北前船の町で見たものは

能登半島をひたすら北へ

 五月。風は涼しく、陽光も心地よい・・・休日はゆっくり家で・・・などとは言っていられない。もうすぐ梅雨、スケッチが出来なくなる季節なのだ。その前に少しでもスケッチをというわけで能登半島をひたすら北へ、石川県輪島市門前町「黒島」に向かった。ここは「重要伝統的建造物群保存地区」に平成21年選定されている。江戸時代、北前船の船主が住んだ町として栄えた。今回の目的はこの有名な海辺にある江戸の町並みをスケッチすることだ。

続きを読む

絵描きのための生涯資金計画

 私の絵描きとしての活動はトップページで書いているとおりだが、海外スケッチ旅も、個展開催も、本の出版も当然ながらそれなりに費用が必要だ。
 しかし私は本格的な絵描きとしての活動は初めて間もない。当然そちらからの収入はまだ少ない。でも、「世界中の家庭にアートのある生活を」という私の理想に邁進するには、活動をやめるわけにはいかない。ならば資金を何とかしなければならない。
 というわけで今回は資金の話をしようと思う。ただし当然だがお金の話、資金計画なるものは、個人の状況によってその計画に個人差が出る。
 まして私は建築の知識と絵の知識はそれなりに持っているが、ファイナンシャルプランナーでも、金融マンでもない。
 だから私が今まで勉強した知識、参考図書、その概略と私見などを述べることにする。絵描きとしての将来の資金計画に不安のある方の参考になれば幸いである。

 まず私自身の資金に関する前提条件を述べておこう。私は「今から絵描きを目指す人のために」で記したように、会社の定年と同時にいわゆる熟年離婚をした。
 従って、その時までにの貯金も、退職金も前妻と折半にした。それだけならいいが、当然住む家も別々に必要なので、もう一軒マンションを購入し、新たなローンを抱えた。
 さらに前妻は専業主婦だったので私が将来もらえる年金も半額近くに減らされてしまった。つまり、将来の資金計画を真剣に考えないと、絵描きになるどころではなかったのだ。
こんな状況で私が学んだことがいくつかある。私と同じように将来の資金計画に不安を抱える人のために、それを順に述べよう。

■現状の収入と支出を把握しよう。
月の収支を集計し年単位でいくらの赤字、黒字かを把握しよう。

■現状の資産と借金を把握しよう。
資産とは貯金、株、不動産などをいう。借金は住宅ローン、カードローンなど。

両者を比較すると4パターンのタイプに分かれるはずだ。あなたは以下のどのパターンに当てはまるだろうか。
①年単位の収支が赤字となり、資産は借金の方が多い人。
②年単位の収支が赤字となり、でも借金よりは資産が多い人。
③借金の方が資産より多いが、年単位の収支は黒字の人。
④借金はあるが資産の方がそれを上回っており、年単位の収支は黒字になる人。

それぞれのパターンでどうすべきだろうか考えよう。
①のパターンの人
 この方は残念ながら、将来資金計画を論ずる段階に至ってない。まず、収入を増やす、生活を切り詰めることをして、最低限年単位で黒字にすることをすぐにでも実行すべきだろう。
②のパターンの人
 親から遺産をもらって、暮らす人はこのタイプ。資産がたっぷり有れば実はこの方が理想の絵描きかもしれない。資金計画も単純なので、ここでの議論から割愛する。
③④のパターンの人
 ③は40歳過ぎの標準サラリーマン、④は定年前のサラリーマンの家庭が典型的なパターンだろう。そして私自身も若い頃は③、定年前は④だった。だから私の例で対策例を述べよう。

 実は私は40歳の頃から、将来の資金計画をずっと立てて来た。毎年年初に、昨年の年間収入、年間支出、資産、借金を算定し、何歳になったら自分の純資産(資産-借金)がマイナスになってしまうか、わかりやすく言うと生活のための貯金が底をつくかを計算し続けて来た。

 ここで皆さんにアドバイスしたい。
 大切なことはまず現状を把握すること、そして将来の姿を予測することだ。闇雲に不安を抱えるだけでは問題はけっして解決しない。そして一番大切なことはこの将来計画で、長く生きるためだけに、自分のやりたいことの資金をケチらないことだ。

 私の場合、将来にわたって海外スケッチ旅をするとか、個展をするとか、美緑(みりょく)空間の理想実現のための投資費用を見込むとか、最初から何歳の時にいくら、あるいは毎年いくらとエクセルに必要金額を記入してしまう。だからアウトプットは「何をあきらめるか」ではなく「何歳まで生きられるか?」だ。
 40歳頃は将来何があるか分からないので、退職金はあてにせずシミュレーションした。78歳と出た。だがこの頃はいずれ好転するだろうと気にもしなかった。

 55歳を過ぎて子供も就職し、退職金予測、年金予測も正確に投入すると、やっと85歳と出た。ほっとしたのも束の間、離婚後の数値を入れると、何とまたまた78歳までしか生きられないと出た。

 大切なのはこの数字を継続して追いかけることだ。 もちろん人により、貯金も生活のグレードも、夢の実現に必要な金額がちう。 だが毎年の数字を見れば今から何をすべきか、何を変えるべきかを考えることが出来る。
 あなたも是非自分の人生を計算してほしい。計算に当たって私が参考にしたのは以下の本だ。
 ・後藤弘著 「サラリーマンの生涯資金計画」
考え方が素晴らしい。しかしちょっと古い本なので今の経済情勢には合わない。同様の趣旨の本を探した方が良いと思う。
 ・松本晃一著 人生の計算(パソコンで読む究極のライフ・シミュレーション) エクセルの人生シミュレーションシートの作り方を教えてくれる。税制などが今と異なるが、基本は同じだ。私は20年前からずっとこのシートを毎年メンテしてシミュレーションしている。

 夢のための資金は削らないと書いたが、私は日々の生活は徹底して削ろうと思った。新聞や雑誌の「節約術」特集などは時代に合った税制やクレジットカード、各社のポイント付与率などがタイムリーに記されていて、とても参考になった。
 そして要点はスマホのメモファイルにまとめて普段から見られるようにしている。

 年金、保険などについての最新情報及びそれにあわせた節約術は荻原博子著 「年金だけでも暮らせます」に役立つ情報が網羅されている。
 ただしこの著者は政府、銀行など、いわゆる体制側の発言をかなり批判しており、「投資は不要」を強く主張しすぎているので注意が必要だ。

 経済論に基づく投資及び資産運用全般については高橋洋一氏、小林慶一郎氏、三橋貴明氏、藤巻健史、大前研一氏らの著作が最近の経済動向を捉えて、私たちがどうしたらいいか示唆をくれる。彼らは何冊も本を出しているので、出来るだけ新しい著作を読むといいだろう。
 ちなみに私はこれら経済関連の本は自分では買わない。全て図書館で借りる。すぐに情報が古くなるからだ。そしてその時代に応じて彼らの結論も少しずつずれてくる。判断はあなた自身でする必要がある。

 それで、私は結局どうしたか?
 今年の年初の私のシミュレーション結果はいまの夢を追っても「95歳までは生きられそう」だった。理由は簡単に言えば二つある。

 一つは資産が増えたこと。前妻と分けた退職金を貯蓄ではなく投資に向けたせいだ。特に結果的に見ると日本の株式投資を減らし、アメリカ、又は世界への投資銘柄を増やしたことが良かったようだ。やはりこの超低金利の時代、私のように78歳までしか生きられないという結果が出たものはにとって、貯蓄だけに頼っていては、資産は増えないというのは正論だ。
 ただし大半の人は荻原博子氏の言うように政府や銀行に「騙されやすい」ことも事実で、損をした人も多いはずだ。対抗するためにはある程度の経済の勉強、情報収集は必要だ。
 そしてもう一つの理由は再婚したことだろう。経済活動をする二人が一緒に住むと、日常の共有による合理化が出来るし、年金を含む税制の優遇措置が受けられるからだ。

 絵描きは絵さえ描ければ幸せ・・・などとは言うまい。絵は感性が大切。でも人生は理論と計算が大切なのだ。

近江商人を育んだ町とは・・・

 この日訪れたのは滋賀県東近江市五個荘金堂町。1998年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。私がスケッチした22番目の保存地区の町でもある。
 この町は有名な近江商人発祥の地といわれている。江戸時代の商家豪邸と富農の民家がならぶさまはまさにその文化と歴史を教えてくれる。
 家屋が並ぶ道沿には生活用水として利用されている水路が流れ他の町並みとは一味違う風情を与えている。

続きを読む

ペンでスケッチ! 旅先の風景 明治神宮 

 デッサン力をつける一番簡単な方法は・・・以前にこのブログの記事で書いたとおり、「自分の日常をアトリエにすること」だ(詳細はこちら→)。
 具体的に小さなクロッキー帳(または安物のスケッチ帳)をいつも持ち歩くことだ。仕事で出張に出かけても、電車の待ち時間をぼーっと過ごすのではなく、目の前にあるものをスケッチすればいい。

続きを読む

絵描きのパソコンはどう使う?

 私のパソコン歴は結構古い。初めて自分で買ったパソコンはIBMの「PSvision」。本体とモニター一体型のパソコンで画面は13インチ。今のノートパソコンよりも小さい。

 OSはまだウインドウズは無くMS-DOSというものを使っていた。プリンターなどのデバイスの調整は直接OSのコマンドラインに記入していいた記憶がある。

続きを読む

メスキータ展を観た!

 先日、西宮市大谷美術館にメスキータ展を観に行った。
作家の本名はサミュエル・イェルセン・デ・メスキータ(1868年〜1944年)、オランダのグラフィックアーチストだ。

続きを読む

初めての海外スケッチ旅 英単語さえ知っていれば何とかなる!?

英語を知らないと海外スケッチ旅に行けない?

  私の知り合いに絵を描くのが大好きな婦人がいる。私が海外でスケッチしてきたことを報告すると、とても羨ましがる。
 「あなたも行ったら?」と言うと
 「英語が出来ないから、ガイド無しの一人旅なんて絶対無理!」と即答。
 どうやら、英語が出来ないことをとても気にしているようだ。もちろん絵が好きなら英会話なんて気にせず旅しなさいと言いたい。
 しかし英語が出来ないと、移動、食事、宿泊など絵を描く以前のシーンでいちいち余計な気を使わねばならず、絵を描くことに集中できなくなってしまうことも事実だ。
 やはり英語に自身のない私が初めて海外スケッチ旅行に出かけたのは韓国のソウル。理由は比較的日本語が通じると聞いたからだ。
 しかし到着した空港では全く日本語は通じず、バス停の場所、切符の購入、どこで降りるかなど全て英語、いや、というより身振り、手振りでやりとりし、なんとかホテルにたどり着いたというのが正直な感想だった。

単語さえ知っていれば・・・!?

 それ以来、最低限の英語を話せるようにと私なりに工夫したせいか、最近では、海外で絵を描くのに支障のない程度には話せるようになったと思っている。
 今回は、英語が苦手で海外スケッチ一人旅に尻込みしている人のために私の英会話勉強法をお伝えしよう。少しでも参考になれば幸いだ。
 私の英語は学生時代に覚えた典型的な受験英語だ。最近の学生はあまり使わないようだが、赤尾の親単、豆単と毎日にらめっこをしていたものだ。
だから英単語は今でも結構知っているつもりだ。ただし当時の受験英語の弊害でヒアリングがまったく出来ない。社会人になって初めてTOEICの試験を受けたときも、スピーカーから流れる英語が何を言っているのか全く聞き取れなかった。当然、その点数は恥ずかしくてとても公表できない。
 実はその点数にショックを受け、その後結構な数の「英会話」教材を買込んだ。今でも私のアトリエには当時のカセットテープの教材がずらりと並んでいる。 そして海外旅行豊富な経験者ほど会話なんて「単語」さえ知っていればなんとかなるよと言う。それをまともに信じての海外一人旅だったのだが、 結果は先に述べたとおり。それらの教材が全く役に立っていなかった事が改めて証明されただけだった。

単語が聞き取れないわけは?

 実はこの時の、ガイドのいない初めての海外スケッチ旅で感じたことがある。
以前は「私は単語は知っている。あとは会話文に慣れるだけ」と考えていたがそれが間違いだったのだ。
 実は心の底で見くびっていた簡単な単語ほど聞き取れなかった。つまり私の英単語は目で覚えたものであって、耳で覚えたものでなかったのだ。

ほんとに役に立つ英会話教材とは?

 それに気づいた私は、新たにスマートフォンアプリで私の要求に合うものを探し始めた。
 条件は当然発音に狙いを絞ったもの。聞き取れない特定の単語を何度でも聴ける、自動リピート機能がある・・・など。そうして私が発見したおすすめアプリが「究極英単語」だ。
 このアプリではレベル別に最初に入門500語を、次に初級1500語、中級3000語、上級5000語というふうに単語の学習を進められる。
 そして単語とその用例の発音が、気になるところだけ、何度でも繰り返し聴ける。こういう機能はカセットテープでは無理だった。
 しかも聴き取れた単語には⚪︎を、聞き取れなかった単語に×をつけるのだが、×をつけた単語ほどその後も頻度多く何度でも意味を聞いてくるのだ。そして全ての単語に⚪︎をつけられればその単元は終了と判断してくれる。
 単元数も膨大に揃っている。基本単語が修了するとビジネス用、生活実用、TOEIC用など用途別単語へとステップアップできるのだ。
 アプリのタイトルが「究極英単語」だからといって単語しか扱っていないのかと心配する人にも大丈夫だ。短い名言を網羅したコラムや実用的な英会話、長文を聞き取るコースまで揃っている。私のように聞き取り初心者からかなり英会話に自信のある人まで使えるいいアプリだ。
 ただ、当然であるが、どんないいアプリでも継続して使わなければ効果はない。この頃の私の勉強頻度は毎日20分。週5日以上を自分に課し毎年200日以上をこの「究極英単語」の勉強に費やす目標を立てた。それ以来ずっとこの目標は達成している。実は私が一番誇っていいのは実はこの部分なのかもしれない。

英語の勉強を続けるコツは?

 続けるコツを教えよう。それは新しい事を始めようと思ったら、何かを「諦める」事だ。
 「えっ?」と思うかもしれない。だが多分これは真実だ。
 たいていの人が何か新しい事を始めようとして挫折する理由は物理的に、その時間を確保していないからだ。私も最初は通勤時間や、移動時間、細切れ時間を繋いでとか、日曜日の空き時間とか、夕食後の暇な時間を見つけてとか、「意志」さえあれば何とかなると考えたが結局無理だった。
 どうしたかというと、毎朝20分早起きし、起きるとすぐこの究極英単語の勉強をすることにしたのだ。ただし睡眠時間を削ってはいない。
実は私にはもう一つ、年間読書50 冊という目標も立てていて、移動時間と就寝前の時間をそれに充てていた。朝20分の早起きのため、夜20分早く寝ることにし、その分私は読書目標を年間25冊に下げたのだ。
 あなたも英語を勉強しようとしたら、欲張らず、何かを諦めた方がいい。できれば好きなことを諦める方がいい。何故なら、人間は好きなことなら、削ったはずの時間をどこかで工面しようとするものだから。
 実は私も読書目標を半分にしたが、不思議とそれほど読書量は減っていない。きっと移動中に読書する密度が上がったに違いないと思っている。

 「究極英単語」アプリと「時間の工夫」。この二つで私の海外スケッチ旅の満足度は格段に上がったとお伝えしておこう。
 さあ、あなたも海外の見知らぬ風景をスケッチする旅に出かけよう。

P.S.
私はこの勉強法をずっと続けていたのだが、少し前からもう一つのアプリを試している。究極英単語をある程度マスターしたらこちらも試すことをお勧めする。

.P.S.
 今回のテーマは英語だが、肝心の風景画の描き方について「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは(詳細はこちら→)」で記事を書いている。参考にしてほしい。

絵描きのための 英会話勉強法とは 

英単語を知っていても早い会話にはついてゆけない!?

 「究極英単語」と最低限の努力でそれなりに英単語が聞けるようになった(詳細はこちら→)私は、相変わらず英語に苦手意識があるものの、もはや初めてのソウルにスケッチに出かけた時のような苦労はしなくなった。
 スケッチ旅では、絵を描いている時は特に英会話は要らない。でも町中で人に道を聞いたり、食事の相談をホテルの人にしようと思うと、やはりそれなりの「会話」が必要だ。でも現地の人と話をしようとすると会話のスピードは恐ろしく速く、とてもついていけないことを実感した。
  残念ながら「究極英単語」は初心者用だけあって全般的にスピードが遅く、早さを調整する機能もないのだ。なんとか早い会話についていく方法はないかといろいろ調べていると、とある英会話教本に会話のスピードに慣れるためには「とにかく大量に聞くこと」書いてあった。そこでスマホアプリ「English radio」をダウンロードし、世界標準のスピードであろうBBC放送を聞いてみた。
 結果は・・・やはりさっぱりわからない! 海外旅行では相手がこちらの程度に合わせ、ゆっくり、はっきり発音してくれるが、日常の会話ではそんなことはしてくれないのだ。いわゆるネイティヴな発音は相変わらずさっぱり聴き取れていなかったというわけだ。
 毎日、電車の中で必死に聞き取ろうとしてみるが、さっぱり進歩しない。それどころか普段は気にならない日本語の車内放送が、聞き耳を立てているイヤホンから英語の音をかき消すような大音量で侵入してくる。
 私は自分をかなり意志の強い人間だと思っているが、この進歩なしのイライラ続きについに負けてBBC放送を聞くのはやめてしまった。

日本人が英語を聞き取れない本当の理由とは

 英語を大量に聞いても、英語のヒアリングには効果なしと悟った私は何か効果的な勉強法は無いかと模索した。
 そんな時、とあるサイトで「奇跡の音」という英語アプリに出会った。そのアプリ作者は医者だという。
 そして日本人が英語を聴き取れない本当の理由は日本語と英語の音域に決定的な差があるからだという。
 英語は数ある言語の中でも高音域の音が圧倒的に多く、それが低音域の音が多い日本語に慣れた私たちに聞き取れない原因だそうだ。
 彼によればこのアプリは勉強道具ではなく英語の高音域に慣れるための一種のリハビリの道具なのだという。
 BBCのアナウンサーの英語音にショックを受けていた私は早速この「リハビリ」に取り組んだ。

その効果は・・・「絶大!」だった。

 先に電車内でBBC放送を聴いている時、日本語の車内放送がかかるたびに、そちらに気を取られ、いらつくことがままあったと書いた。読書の時は車内放送など全く気にならないのに、耳に神経を集中している時は、車内放送がとても煩く感じられるのだ。
 ところがこのアプリを使い出してから、英語を聞く時は耳が高音域に集中するようになるのだろう。同時に低い音域の日本語放送が流れていても全く気にならなくなったのだ。 
「奇跡の音」の仕組みは以下の通りだ。
 用意されているのは海外旅行の会話だ。それをまず通常の英語音域で聞く。もちろん日本語の音域よりかなり高い。次に高音域を強調した同じ文が流れる。次にさらにもう1段階高音域を強調した文が流れる。つまり一つの文で徐々に高音域の音に耳を慣らしていく、まさにリハビリだ。基本的にはこれをひたすら繰り返すだけ。

奇跡の音」アプリの効果的な使用法

  私はその使い方に私なりの工夫を加えた。それもヒアリング力が向上した原因だと思っている。 以下にこのアプリを使った私の英語勉強法を記そう。

1.苦手な高音の種類を知ろう
  最初は敢えて会話文の意味をつかもうとせず、ひたすら高音の種類を聞いてみる。確かに神経を高音域に集中して聞いてみると、それまで自分が聴き取れなかった微かな音が相当混じっていることがわかる。今まではそれを無視していたわけだ。しかしこのまま聞き流すのでは同じことの繰り返しになると、特に聞き取れなかった音をメモした。私の場合は特に t、 f 、wh、th、du の音が聞き取れない、さらにそれらが撥音になると全く聞き取れていなかったことがわかった。
 例えば
 While we’re there はワーウェアーゼアのように聞こえるのだが、wh部分、th部分はまったく聞き取れなかった。
 during weekdays はデュリンウィークデイズのように聞こえるのだがdu部分がやはり聞き取れない。いずれも単語そのものは知っているはずなのに元の単語が判別できなくなるのだ。
 しかしこうやって聞けない音を拾い出すと、次に聞く時、無意識に人はそこに注意を向けるようになる。すると不思議なことにだんだん類似の音も聞き取れるようになるのだ。まさにリハビリと同じである。

2.苦手な文節のパターンを知ろう
 高音域に注意して英語を聞く癖がつくと、他にも今までは聞き取れていなかった苦手な文節が分かるようになってくる。そしてそれをさらに分析すると、いくつかの特有なパターンがあることがわかる。じっくり見てみるといずれも日本語と英語の根本的な文法の違いによるものだとわかる。整理してみよう。
▪️リエゾンする母音 が含まれる文節
 日本語はリエゾンして音が変わるという現象がないため、本当は知っているはずの単語なのに聞き取れない。
 例えば
 in advance 私の頭の中では「イン アドバンス」とインプットされているが実際は「イナドバンス」と聞こえる。
 will arrive は同様に「ウィル アライブ」だが「ウィアライヴ 」となる。今まではふーんとその差に驚くだけで終わっていたのだが、この傾向を知ってからは単語の最初よりも最後の音に注意を向ける癖がつくようになった。
 すると何度か繰り返すうちに初めて聞くリエゾンする文節も聞き取れるようになる。
さらにリエゾンの中でも特殊で頻度の多いものは覚えた方が早い。
 例えば、
 isとyouのリエゾンはジュと聞こえる。
 How is your family doing in Tokyo. ハウジュアファミリー
 what  is your impression ワッジュンインプレッション
 同様にareを含むリエゾンも聞き取りにくい
 When you are on board ウェニュア オンボード
 What are your symptoms? ワタユア シンプトンズ
▪️修飾語が名詞の後ろに来る文節
 日本語では通常修飾語が名詞の前に来る。美しい絵、大きな絵などだ。そして「彼が先月購入した高価な絵」などのように相当修飾語が長くても就職文節はやはり名詞の前に来ることが圧倒的に多い。
 だから英文を聞いていてbeautiful pictureなどは聞いたまま素直に頭に入るが、 A picture colored blue is 〜と言われるととたんについてゆけなくなる。 
 私たちの頭はそういう文節はどうやら無意識に日本語に訳してから理解しようとするようだ。
 そして都合の悪いことに、それ以降の音は本当は知っているはずの単語なのに全く聴き取らなくなるのだ。これにもいくつかのパターンがある。
例えば、
 名詞の後の現在分詞で説明をつなぐもの。
 A ticket leaving September 10th
 過去分詞でつなぐもの。
 Tickets booked 3 days in advance
 withでつなぐもの。
 A room with two single rooms
such asでつなぐもの
 amenity such a ~
 位置関係を示す前置詞でつなぐもの。
 the road ahead of us is ~
 the seats next to each  other are~
 The time between San Francisco and Tokyo is 〜
 このようなパターンを理解しておくとだんだんその文節、構文に慣れてくる。特に主語を修飾する文節の直後には動詞、特にbe動詞が来ることを予測する癖をつけると格段に聴き取りやすくなる。
▪️物が主語の構文。
 日本語では物が主語になる頻度は少ない。人が主語の場合に比べ、やはり理解がワンテンポ遅れる。例えば、
 if amenity run out~
▪️have、get、take、makeなど幅広い使い方をする単語。
 単純に持つ、得る、取る、作るなどの意味だけを頭に描いていると、やはり理解が遅れる。
 例えば、
 we have a earlier flight.
 I had my bag repaired.  してもらうの意味のhave
 Has anybody asked you to carry any items? 現在完了のhave
 Let’s get something to eat.
 If you take this flight~ 
▪️理由や結果を本文の後にasで繋げる構文。
 becauseは会話ではあまり出てこない。その代わり、先に言いたい事を言い、その理由、結果をasで繋げることが多い。やはり日本語では理由を先に言うことが多いからだと思う。例えば
・・・as you can see.
▪️日本語では省略されがちな他動詞の後に来るyou、himが入る構文。
文法的には正しいのだが何故か頭が目的語を気にしてしまうのだ。
I ‘d like to introduce you to my wife Yumiko.
I’d like to show you around Kobe.
Has anybody asked you carry any items?
・比較級、最上級を形容詞として使う時
more mostはわかりやすいが最上級に変化した形容詞は聞き逃しやすい。例えば
 closest exit 一番近い出口
ここで述べた文節はどれも文字だけを見ると何ということはない。だが音で聞くと理解がワンテンポ遅れやすい用法なのだ。意識しておけば一人でに聞き取れるようになる。


3.その他海外旅行によく出てくる特殊な言い方を覚えておく
 これは音というよりも、海外旅行用語共通だ。普段は使わない言い方を覚えておくとヒアリングも楽である。一例を上げれば
 There is no reservation under Kato.加藤の名で予約はない
 I would like to put on the waiting list .キャンセル待ちしたい
 The economy class will start boarding soon.搭乗開始
 Have you packed your baggage?
私がおやっと思った文をあげたが、これは人により頻度に違いがあるだろう。自分でその都度メモしておくしかないようだ。

そして今は

完璧というには、恐れ多いが、あれほど聴き取れなかったBBC放送がある程度聴けるようになったのだ。ヒアリングが苦手という方、是非チャレンジしてみてほしい。海外スケッチ旅がもっと楽しくなるはずだ。

P.S.
 海外スケッチ旅の心得(詳細はこちら→)とスケッチ旅の道具(詳細はこちら→)安くスケッチ旅に行く方法(詳細はこちら→)についてもお忘れなく!
 今回は英語について書いたが、肝心の風景画の描き方については「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは(詳細はこちら→)」に記事を書いている。是非参考にしてほしい。

P.P.S.
絵を描くための英会話ならばもう十分と思っていたが、最近、少し欲が出てきた。もう少し旅を楽しめるよう、現在勉強中である。その詳細を知りたい方はこちらへ→