんな訳で今一つ人気が出なくとも、延々と人物画をブログにアップし続けていたが異変が起きた。何と私の「人物画」が売れたのだ。二度目の個展に出品した作品、タイトル「山紫水明」というチャイナドレスを着た女性の絵だ。
 確かにこの時この絵は非常に評判が良かった。この時の来場者のコメントを総合するとどうやら絵が売れた理由は4つあるようだ。
①デッサン、色使いなど技術に基本的な破綻がないこと
②ポーズや表情も含め魅力的な女性であること
③絵の背景と人物に明確な関連があること
④落ち着いた独特の色調であること
  ①は以前にも述べたように、「継続は力なり」ということの裏返しだ。本人の努力で何とかなる一方で②はモデルさんの技量と器量による。だからと言って「当たり前」と済まさないほうがいい。何人もの婦人像を描いているとわかるのだが、一つのポーズで同じ姿勢が取れないという基本ができていないモデルさんが実に多いのだ。まして、いい表情が作れるモデルさんは貴重だ。売れる人物画はいいモデルさん無しには絶対にできないと思っている。
 ③は背景をどうするかということ。初心者は背景を最後に塗る人が多い。それでは背景と人物が別のものになってしまう。「イレーヌ嬢」は深い森の中にいるような幻想的な背景。きっと妖精のような少女にふさわしい背景をルノワールは必死に考えたに違いない。その点この時のモデルには「チャイナドレス」という強烈なイメージがある。だから背景には中国の森、川、建物のイメージを合成して描きこんだ。
 そして次の④は実はこの頃から意図的に取り組んでいたものだ。通常水彩画は鉛筆の線をあまり残さない。なぜかというと、水彩画の特徴である淡い、「にじみ」や「ぼかし」のテクニックを殺してしまいかねないからだ。私はその常識に逆らって敢えて鉛筆の線を重ねてできる面の上に水彩絵の具を重ねることにしている。だから本来ならチャイナドレスの赤はもっと鮮やかに見せられるのに、私の場合は敢えてグレーのグラデーションの中で赤を見せている。だから画面全体は落ち着いた色調になるのだ。
人物画を好きな人は多い。でも有名な画家が必ず描くモティーフでもある。それだけにプロの描く人物画は自分だけの描き方を探すことが大切だと思っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください