海の絵を模写してみると・・・

クールベの海の絵

 冒頭の絵はクールベの描いた海の絵である。油絵を描いたことのある人なら大抵の人は知っているだろう。実はこの絵は私にとってとても思いで深い。
 普通、絵を描き始めた初心者に、「お薦めの練習方法は?」と聞かれると、大抵は「デッサン」あるいは「クロッキー」と答えるだろう。
 だからこのブログでも、「誰にでもできるデッサン練習法→」「人物画の基礎クロッキーの道具と描き方→」などの記事を書いている。

続きを読む

必見! 龍の絵

 今日のテーマは「龍」の絵だ。もっとも私自身は龍の絵は描かない。いや正確にいうと、油絵に熱中していた大学時代(「油絵に熱中した青春時代→」を参照)、それらしき油絵を一度だけ描こうとしたことがある。空に浮かぶ人智を超えた存在に対する憧れ・・・宗教に帰依していなくとも、若い時は、そんな感情を覚える時があるのだろう。
 実はその頃、墨絵の龍にも少し興味を覚えて、古本屋にゆき「墨絵入門」という分厚い本を購入したこともある。だが一時期の気まぐれは長く続くことなく、その本は何十年も開かないまま、今も私の書棚の奥にひっそりと収まっている。
気まぐれで終わってしまった理由は、単純だ。その「龍らしき絵」は出品したグループ展で、「下手」と言われるならばまだしも、ほとんど誰からも、興味を持ってもらえなかったからだ。せいぜい「珍しいね」で終わり。
 絵を描く人間は自己満足を得るためだけに描いている人は少ない。多分、人に見てもらいたい、人に感動を与えたいから描くのだと思っている。
 絵が注目されなかったという事実は絵描きとして「死刑宣告」を受けたのに等しい。
 というわけで、私はそれ以来古来からある、龍、虎、邪鬼など(勇ましい)空想のモチーフは一切描かなくなっただ。

 そういえば私は子供の頃から、家族や友達と遊んだ、思い出の風景を描くのが嫌だった。図画工作の時間なのに、教壇の上に生けられた花と花瓶を写生する(「絵で稼ぐことを覚えた子供→」を参照)変わった子供だったのだ。
 どうやら、「苦手な絵」は大人になっても変わらなかったようだ。

 そんな私が久しぶりに「龍の絵」と向き合ったのは、「絵描きになりたいな」と密かに思い始めた頃(そのエピソードはこちら→)だった。
 油絵に熱中していた学生時代以来久しぶりに絵を描き始めた私は、毎週休日は、必ずと言っていいほどスケッチに出かけていた。
 その日のお目当ては京都の建仁寺。だが主要な建物である「本坊」、「方丈」、「法堂」は何故かあまり私の創作意欲を刺激してくなかった。境内の濃緑の松林に惹かれて、枝の間から覗く三門(望闕楼 ぼうげつろう)を一枚だけスケッチしたものの、時間を持て余してしまった。
 いつもなら、スケッチ時間を優先させるので、寺院内の展示物は観ないのだが、そんな事情でこの時は拝観料を払い本坊の入り口をくぐった。
 絵に詳しい人は当然ご存知だろうが、実は建仁寺と言えば境内にある建物よりも国宝「風神雷神図屏風」(俵屋宗達作)が有名だ。そのことはスケッチに行く前に私も知っていた。当然それを期待して入館した訳だが、なんと玄関の正面にいきなり、その「風神雷神図屏風」が現れた。周りの人は早速カメラを取り出して写真撮影を始めた。横に解説があり、読んでみるとなんとこれは原寸大の「レプリカ」。少しがっかりして、写真を撮るのはやめ、先へ進む。さらに橋を渡り「法堂」へ入る。

 突然、天井いっぱいに巨大な龍の図が現れる。墨絵なのか日本画なのかわからなかったが、周囲の空気まで吸い込まれるようなモノトーンの世界。圧巻だ。
 後日調べてみると作者は小泉淳作画伯。大きさは108畳もある。完成したのは2002年。タイトルは「双龍図」だ。
 私は元々、モノトーンの芸術的な表現が好きだった。そしてその究極の世界が墨絵だろうとも書いた(「鉛筆デッサンが教えてくれるもの→」を参照)。この巨大な双龍図は「墨」一色でここまで描ける「水墨画」の奥深さを改めて私に教えてくれた。

