歴史の町 富田林を描く

 トップページに書いた私の絵描きとしての活動の一つ「古き良き日本の風景」を関西で描こうと思ったら、大抵の人は京都奈良を思い浮かべるだろう。実際のところ、私自身もこのブログでよく取り上げている、「重要伝統的建造物群保存地区」は大阪府には無いと思い込んでいた。

 だがある時、スケッチの場所を探すためにインターネット検索をしていると、大阪にも平成9年に「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された町があったことを知った。
 それが今日取り上げる「富田林市の寺内町」である。近鉄富田林駅から歩いて5分、交通の便も良い。
 比較的最近保存地区に指定された割には保存状態はとても良い。意匠は昔のままだが、材料はかなり新しい。町の再生にかなりコストをかけたようだ。例えば、都会に残る町並み保存地区は建物は保存、再生されているが、道路は街中によくある黒いアスファルト舗装のままというところが多い。
 だがこの町の道路は黒いアスファルト舗装ではなく、豆砂利仕上げの舗装であったり、同じアスファルト舗装でも骨材に白い石が使われているようだ。そして一部には花崗岩が敷いてある。さらに町の排水路となる側溝の蓋も石、あるいは玉砂利で処理されている。街角には花を生けたりする演出も心憎い。きちんと街全体でインフラの整備を考えているようだ。

 一般に商家町の場合は外壁は全て板張りであることが多い。統一感があって日本らしい風情があるのだが、絵を描く者から見ると、色彩的にはやや単調だ。
 それに対してここ富田林では、木の腰壁の上に漆喰または土壁というデザインが多い。だから腰壁の濃い茶褐色と上部の白のコントラストがとても美しい。絵描きとして大歓迎だ。もちろん虫籠窓(むしこまど)やかまどの煙を外に出す屋根の上の煙だしといった古民家のパーツも全て揃っている。実にいい構図だ。

 「寺内町」と言うからには中心となるお寺があるはず・・・。それが画面の中ほどにある「興正寺別院」。パンフレットによれば戦国時代1561年の建立されたとある。
 似たような意匠の民家が続く町並みの中にあって、ユニークな花頭窓を持つ「鼓楼」と背の高い「鐘楼」が程よいアクセントになっている。

 しばらく歩いていると、面白い住居を見つけた。普通、商家の町並は高さを合わせた二階建ての建物が並ぶ。揃えた軒先が美しい日本の町並みを演出するわけだ。
 しかし画面の中央にある建物は少し風変わりだ。珍しい木造の3階建てだ。しかも周りの家屋は平入なのに、この一軒だけが妻入り。当然他の家と軒は揃うはずもなく、町並みの統一感を乱している。
 しかもよく見ると小屋根は垂木を一本づつ斜め部材で支えるという、伝統的な工法には無いユニークなディテールを採用している。
 もし京都の町並みならこんなことは許されるはずもないが、さすがにここは大阪だ。誤解を恐れずに言えば、個性を許す、いや競う気風なのかもしれない。
 そして画一的なルールを嫌い、ユニークな技術で存在感を示すこの建物は、天邪鬼(あまのじゃく)の私好みでもある。
 必ずしも学術的な形式に揃う必要はない。面白くて、絵になる・・・絵描きとしてはそれで十分だ。
 今のところ、「大阪にある古い町並み」がそれほど有名でないためか、訪れる人もごくわずかだ。京都のような人ごみを気にすることも無く、ゆっくりと江戸時代の雰囲気に浸り、スケッチブックを広げたい人にはお薦めだ。

P.S.
 古き良き日本の風景を描きたい人にために、私が実際に行ってよかったと思った場所をリスト化している(詳細はこちら→)。今後も整備してゆくつもりなのでぜひ参考にして欲しい。
また私が描いた水彩画の一部を作品集で公開している。こちらも参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください