素描をデッサンだけで終わらせない!私の人物画作法とは。

素描って何?

 「素描」を「大辞林」で調べると「鉛筆や木炭などの単色の線で物の形を表した絵。本来は創作の予備的な下絵として描かれた。また、彩画と対比されることもある。デッサン。」

 つまり素描=デッサンを一生懸命練習しても、どうやらそれは将来描く本作(彩画)のために捨てられる運命にあるものらしい。
 上図はアングルの作品「ベルヴェーズ・フーロンの肖像」だ。1981年アングル展が初めて日本にやってきた時の展示会カタログからの抜粋だ。(そのカタログはアングルファンであった私の宝物だ)左は油彩画、右は鉛筆デッサン。まさに下図として描いたもののようだ。
 だが、この定義は大作家、一部の職業画家に対してあてはまるものの、大部分の初心者を含む絵描きにとっては、モノクロのデッサンもできれば作品として飾りたいはずだ。

風景のデッサンを作品にする方法は?

 だから私は風景のデッサンについてはペンと水彩による作品作りを心掛けている(詳細はこちら→

ペンによる人物のデッサンは作品になるか?

 もちろん人物デッサンでもペンの線を活かして水彩画の作品にならないかと試行錯誤してみた。

 左はクロッキー帳にペンで人物デッサンしたもの。自分では悪くないと思っている。絵になりそうだ。だがクロッキー帳に水彩絵具は塗れない。そう思って水彩紙にペンで人物デッサンし、着色したのが右の絵だ。
 イラストとしてはまあまあか。しかし残念ながら、私は気に入らなかった。何故なら着彩したとたん、ペンの線が水彩の淡い色に対して相対的に強くなりすぎるからだ。水彩絵具を塗った顔の表情も光と影もほとんど鑑賞者に意識されなくなってしまうのだ。
 そう悟って以来、「イラスト」と割り切る場合を除き、ペンで描いた人物画を彩色して作品にしようとする試みはやめてしまった。

鉛筆による人物デッサンを作品にする方法とは?

 ならば鉛筆デッサンに彩色を施して、作品にすれば良いと思うだろう。事実過去の大作家にもそれらしき作品はある。

浅井忠「待合室」

 例えば浅井忠の鉛筆の線を残した人物画がある(上図)。だがよく見ると、それらは色数も少なく、大きさも小さめだ。やはり彩色画の下絵または単なる記録、挿し絵、イラストの類に見える。本人も「作品」としてはみていなかったのではなかろうか。
 その理由は、おそらく風景画の時は画面のアクセントになり得たデッサンの線が人物を描くときには邪魔になるからだろう。だから今でも、特に透明水彩の世界では人物画の鉛筆線は残さない手法が主流なのだ。

 私のこの悩みを解決してくれたきっかけは、全くの偶然から起きた。それは私がモデルを求めて通っていた、人物画教室のプログラムの変更だ。
 それまではモデルさんのポーズは20分×4回。休憩時間を含んで2時間で完成させなければならなかった。
 だから鉛筆の下絵に使う時間はせいぜい30分程度しか取れない。着彩に時間をかけたければ、鉛筆デッサンにかける時間はさらに短かくなり、どうしても人物の輪郭線だけを拾うようになる。
 左の絵の鉛筆のデッサンはせいぜい20分、右はそれなりに時間をかけたが、それでも40分程度だったと思う。そのあと水彩で着彩したがいずれも基本的には輪郭線として使用しており水彩作品とは言い難い。

私の人物画から「線」が消えた!?

 ところがある時から、1日20分×4回を2日に渡って描くことになったのだ。そうすると事情は変わる。
 元々デッサン好き(私のデッサンへの想いについてはこちら→)、特に鉛筆の線が醸し出すグレーの色調に惹かれていた私は、最初の4回を気がつくと鉛筆デッサンだけにあてていた。そしていつのまにか輪郭線にこだわらず、画面全体を鉛筆のグレーの階調で表現するようになっていたのだ。
 こうして私の人物画から「線」が消えた。つまり鉛筆は下書きでなく、下塗りになったのだ。そして私の描く人物画は鉛筆によるグレーの下塗りに透明水彩で彩色して仕上げるという手法をとるようになったというわけだ。
 それなら、ただ鉛筆デッサンの上に水彩を塗ればいいのか?というと実はそれほど単純ではない。
 そもそも「鉛筆デッサン入門」の教本や、インターネットの「デッサン教室」を覗いても、内容にはかなりばらつきがある。
 とある教本によれば、最初に紙を痛めない2B程度であたりを取り、次に濃い部分を4Bで描き明暗の基準を固める。そして2Hから2Bで中間の色を描いてゆき、最後に明るい部分を3Hで描き込む。
 あるいは別のネットのデッサン教室では最初から最後まで6Bを使い、濃い薄いは筆圧と芯の角度のみで調整する。影は綿棒でぼかし、一番濃い影は、最後に入れるなどと描いてある。
 描く順序を見てみると、全体を少しずつバランスをとりながら描くという正論の他に、まず大事な部分を最適の明暗バランスで描き、その階調を全体に広げるという指導もあった。
 これらを見る限り、どうやら正解というものはなさそうだが、ばらつく原因は同じ鉛筆デッサンを描いていてもその目的が違うからだと思う。
 目的とは多分以下の4つに分けられそうだ。
①練習
②彩色の下絵
③販売用鉛筆画(似顔絵)
④水彩画の下塗り
 順番に説明しよう。
①純粋に「練習」用デッサンは結果としての出来栄えよりも、対象を正確に観察することを目的とする。したがって明度については特に忠実に、暗い部分は相当に濃い鉛筆で表現することになる。
②彩色の「下絵」の場合は、当たりをとることが中心で輪郭線の正確さが要求される。光の位置とバランスは計画するが、明度表現は絵具に委ねる。
③「販売用鉛筆画」の場合はまずスピードが要求される。したがって濃い鉛筆の強弱とぼかしが中心となる。対象の表情を綺麗に仕上げる必要があるので、明るい面にはほとんど鉛筆線を入れない一方でポイントとなる目や口元は濃い鉛筆で魅力を強調する。
④「水彩画の下塗り」。これが私の使う鉛筆デッサンだ。敢えて「塗り」と記したのは、鉛筆の線を無数に重ね、グレー色の面を作ることで透明水彩の下塗りとするためだ。
 この「水彩画の下塗り」デッサンはもちろん基本の素描の定義に対して何ら変わるところはない。
 ただし私の人物画作法における「透明水彩の下塗り」とするために注意すべき点がいくつかある。それを記しておこう。

私の人物画作法とは? 道具編

①鉛筆
・種類と濃さ
 4HからH、HB、F、Bから4Bまで合計10本を準備する。あまり安い鉛筆は水彩紙の凹凸に紙に引っかかって紙を傷める。
 ステッドラーなど輸入高級品もあるが、私は三菱ハイユニを使っており、十分満足している。鉛筆画を専門とする画家は6Bくらいまでの鉛筆を揃えるらしいが、あまり濃いものはその後、透明水彩を載せても色味が見えなくなるので、4Bで十分だろう。
・使い方
 鉛筆削りは使用せず、ナイフで削ろう。なぜかと言うと先端を徹底的に細くする必要があるからだ。
 先に「線ではなく面を表現する」ために鉛筆を使うと書いた。なんとなく先端が丸まったまま描く方が、面を表現しやすいと思うかもしれないが、そうではない。
 先を丸くした鉛筆の線は紙に定着しにくいせいなのか、後で水彩色を塗ったときに、鉛筆の粉が画面を汚すのだ。
②練りゴム
 消しゴムはダメ。理由は二つある。まず消しゴムは紙を傷める可能性がある。そしてこちらの方がより重要なのだが、練りゴムは消すのではなく、鉛筆の黒に対して、白い線を引くために使う。
 手の中で練りゴムの形状を変えれば、自由な太さの白い線が引ける。消しゴムはそれができない。線の消え方は消しゴムの接触面にできる偶然に任せるしかないからだ。
③紙
 素描、デッサンと割り切れば、安く薄い紙で良い。しかし今は水彩の作品として仕上げることを考える。後に透明水彩を施すことを考えると、表面の強さは最高級のものがいい。
 やはりアルシュシ紙は最高だ。私は少しコストを抑えるために、ファブリアーノ紙、アヴァロン紙も使っている。以前は安くて丈夫なラングトン(パルプ100%)を使っていたが、やはり何度も鉛筆と水彩を重ねると、表面が傷んで最後は毛羽立ち、美しい色が発色せず、不規則に滲んで黒ずんでくるようだ。(水彩紙についての詳細はこちら→

私の人物画作法とは? 全体構成編(重要!)

 上図3枚はトップページにある人物画作品3枚の下塗りとなった鉛筆デッサンだ。ただし通常の鉛筆デッサンの練習と違い一工夫必要だ。何故なら、石膏像のデッサンをするときは、光の当たり方だけを考えて鉛筆を使えば良い。だが後から水彩を施すことを考えると、光のバランスと同時に各所の素材の色のバランスを考える必要があるのだ。
 具体的に説明しよう。私はモデルさんの肌の色、顔の角度と光の方向、服装の色、背景の色を総合的に判断してパーツ毎に使う鉛筆を大まかに決めている。
 例えば、人物の肌色を3H、服をH、髪を2Bと決めるのだ。すると、肌の明るい部分は4H、暗い部分は2H、服の明るい部分は2H、暗い部分はF、髪の毛の明るい部分はB、濃い部分は3Bとそれぞれ3段階の破綻のない明度設定ができる。
 こうすると初心者の鉛筆デッサンにありがちな明度の破綻がない。一生懸命顔の影を描いていると、いつに間にか顔に髪の毛より濃い部分ができてしまうというようなことは避けられるのだ。
 背景も同様だ。仮にHBを基本としておけば、髪の2Bよりも明るく肌の3Hよりも濃い。人物と背景が同じ暗さで混じってしまうということが避けられるのだ。
 さらに、私の経験上のコツを言えば、練習用の鉛筆デッサンと比べるとやや暗部を明るめにしておく方が良い。上に透明水彩を重ねたとき、鉛筆が濃すぎると美しい色味が見えなくなってしまうからだ。
 一方で画面の色調を落ち着いたグレー色に保とうとすると、顔の明るい部分にも薄い鉛筆の線が被さっていたほうがいい。私はいわゆる紙の白地を残すのは人物の鼻の頭のハイライト部分だけだ。
 この方法で制作した鉛筆デッサンならばその上に肌色、服の色、背景の壁色など素材色を重ねるだけでも、それなりに立派な人物画として作品になるはずだ。
 デッサンの練習しながら額に入れて飾れる作品が出来上がる・・・初心者にとってこれほど有用な方法は無いだろう。是非試してほしい。

P.S.
今回は人物画の基本のプロセスについて描いた。当然その先が知りたいだろう。下記のように、いくつか記事を書いているので興味ある方は参照して欲しい。
・色塗りの基礎的な技法(詳細はこちら→
・透明水彩のための鉛筆による人物デッサンの具体的なプロセスと注意点(詳細はこちら→
・忘れがちな人物デッサンのコツ(詳細はこちら→
・顔のデッサン練習中!?知っておきたい5つの勘違い。(詳細はこちら→
・顔のデッサン3つの教訓!なぜ似ない?(詳細はこちら→
・手のデッサンをするときの注意事項 (詳細はこちら→

P.P.S.
 当然ながら、人物画は奥が深い。下塗りができただけで、魅力的な絵とはならない。特に透明水彩は下の鉛筆によるグレー色の生かし方でその後の効果は大きく変わる。最後のコメント文で「それなりに立派な人物画」と書いたのはさらに着彩の出来映えによって魅力が増すことを期待しているからだ。
 実を言えば私自身、一作ごとにテーマに合わせ最適な透明水彩の美しさを活かす新たなを工夫している。
 トップページで募集しようとしている「美緑空間アートギャラリー」のメンバーの皆さんにはその最新の結果を逐次お知らせしたいと思っている。
 また逆に皆さんが私の方法を試してみた結果を報告していただければさらに、中身は充実するだろう。是非メンバー登録をしてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください