スケッチ上達法!あなたは間違えた練習をしていないか?

お薦めできない教材 

「いつまでたってもスケッチがうまくならないんです。いい練習方法はありませんか?」
この質問に、皆さんならどう答えるだろうか?

 「〇〇スケッチ練習講座というのがあるよ。受けてみたら?」と答える人がかなりの確率でいると思う。

試しに調べてみると、それらのコースの教材は以下の通りだ。
「直線の引き方およびその練習」
「曲腺の引き方と練習」
「イラスト、風景画のなぞり方とその練習」

 いわゆる平面のテキストをそのままなぞることで「あなたの芸術的なアウトプットが出来ました」という満足感を売りにしているようだ。

 確かにお手本を上からなぞることは簡単にできる。だが次に自分で全然別な絵を描く時の参考になるかと言えば、おそらくまったく役に立たない。

 もちろん平面のお手本を否定するつもりは全くない。特に書道などはまさにお手本のパターンから本質を見抜くことが「練習」なのだと思う。

 だが「スケッチ」とは元々は、自分のアイデアを視覚化するための初期手段である。

 直線や、曲線、お手本イラストをなぞったところで、自分が描きたい立体のモチーフを目の前にすれば、「線」だけを「なぞる練習」は何の役にも立たない。

 現地を見た時の自分の感情を線の形と色で表す行為は、そんな練習では決して身につかないと思う。

 話を最初に戻そう。「スケッチが上達する、いい練習方法はありませんか?」
答えをシンプルに言うと、「3次元のモチーフを見てスケッチブック上に2次元に表現する行為を繰り返すこと」。「○○講座」のような王道は存在しない。

 結局スケッチ上達の秘訣は?

 それは「スケッチ以外の時間を削ること」だ。
「えっ?」唐突に思えるかもしれない。でも真実だ。

 例えば、夕食全後の数時間をTVを見て過ごす人はそのうち30分をスケッチの練習に充てる。目の前の夕食の献立をさっとスケッチしても良い。

 例えば休日はショッピングに出かけるなら、月に2回ほどは近所の公園にスケッチ行く。

 年一回グルメ旅行に行く人は、鞄にSM(サムホール)のスケッチブックを入れて出かけ、半日だけ風景とじっくり向き合う。

 数年に一度海外世界遺産旅行に出かける人は、スーツケースに6号のスケッチブックと予備のペンを準備して、最低一日はその街をスケッチしてほしい。

 「そんなにうまくいくわけがない!」と思うかもしれない。もちろん心の中で「他のことをやめてスケッチしたらいい」と考えるだけでは絶対に挫折する。実行する秘訣は紙に書いて、いつでも見られるようにしておくことだ。

 私の場合はまず10年間の海外スケッチ予定を立てる。次に毎年、年初に国内スケッチ予定を立てる。さらにそのスケッチに加筆、水彩で仕上げる月々の予定を書き入れている。皆さんの場合は、日々の料理のイラストスケッチ目標も加わるかもしれない。

 そして翌年の初めに目標が達成できたかチェックするのだ。このチェックはとても大切だ。なぜならその年の中盤は予定通りスケッチが出来なくても、終盤に頑張って盛り返すことはよくある。

 成果を確認することで、人が誰でも持っている「目標達成!」意欲を満たすことができるからだ。

 スケッチだけのために「線の練習」は不要だ。スケッチを楽しむ時間を作ることが上達の第一歩だと思う。

P.S.
スケッチの時間を確保するために、アトリエにこもって練習するのではなく、「日常をアトリエにする」という良い方法もある。下記の記事に内容をまとめているので参考にしてほしい。
■「誰にでもできるデッサン上達法とは?→

P.P.S.
今回は「スケッチ」を取り上げたが、絵の上達法には「道具」「使い方」などいろいろな要素がある。下記に記事をまとめているので参考にしてほしい。
■カテゴリ「絵画上達法→

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください