海の絵を模写してみると・・・

クールベの海の絵

 冒頭の絵はクールベの描いた海の絵である。油絵を描いたことのある人なら大抵の人は知っているだろう。実はこの絵は私にとってとても思いで深い。
 普通、絵を描き始めた初心者に、「お薦めの練習方法は?」と聞かれると、大抵は「デッサン」あるいは「クロッキー」と答えるだろう。
 だからこのブログでも、「誰にでもできるデッサン練習法→」「人物画の基礎クロッキーの道具と描き方→」などの記事を書いている。

 しかし最近フェイスブックである作家が、自分の若い時に描いた模写をアップしていた。それを見て気づいた。そうか「模写」があったかと。

 私自身はデッサンもクロッキーも好きなのでそれほど気にしないが、初心者はモチーフやモデルの段取りも大変だし、何より出来上がりに、目に見える楽しみがあまりない。仮にいかに会心の作ができたからと言って、自分の描いた「石膏デッサン」をリビングルームに飾ろうとは思わないだろう。

 その点、模写ならば自分の好きな絵が描ける。そして出来栄えが良ければ早速リビングルームに飾ったらいいのだ。

 私が学生の頃、必死になって油絵を描いていた(プロフィール、「油絵に熱中した青春時代→」参照)。最初は風景画が多かった。だが、油絵の初心者は大抵そうなのだが、色の鮮やかさに負けて画面に統一感がない。特に周囲にルノワールやモネ、ゴッホなど印象派が好きな人が多いと、絵の中の色彩はますます鮮やかになる。

 一方で鮮やかな色だけを表現手段に据えると初心者はデッサンがだんだんと疎かになってくる。そんなわけで、頻繁に徹夜状態で絵を描いた割には、自分の絵に満足感を覚えることは無かった。
 そんな私のちょっとした苦悩を感じてくれていたのかどうかはわからない。ある時大学の美術部の先輩がアドバイスしてくれた。

 「模写してみたら?」

 その先輩は女性で、子供のころから油絵を習っていたらしく、人物画が上手かった。今でも記憶に残っているが構図も色彩も筆のタッチも自己流でない「正統的?」な絵だった。
 当時は生意気で天邪鬼と言われていた私だったが、しっくりきていない自分の絵に苛立ち、やはりそれなりに正しい描き方が必要だと思ったのだろう。

 この時は素直に従った。

 そして初めて描いた模写が冒頭のクールベの「海の絵」だったのだ。襲いかかるような波と飛沫の不思議な形。それらに青、緑、白の色がピタリと重なるそのテクニックに感動したことを覚えている。

 クールベはいわゆるバルビゾン派と言われる画家の一人だ。私が好きなコローもこのバルビゾン派の画家だ。
 彼らは基本的にチューブから出したままの生の絵具を使わない。パレットの上で混ぜた独自の色を塗り、自分の色調を作り出している。

 その点でだけをとらえれば後の印象派よりも古典絵画に近い。だがルネサンス以前の絵画が神話の世界を落ち着いた褐色の背景でまとめ上げるのに対して、自分の目で見た自然の感動をそのまま描こうとする。そして独自の抒情的な色調を作り出す。

 私は彼らの作品の解説をしようとしているのではない。この海の絵を自分で模写してみて初めて彼らの考えていたこと、試みようとしていたことが実感できたということが言いたいのだ。

 正直言って当然、本物の絵通りに描けたはずがない。だが「何故だろう」と考え始めた時から、人は必ず進歩すると信じている。

 少なくとも私はこの時以来、先に述べたような、チューブから出した生の絵具が画面のあちこちで勝手に自己主張するような絵を描くことはなくなった。

 もちろん誰もが私と同じことを学ぶとは限らない。人によっては逆かもしれない。
 例えば彩度を抑えた暗い絵ばかり描く人が、現代絵画、抽象画を模写することによって、最先端の抽象絵画理論と原色のコントロール法を身につけるかもしれない。それもまた素晴らしい。リビングルームに飾る絵がまた一枚増えるのだから。

 絵は描き始めた・・・でも、なかなか自分の目指す絵にならないと思っている人に声をかけてあげたい。

「模写してみたら?」

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください