印象派の絵画に見る女性像

マネ:すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ

 「日本で一番人気があるのは印象派の絵画」かつては美術館の企画担当者は口を揃えてこういったという。
 もちろん私も大好きだ。私が人物画というジャンルの芸術を知ったのは、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」を知ったから(エピソードはこちら→)であるが、自分で人物画を描きたいと思ったのは印象派、ルノワールの「イレーヌ・カーン・ダーンヴェール嬢の肖像」を知ったからだ(エピソードはこちら→)。
 そしてこのブログのトップページで私の絵描きとしての活動の一つに「魅力的な女性像を描く」ことを挙げているのもその時の感動がきっかけになっている。
 もっとも「イレーヌ嬢」の肖像は私が描こうとしている「女性像」というには幼すぎる。ならば大人の女性像をほかのルノワールの絵や同じく印象派のモネ、ゴッホ、シスレーなどの絵から探そうとしても、私の望むイメージとはちょっと違う。
 というのは一般的に印象派の絵画は大胆な筆のタッチを残すものが多く、女性の肌を描くには私にはやや不適当に思える。何より絵の主役は女性の表情ではなく肌を照らす明るい光になっている。
 「イレーヌ嬢」以外のルノワールの女性像、例えば有名な「陽を浴びる裸婦」やモネの「日傘の女」などはその好例である。
 だから私は恐れ多いことに「印象派に見るべき女性像の絵画はない」などと思っていたのだ。それは学生時代以来再び頻繁に絵を描くようになってからも相変わらず印象派絵画は私にとって疎遠な芸術だった。

 私のその偏見を取り払ってくれたのは、やはり、日本に、それも珍しく神戸に巡回されてやってきた人気の「印象派展」の中の一枚の絵だった。
 その絵とは冒頭に掲げたマネの「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」だ。実はこの絵、教科書で見たのか、雑誌だったのか覚えていないが、とにかくその年になるまで知らなかったというわけではない。
 ただ、「イレーヌ嬢の肖像」ほど感動したわけでなく、「なんだか黒っぽい女性像だな」という印象しかなかった。
 特に透明水彩画を描くようになってからは、「黒」の絵具については水彩画の透明感を損なうもの(詳細記事はこちら→)としてしか感じていなかったので、よけいに共感を覚えなかったのだと思う。

 ところが実物を見ると私の思い込みとは全く違っていた。いわば「諸悪の根源」とまで嫌っていた「黒」はマネの手にかかると上品でクラシカルな装いの女性の美貌を引立てる、魅惑の色だった。
黒い服に包まれたモリゾの活動的で知的な表情、その瞳は私を虜にした。しばし立ち止まり、その絵を見つめ続けた。どのくらいそこに立ち続けたか覚えていない。
 調べてみると、ベルト・モリゾは裕福な家の出身で、絵を習っていたという。私の想像通り「上品、活動的で知的な」女性であったことは想像に難くない。そしてその後、マネと知り合い、彼から絵を習い、印象派の画家としてデビュー。
 そしてマネの弟と結婚した。まさに「印象派の女性像」その名の通りの人生を送ったのだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください