世界遺産興福寺と東大寺を描く

 奈良の世界遺産「古都奈良の文化財」には、以下の8つの文化遺産が含まれる。東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城京跡である。

 この内、先に紹介した「平城京跡」(詳細はこちら→)にあるのは、同じ奈良の世界遺産でも、もはや人の住んでいない、言わば「廃墟の美」とでもいうもの。 
 それに対して、今回訪ねる興福寺と東大寺は今でも多くの参拝者が訪れる、現役の歴史文化遺産であり、私がブログのトップページに書いている「古き良き日本の風景を描く」のにふさわしい題材である。

 さてまずは興福寺だ。魅力的な建物が多くあるが一番描きたいのは、やはり五重塔だ。宮大工の方に話を聞いたことがある。建てるのが一番難しいのが「塔」建築だという。バランスを取るのが難しいのだ。
 この塔が建てられたのは室町時代。高度な測量機器も加工道具も重機もない時代に、高さ51メートルもある塔を建てた事実に感動せざるを得ない。間近に見る五重塔はスリムで巨大だ、棟梁の言う「難しい」が実感できる。

 だが、境内を出て隣にある猿沢の池から眺めるとその様相はガラリと変わる。土台の部分が木で覆われて程よく反り上がる屋根だけが樹々の上に浮いている・・・勇壮というよりむしろ、軽やかで優美な印象を受ける。
 奈良の観光用の絵葉書には必ずこの構図が含まれていると言っていい。選ばれるにはやはり誰もが認める魅力があるのだ。

興福寺で私がおすすめするもう一つの建物が「南円堂」だ。寺の南西端の入り口付近にあり、いつも参拝者で賑わっている。
 八角形の平面に急勾配の大屋根が載り、正面の入り口に唐破風がつく。とてもユニークなデザインで、絵になる建物だ。
 実は興福寺にはもう一つ対となる「北円堂」がある。そして「南円堂」は重要文化財、「北円堂」は国宝だ。
 その差の理由はわからない。おそらく建てられた時代や再建の有無などの判断があるのだろう。だがデザイン的に見ればこの南円堂の方が面白い。私は文句なく、こちらをスケッチしたが皆さんはどうだろうか。

 さていよいよ東大寺だ。ただし初めにお断りしておく。この寺は、例えば大仏殿は「世界最大の木造建築」であるとか、南大門は大仏様と呼ばれる特殊な様式で学術的な価値が高いとか、建物単体の記事を書き始めるとそれだけで何冊も本が必要になってしまうほどの文化遺産だ。
 そしてその解説や評価を記述するにはこのブログ「美緑(みりょく)空間」は相応しくない。だから私のコメントはあくまで、「絵描き」あるいは「絵の好きな人」向けのものであることをお断りしておく。

 私は小学校の修学旅行で初めてここを訪れた。おそらく日本人訪れたことのない人は一人もないに違いなく、その価値は今更いうまでもない。
 特に大仏殿は素晴らしい・・・が、回廊の内で大仏殿を見上げると、そこはもはや完全に純粋な宗教空間であり、あまり人間臭さを感じない。
 残念ながら私の描きたい「日本の風景」とはやや趣が異なる。だから何度もスケッチブックを開きかけたけれども、大仏殿は結局描かなかった。

 「風景画」を描くにはやはり背景に自然の風景があった方がいい。幸い東大寺は山ごと寺なので自然も豊かだ。
 山の中腹にある「法華堂(三月堂)」はその意味ではスケッチするにはふさわしい。建物は小ぶりで周囲の自然に溶け込んでいる。よく見ると、建物の右と左で屋根の形が違っている。ユニークなデザインだ。
 なお、個人的思い出としては中学の頃、法華堂といえば「日光月光菩薩」と「不空羂索観音像」と暗記した記憶がある。調べると現在は両仏像とも博物館に移設されており、このお堂では見られないそうだ。

 法華堂の隣にあるのが「お水取り」で有名な二月堂。こちらは法華堂と対照的に巨大な建築で、山をくり抜いて森にはめ込んだような形態だ。
 ダイナミックで絵を描くに言うことなしと周囲を歩き回ると、建物の西側の参道に絶好の写生ポイントがあった。
 起伏ある石垣と土塀が伸びる参道の先にちょうど二月堂の大屋根が視線を受け止めるように聳え立つ。最高の構図だ。あなたも是非ここで一枚描いたらいかがだろうか。

P.S.
 今回のような私の(きわめて個人的な)風景画お薦めガイド(詳細はこちら→)を記事にしている。今からスケッチに出かけようという人は除いて見てほしい。
 私の描いた水彩画は順次「加藤美稲作品集」(詳細はこちら→)に掲載してゆくつもりである。こちらも見てほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください