これも基礎練習?動く子供をスケッチ!

 デッサン力をつける基礎的な練習がクロッキーであることは「人物画の基礎 クロッキーの道具と描き方→」で述べた通り。
しかし、プロのモデルさんを雇うのも、クロッキー会に参加するのもそれなりにお金と段取り、手間がかかる。だが実は手間いらずのいい練習方法がある。それを教えよう。

 ある時、友人の家に呼ばれて遊びに行った。彼の息子はまだ小さかった。目と頭が人並外れて大きい。「この子はきっと賢くなるぞ」と、その子の容貌に惹かれていつものペンとクロッキー帳(「誰でもできるデッサン練習法」参照)を取り出した。
 描き始めて、気が付く。子供は1秒たりとじっとしていない。実によく動く。当たり前だ。はなからモデルを務める気などないのだから。
 気軽に描き始めたが、最後は必死で彼の動きを追いかけるはめになってしまった。
 先の記事で触れたように通常、クロッキーは長ければ20分、短くても2分程度はモデルさんがじっとしていてくれる。だが子供は最短の2分さえもじっとはしてくれない。通常のクロッキー練習よりさらに過酷なのだ。
 実はクロッキーでは動き続けるモデルを描く特別な練習がある。それを「ムーヴィング」といって、普通はプロが使う練習方法だ。
 気軽に遊びに行って、おしゃべりをして、その合間にプロが使うのムーヴィングクロッキーができる。こんな理想的な練習環境はない。

 すっかり子供のクロッキーが気に入った私だが、かといって、しょっちゅう、子供のいる友人が周りにいるわけでもない。
 だからやむを得ず、次のモデルは我が子となる。下の図は誕生直後の病院のベッドでのスケッチだ。さすがにまだ動かない。ずっと寝ていた。
 上の図2枚は子供が1歳になったときのスケッチだ。先の子供と全く同じ。よく動く。先の記事でも「クロッキーの道具」について何種類かお薦めしているが、こんな時は迷う時間を与えてくれない、最低限の線しか引けないサインペンがいい。失敗したってしょせん練習だと思えばいいのだ。
 皆さんにお勧めする。友人の子供、我が子、あるいは孫をどんどん描くといい。デッサン力上達間違いなし!?

P.S.
 気軽に日常の風景をスケッチする・・・私の実践例をこのブログのカテゴリ「街角スケッチ→」に掲載している。ペンを使ったスケッチにしり込みしている人は是非参考にしてほしい。

P.P.S.
 スケッチの材料について補足しておこう。最後のわが子誕生のスケッチはいつものペンではなく「パステルペンシル」だ。ペンよりも容易に陰影がつけられるし、鉛筆状なので使いやすいだろうと思い、この時初めて購入した。
 だが、使ってみると、パステルの柔らかさは無く、鉛筆のシャープさもない。中途半端な印象がぬぐえず、個人的にはあまり好きな材料ではなかった。結局この時以来私の机の奥にしまいこんだままである。
 なお、本格的にクロッキーをするなら「人物画の基礎クロッキーの道具と描き方→」を読んでほしい。特に材料については詳しく記してある。参考になるだろう。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください