額縁の値段と絵の値段?

 そろそろ皆に喜んでもらえるような絵が描けるようになり、個展でもしようかと思い始めたあなたにアドバイスを。
 額をどうするか意外に悩むのではなかろうか。私も初めての個展を開くとき、そうだった。(個展の開き方についてはこちら→
個展を開くとすれば、当然ある程度まとまった枚数が必要だ。

 でも画材店に行くと、当時私が主として描いていたSM(サムホール)でも最低4,000円近くした。F6号はたしか8,000円くらいはしていたと思う。
 この時はF0を10枚、SMを15枚、F6を15枚準備する必要があった。つまり額だけで20万を超えてしまう。それに画廊代やパンフレット作成、案内状作成・・・と考えると開催費用だけで尻込みしてしまうのもうなずけるというものだ。
 そこで知り合いの画家にお値打ちの額をどこで、いくらで買ったらいいかと聞いてみた。さすがに良く知っていた。
 地元大阪の画材店ではなく、通信販売の画材店だという。「額のマツエダ」だ。グーグルで検索すると簡単に出てくる。値段は普通の画材店の半額~6割ほどで買えたと記憶している。おそらくいまでも他店に対してはそのくらいの割合ではなかろうか。
 額はピンからキリまである。画商が仕切ってくれる、売れっ子画家はかなり高価な額を「この絵はこの額で」と自分の画風に合わせて絵ごとに指定するようだ。それでも額代も含めて画商が仕切るので、画家の懐はいたまない。(もっとも手数料をその分相当払うようだが)
 しかし初めて個展を開くときは、出来るだけ安くしたい、2回目、3回目も使えるようにしたいと思うはずだ。
  私の場合は全てイメージを統一、出来るだけシンプルな額にした。 私の絵は比較的淡い色調が多いので枠は濃い木目、余計な飾りの無いものとした。なお最近の額の表面材は安全性を考慮して、ガラスではなくアクリル板が入っている。

 さて次は絵を売るときに額付とするか額別とするかだ。作家により両方あるようだが何の表示も無ければ額付で売っていることが多いようだ。
 だが額付で売ると、次に個展を開くときに不足した額を買い足すことになるが、同じものがあるとは限らない。ばらばらな額を絵にあわせて選ぶのも味があっていいのだが、コスト的には一枚一枚買い足すと送料など割高になるだろう
 さらに個展を繰り返していくうちに額そのものも搬入、搬出のたびに痛んでくる。痛んだ額を売るのも申し訳ない気がするので、私は基本的に値段の横に(額別)と表示している。考え方次第だ。

 気になるのは 額付で 自分の絵を売るときの値段設定だろう。大作家であれば額代なんて知れていると思うかもしれないが、初心者はそうは行かないだろう。例えばF6の額代が5000円ならば当然絵そのものがその何倍かないとバランスが取れないだろう。
 実は私は最初の個展の時、F6の絵を額別で15,000円で販売した。私の絵は細かいので額の3倍以上あってもおかしくないだろうと単純に思ってしまったのだ。
 しかし考えてみれば、世界の一流といわれるビジネスマンはおそらく一時間当たり1万円は稼いでいるだろう。
 そう考えれば目指すところはF6の絵を5時間で仕上げたとすれば5万円、10時間で仕上げたとすれば10万円というところだろうか。
 売るための絵の値段設定にはもうひとつ判断基準がある。個展を開く画廊の格だ。学生の同好会ばかりをやる画廊ならば基本的には絵に値段は付けない。
 しかしちゃんとした絵描きが開く個展ならば、(関西では)同じくF6で最低額別で3万~4万くらいにしないと、釣り合いが取れないし、画廊によっては、作品のポートフォリオを要求され、そもそも売れそうにないと判断されると、技術不足として出品を断られることもあるくらいなのだ。
 それらの事情を鑑み3回目の個展の時はF6を額別で3万円で販売した。2倍になったわけだ。
 しかし私の絵は細かい表現をするので、そのくらいの大きさであれば最低5時間~10時間かかる。トップページで述べているようにこの美緑(みりょく)空間の目標は全ての家庭にアートのある生活を提供することだ。こんなにコストパフォーマンスの悪い絵描き活動を続けていてはいつまでたっても理想には近づけない。
 そこで、お客様に受け入れられるかどうかまだわからないが、次回の個展からは部数を限定した最高級複製画であるジークレー版画印刷を同じ値段で販売しようと思っている。
 私の絵に興味のある方は是非足を運んで欲しい。原画とほとんど区別がつかないはずだ。
 個展の一ヶ月ほど前になったら、このブログ、フェイスブック、インスタグラムなどで詳細をお知らせしようと思っている。2020年秋開催だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください