いにしえの都 平城京を描く

皆さんは日本にある世界遺産といえば誰もがまず京都、奈良を思い浮かべるのではなかろうか?
しかし京都はともかく、実は奈良は観光地としてはあまりメジャーではない。例えば、その昔JR西日本のヒットしたキャンペーン「三都物語」の三都とは京都、大阪、神戸で、奈良は入っていないのだ。
 つまり現実的に奈良は交通の便も悪いし、宿泊施設も貧弱なのだ。

 トップページに掲げたように、私の大切な活動の一つが「古き良き日本の風景を描く」ことであるにもかかわらず、奈良の風景を描く頻度が少なかったのはそんな事情があったからだ。
 しかし、2009年神戸から直行で奈良に行ける列車(阪神奈良線)が開通した。神戸人の私にとっては、かつてはJRと近鉄を乗り継ぎ、大回りでいかねばならなかったことを考えると、心理的距離はずいぶん近くなった。
 そこで今までの遅れを取り戻そうと、改めて奈良のスケッチ候補を調べてみた。
 すると私が意外なことに私がスケッチ先としてよく選ぶ「重要伝統的建造物群保存地区」は実は奈良の中心部には一つも無いということががわかった。
 東大寺、興福寺などは単体としては世界遺産であるが、歴史的な町並みとしては評価されていないのだ。
確かに現地を訪れたことがある人にはわかると思うが周囲は中途半端に開発されていて、変な土産物屋がひしめいていることがその原因なのだろう。

 さて改めて奈良の世界遺産を調べてみると正確には以下の3つがある。
①「法隆寺地域の仏教建造物」
②「紀伊山地の霊場と参詣道」
③「古都奈良の文化財」
 法隆寺と法起寺が①、熊野古道が②である。そして③にはさらに以下の8つの文化遺産が含まれる。東大寺や興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城京跡である。

 私の個人的な経験で申し訳ないが最初の東大寺、興福寺、春日大社は小学校の修学旅行で、残りも大半は大学時代に訪れたことがあった。おそらく旅行会社的に有名であり、行くべき価値ある順番だったのだと思う。
 そうして唯一行ったことがなかったのが「平城京跡」だった。本当は価値があったのかどうかわからない。しかし新しい列車の開通は私が古都奈良の8つめの世界遺産を目にするきっかけになったというわけだ。

 冒頭の写真にあるように、私が訪れたのは「秋」。見渡す限りの草原だ。正直言うとこれが世界「文化遺産」かと思った。本来なら、古都の人の往来をイメージする風景を描きたかった。だが今でも人が住む平安京とは違い、あまりに平城京は古すぎた。人の気配は無く、あるのは広大な発掘跡。文化の香りというよりは廃墟の虚しさが漂う。

しかも私が訪れた時、驚いたことに外人の剣士が剣道の型の稽古をしていた。実は私も剣道3段。ある程度のことは知っている。かなりの腕と見た。歴史遺産を背景に剣道とは。なんて魅力的な光景だろう。
 とは言っても、私の描きたいものは単なる草原や剣道家の演武ではない。平城京ならではの風景を描きたい。
 ポイントはやはり一面に広がる薄(すすき)野と平城京の建物だろう。

 幸い平城京跡には、いずれも現代の復元ではあるが奈良時代の様式の建物が、3つある。「朱雀門」「東院庭園」「大極殿」だ。
 このうち大極殿は上の写真を見てもわかるように、高さ27メートル、幅44メートルもある巨大な建築物だ。絵にするに不足は無い。

 私がこれだ!と想った構図は、すすき野の広がる広大な空間に大極殿が建つ。空には流れる雲。
「古(いにしえ)を偲ぶ」こんなタイトルの風景画を描いてみたらどうだろうか。

P.S.
私の描いた風景画は、少しずつ加藤美稲作品集に掲載している。是非覗いてみてほしい。私の心の内がわかってもらえるかもしれないと思っている。
私と同じように古き良き日本の風景を描きたくなった人は「ここが描きたい!日本の風景」を見てほしい。役に立つはずだ。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください