朝の風景の描き方

温泉津温泉の風景

この絵のポイントは?

 島根県、JR温泉津(ゆのつ)駅から徒歩で20分ほどの温泉街の早朝の風景である。
 構図的にはそれほど特筆すべきものはない。だが開店前の、客を迎え入れる灯りが町の温かさを感じさせてくれる。そんな都会には無い雰囲気に惹かれてスケッチしたものである。

朝の絵はむつかしい?

 実は朝の絵を描くのはむつかしいと思っている。
 何故なら太陽の角度が低いため影が長すぎるからだ。特に道の狭い古い町並みでは長く伸びる影が建物を真っ暗にしてしまう。あるいは逆光で建物のシルエットだけを描くことになってしまうからだ。

まずは光の方向を確認しよう

 むつかしいからこそ、光の方向を正確に意識することが大切だ。

 冒頭の絵をもう一度見てほしい。この町は山間にあるため、朝の太陽は木々に遮られて町の建物を照らしてくれない。

 しかし当然ながら太陽の方向は明るい。ポイントはその反射光が町をどのように照らしているかを分析することである。
 このことを意識せず何となく陰のあいまいな「朝の絵」を描く人が多いと思っている。

 それでは、この絵の光とコントラストについて解説しよう。

  • まず太陽は角度が低いので、山並みに遮られ直射光は入ってこない。従って山並みの色は基本的に黒っぽい。
    ただし一部の反射光を受ける樹木は明るくなる。
    この絵では左上の一本の木を暗い森の中で浮かび上がるように強調して表現している。
  • 太陽の方向はこの絵の左側かつ山の向こう側である。従って反射光もそちらからの光が強い。
    絵の右側の路地面の壁はその反射光を垂直に受けるので、正面の建物の壁よりも明るくなる。このコントラストを間違えてはいけない。
  • 正面の建物の壁は太陽の方向に対して逆光となる角度なので暗くなる。特に庇下は明るい天空光も遮られるので最も暗い部分となる。
  • 正面の道は左からの反射光にそのまま照らされるので壁に比べれば、はるかに明るい。

朝の色は何色?

次に朝の風景で注意すべき「色」について考えてみよう。

  • 空の色
    空は朝の光に染まる。決して青空にはならない(何故青空にならないかは「空の色は何故グラデーション?→」を参照)。
    具体的にはやや黄色みが強いオレンジ色となる。(当然だが赤味が強いと夕陽に見えてしまうので注意!)
  • 壁の色の表現。
    先に「正面の壁は路地の壁よりも暗い」と記した。だが実はその壁色は青っぽい「白」だった。
    だが、「白」にすると当然だが手前の路地の建物の壁よりも明るくなってしまう。つまり論理的なコントラストが狂ってしまうのだ。
    そこで今回は実際よりも壁の「青っぽさ」を強調し、コンポーズブルーとウィンザーヴァイオレットを使用して「暗い」表現にしてある。
  • 灯りの表現
    営業前の「早朝」を表現するにはこの灯りがとても重要だ。実はスケッチした時の灯りはランプが数個見える程度だった。
    敢えて、この町の「温かさ」を伝えるのにふさわしい明るさに強調して表現している。

スケッチのすすめ

ここ温泉津温泉はそれほど大きな町ではない。歩けば端から端まで20分もかからないだろう。銭湯に入るだけの単なる観光ならば一時間もあれば十分だろう。
だが絵を描く人にとっては、想像以上に面白い。
この建物をはじめとして大正~昭和初期の建物が並ぶ町並みの風景は描いていて飽きない。
スケッチ好きの人の旅先候補地にお薦めしておく。

P.S.
このブログの関連記事は以下の通り。興味のある方は一読してほしい。



メールアドレス  *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください