必見! 龍の絵

 今日のテーマは「龍」の絵だ。もっとも私自身は龍の絵は描かない。いや正確にいうと、油絵に熱中していた大学時代(「油絵に熱中した青春時代→」を参照)、それらしき油絵を一度だけ描こうとしたことがある。空に浮かぶ人智を超えた存在に対する憧れ・・・宗教に帰依していなくとも、若い時は、そんな感情を覚える時があるのだろう。
 実はその頃、墨絵の龍にも少し興味を覚えて、古本屋にゆき「墨絵入門」という分厚い本を購入したこともある。だが一時期の気まぐれは長く続くことなく、その本は何十年も開かないまま、今も私の書棚の奥にひっそりと収まっている。
気まぐれで終わってしまった理由は、単純だ。その「龍らしき絵」は出品したグループ展で、「下手」と言われるならばまだしも、ほとんど誰からも、興味を持ってもらえなかったからだ。せいぜい「珍しいね」で終わり。
 絵を描く人間は自己満足を得るためだけに描いている人は少ない。多分、人に見てもらいたい、人に感動を与えたいから描くのだと思っている。
 絵が注目されなかったという事実は絵描きとして「死刑宣告」を受けたのに等しい。
 というわけで、私はそれ以来古来からある、龍、虎、邪鬼など(勇ましい)空想のモチーフは一切描かなくなっただ。

 そういえば私は子供の頃から、家族や友達と遊んだ、思い出の風景を描くのが嫌だった。図画工作の時間なのに、教壇の上に生けられた花と花瓶を写生する(「絵で稼ぐことを覚えた子供→」を参照)変わった子供だったのだ。
 どうやら、「苦手な絵」は大人になっても変わらなかったようだ。

 そんな私が久しぶりに「龍の絵」と向き合ったのは、「絵描きになりたいな」と密かに思い始めた頃(そのエピソードはこちら→)だった。
 油絵に熱中していた学生時代以来久しぶりに絵を描き始めた私は、毎週休日は、必ずと言っていいほどスケッチに出かけていた。
 その日のお目当ては京都の建仁寺。だが主要な建物である「本坊」、「方丈」、「法堂」は何故かあまり私の創作意欲を刺激してくなかった。境内の濃緑の松林に惹かれて、枝の間から覗く三門(望闕楼 ぼうげつろう)を一枚だけスケッチしたものの、時間を持て余してしまった。
 いつもなら、スケッチ時間を優先させるので、寺院内の展示物は観ないのだが、そんな事情でこの時は拝観料を払い本坊の入り口をくぐった。
 絵に詳しい人は当然ご存知だろうが、実は建仁寺と言えば境内にある建物よりも国宝「風神雷神図屏風」(俵屋宗達作)が有名だ。そのことはスケッチに行く前に私も知っていた。当然それを期待して入館した訳だが、なんと玄関の正面にいきなり、その「風神雷神図屏風」が現れた。周りの人は早速カメラを取り出して写真撮影を始めた。横に解説があり、読んでみるとなんとこれは原寸大の「レプリカ」。少しがっかりして、写真を撮るのはやめ、先へ進む。さらに橋を渡り「法堂」へ入る。

 突然、天井いっぱいに巨大な龍の図が現れる。墨絵なのか日本画なのかわからなかったが、周囲の空気まで吸い込まれるようなモノトーンの世界。圧巻だ。
 後日調べてみると作者は小泉淳作画伯。大きさは108畳もある。完成したのは2002年。タイトルは「双龍図」だ。
 私は元々、モノトーンの芸術的な表現が好きだった。そしてその究極の世界が墨絵だろうとも書いた(「鉛筆デッサンが教えてくれるもの→」を参照)。この巨大な双龍図は「墨」一色でここまで描ける「水墨画」の奥深さを改めて私に教えてくれた。

 だが、だからと言ってすぐ、本棚の「水墨画入門」をまた取り出したかというと、私はそこまで浮気性ではない。何しろ、最近やっと、透明水彩の油絵にはない奥深さ、魅力に気づき始めたところだ。
 だから水墨画にチャレンジするのはもう少しだけ、先に伸ばそうと思う。

P.S.
このブログではカテゴリ「ためになる美術講座→」で関連する記事を書いている。興味のある方は覗いてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください