覚えておこう透明水彩の必須テクニック  滲みとぼかし

 透明水彩を使い始めると、油絵にはない、「滲み」と「ぼかし」のテクニックを極めたくなる。
 人物画、風景画いずれにも使えるテクニックだ。(水彩画の基本の描き方については色塗りの基本テクニックはこちらを→風景画はこちらを→人物画はこちらを→参照してほしい)
 今回はそのテクニックを使う上での注意事項を述べようと思う。

続きを読む

パソコンで描く水彩風イラスト 初級編 ハワイの海辺

 「この風景いいな!」と思った時、すぐに水彩絵の具とスケッチブックを取り出す・・・水彩画家としてはこれが最高だ。
 だが誰もがいつでも絵が描けるわけではない。そんな時どうするか・・・今日はパソコン(タブレットも基本は同じだ)で簡単に絵を描く方法を教えよう。

続きを読む

油絵初心者におすすめ「グリザイユ画法」

 高校生の時の私は劣等生。私立も国立も行きたかった希望大学は全部落ちた。やむを得ず、予備校に通い浪人生活を送った。我ながらよく勉強したと思う。最低限の睡眠を取る以外は試験日のその日まで受験勉強をしていたと言っていい。(私の高校時代のエピソードはこちら→
だがあまりにストイックに自分をコントロールしすぎたせいか、第一希望の大学に入ると一気にその反動が出た。「人の指示は受けたくない。自分でしたいことは自分で決める。」そして「人事を尽くして天命を待つ」これが大学に入学した時の私の人生訓だった。(私の大学時代のエピソードはこちら→

 そんな私が大学の美術部に入部した。油絵を描きたかったからだ。今思えば生意気な一年生だった。先輩からも好かれていたとは言えない。だから油絵の初心者のくせに、先輩から指導を受けることもなく、下手くそな絵を展示会に出品し続けていた。

 だが私の絵が変わったな、初心者レベルを卒業したなと自分で思えるようになったきっかけが二つある。一つは数少ないアドバイスを受けた先輩の「模写をしてみたら?」という一言。(模写についての記事はこちら→)。

 もう一つのきっかけは「グリザイユ画法(詳細はこちら→)」を知ったことだった。当時の私の描くテーマは実は今とあまり変わらない。風景画か人物画だ。風景画については先の先輩の一言でクールベを「模写」をしてからそれなりに悟るものがあったのだが、人物画がなかなか上達しなかった。このブログでも何度か取り上げた「真珠の首飾りの少女」を模写したりもしてみた。だがやはり満足できない。

 そうして私が大学の3年生になった頃だと思う。私と親しかった後輩(私は先輩からは好かれていなかったが、後輩からは案外好かれていた)が、グリザイユ画法を試してみるという。私は「面白そうだね」と多少の共感を示したものの、自分もやろうとは思わなかった。

 というのはグリザイユ画法は基本的にはまず白と黒の絵具だけを使い、グレーの階調を使って絵を仕上げる。そしてその上に薄く溶いた油絵具を何層にも重ねていく画法だ。つまりグレーで一回、着彩でもう一回塗ることになり、通常の倍以上時間がかかってしまう。当時の私は毎日が忙しく常に必死の状態。上達のためには絵の枚数を増やすことと、時間のかかるこの画法には乗り気でなかったという訳だ。

 だが、私の考えは間違っていた。当時年に一度だけ県立美術館の大展示室を使って大学の「美術部展」を開催することになっており、美術部員はその年のメイン作品を出品することになっていた。皆、F60号からF120号の大作を描いていた。そしてその年の彼の作品はグリザイユ画法の前段階、白と黒だけのグレーの色調の人物画の大作だった。それまでの彼の絵はどちらかというと、派手な色使いをする個性的な絵だったと記憶するが、180度違う絵を描いたわけだ。
そのせいもあって、彼の絵は存在感が際立っていた。おそらく、色を捨ててひたすら立体感を追求し続けたせいだろう。

 彼の絵の変わりように感動した私は、それ以後油絵によるグリザイユに本格的に取り組んだ。
 実はこのブログで扱っている水彩グリザイユ画法には限界がある。透明水彩には基本的に反射層が水彩紙の表面しかないからだ。
 それに対して、油絵では下地のキャンバスの色だけでなく、中間層にも部分的に反射層を入れられる。だから絵具を相当重ねても水彩のように彩度が急激に落ちることがない。複雑な光と影を表現するにはぴったりの画法なのだ。
 特に微妙な陰影を描く人物画には最適だと思っている。油絵を描き始めたものの、ちょっと壁にぶち当たってるという人はこのグリザイユ画法を試してみることをお勧めする。

 ちなみに私が、人生で初めて母以外の女性に送った誕生日のプレゼントはグリザイユ画法で描いた彼女の肖像画だった。
 会心の出来だと思ったが、彼女の心には響かなかったらしい。彼女もその絵もその後どうなったか知らない。

水彩画入門!弘法は筆を選ぶ?

 ■私が筆にこだわる訳

 水彩画を描き始めたあなたへ。もう水彩紙を手に入れ(詳細はこちら→ https://miryoku-yoshine.com/first-watercolor-paper-to-buy/)、絵具を買ったはずだ(詳細はこちら→ https://miryoku-yoshine.com/what-is-proffessional-watercolor/ )。
 次に知りたいのは当然「筆」だろう。今回は筆について書く。皆さんの記憶にある、子供の頃使った水彩画の道具を思い出してほしい。紙は画用紙、絵具はいわゆるマット水彩(半透明水彩)、筆はナイロン筆だったはずだ。紙と絵具についてはすでに先のブログ記事で、子供の絵に対する情熱を冷ましてしまう、とても悪い選択だと書いた。

続きを読む

水彩画を始めた人へ!プロが選ぶ絵具とは?

水彩紙の次に大事な道具とは?

 水彩画を描くにあたり一番重要なのは「水彩紙」だと先の投稿(https://miryoku-yoshine.com/first-watercolor-paper-to-buy/)で書いた。そして次に大事なのは水彩絵具だ。今回は絵具の基本を整理してみた。絵具選びの参考にしてほしい。
 まず絵具の種類について説明しよう。大きく二つに分ければ透明水彩と不透明水彩に分類される。透明水彩の特徴は絵具を重ねた時下の絵具が透けて見える。例えば黄色の絵具の上に青色の透明水彩絵の具を重ねると透明感ある緑色に見える。不透明水彩の場合は下の色が何色であっても上に重ねた色しか見えない。
 一般に水彩画家、watercolor- painter が使う「水彩」絵具といえば通常透明水彩を指している。

続きを読む

ペンと水彩で描く風景 安芸の小京都

竹原の町並み 作者 加藤美稲

 今日の絵は広島県にある「竹原」。JR広島駅から呉線という単線のローカル線に揺られること、約2時間。
 国の指定した「重要伝統的建造物群保存地区」だ。元々は製塩の町として発展し、今も江戸時代の街並みがよく残っているという。
 この日は、真冬、1月だったがぽかぽかと陽気がよく、スケッチブックを持ってこの町を訪れた。

続きを読む

もっと知りたい水彩画の魅力!水彩紙とは?

さて、水彩画を描き始めると、水彩紙の良し悪しで作品の出来栄えが変わることに気づくだろう。水彩紙の基本の性能とグレード、コスト比較についてはこちらhttps://miryoku-yoshine.com/first-watercolor-paper-to-buy/で紹介しているので、先に一読してほしい。ここでは、水彩紙をさらに極めたい方へ、あるいはプロの水彩画家を志す人のためにさらに詳しい情報をお届けする。かなり科学的、専門的、マニアックな話になるがご容赦願いたい。

続きを読む

水彩で描くみちのくの風景 角館の武家屋敷

大樹の門 作者:加藤美稲

 今回のテーマである角館(秋田県仙北市角館町)は私にとって特別な町だ。
 というのも、私がスケッチ先としてよく選んでいる「重要伝統的建造物群保存地区」の選定制度が施行されたのは昭和51年から。今から40年ほど前、私が大学の建築学科に入学した翌年にあたる。
 実は私が古い建物をスケッチし始めたのはこの制度と「町並み保存」という運動を知ったのがきっかけだ。特に妻籠、白川郷、三寧坂、祇園、萩、角館はこの制度による第一回の選定地区であり、建築を学び始めた大学生の私に「人」と「町並み」というこのブログ「美緑空間」にとって大切なキーワードを意識させてくれた町でもあるのだ。

続きを読む