 だが、だからと言ってすぐ、本棚の「水墨画入門」をまた取り出したかというと、私はそこまで浮気性ではない。何しろ、最近やっと、透明水彩の油絵にはない奥深さ、魅力に気づき始めたところだ。
 だから水墨画にチャレンジするのはもう少しだけ、先に伸ばそうと思う。

P.S.
このブログではカテゴリ「ためになる美術講座→」で関連する記事を書いている。興味のある方は覗いてほしい。

二つの伊勢街道を結ぶ町! 宇陀千軒の風景をスケッチ

 次の個展に備えて、出品予定作品をチェックした・・・。いかん、作品が足りない・・・これでは壁面が埋まらない!。
 慌ててスケッチの予定を追加する・・・毎度のことだ。自由なアーティストを気取ると、ついつい予定が伸びてしまう。大いに反省している。
 でもすでに海外のスケッチ旅は計画が終って航空チケット代は払ってしまった。予算的には近場でのスケッチしか許されない。

続きを読む

自分の絵をギャラリーに飾ろう!

 「絵の好きな人」から「絵を描く人」になったあなたへ。

 そろそろ自分の絵を額に入れて飾ってみよう。もちろん自身のある人はグループ展に参加する、個展を開く、公募展にチャレンジしてもらっていい。
 だがまだそこまでの自信がないという人もいるだろう。そんな人にお勧めする。自分の家、いや最初は自分部屋でもいい。ギャラリースペースを確保してみよう。

そして自分の描いた絵を額に入れて飾るのだ。

続きを読む

透明水彩入門! 絵具とパレットの使い方を知っている?

私が使用しているウィンザーニュートンの絵具24色セット

 これは私の愛用の絵具セット、ウィンザーニュートンの固形絵具24色セットである。

 汚くて申し訳ないが、透明水彩初心者のためには、使い込んだ状態の方が、わかりやすいだろう。今回はその24色の、あるいはその混色の、さらにパレット上での使い方を具体的に紹介しよう。

目次

1.パレットの標準色を知ろう

2.パレットの色配列の不思議

3.絵具とパレットの使い方
 3.1風景画を描く時
 3.2人物画を描く時

4.まとめ

続きを読む

ハワイは海だけじゃない!悲しき王朝の歴史を描く

イオラニ宮殿

 このブログでハワイの記事を二つ書いている。ホノルルのハレクラニホテル(パソコンで描く水彩風イラスト 初級編 ハワイの海辺→」を参照)とカウアイ島の風景(「南の島の日常を描く ハワイ カウアイ島→」を参照)をスケッチしたものだ。
 両方ともハワイらしい南国の日常をペンでスケッチしたもの、あるいはそれをパソコンで色つけしたものが主体だった。
 「異国の日常」をスケッチすることはもちろんこの「美緑空間」の目的でもあり、私にとっても貴重な体験であり絵を描く基礎訓練にもなるのだが、できれば、せっかくハワイに来たのだから、この国らしい、エキゾチックな建物のある風景を水彩画で描きたいと思っていた。

 実はハワイにもそんな私の希望を叶えてくれる歴史的建造物がある。それが冒頭に掲げたイオラニ宮殿だ。そして民主主義の国アメリカ合衆国に存在する唯一の王宮でもある。
 ハワイは有史以前から人が住んでいて、先祖はポリネシア人だという。統一したのが有名なカメハメハ大王だ。このイオラニ宮殿の入り口にも王の彫像がある。
 ハワイの王宮というからには、ハワイの先住民、あるいはその王国の文化が反映された、さぞかし民族的趣味が反映された建物だと思うだろう。だがご覧のように、意外に違和感のない西欧風デザインだった。インターネットで調べてみると、竣工は1882年。建築家はどうやらアメリカ人のようだ。

鹿鳴館

 その時日本は明治15年。同じくこの頃、イギリス人建築家ジョサイア・コンドルの設計した有名な「鹿鳴館」ができていた。その姿は今は見られないが、当時の写真を見ると、イオラニ宮殿とデザイン的に通ずるものがあるような気がする。
 つまり、このイオラニ宮殿も鹿鳴館も民族の文化より西欧化を急いだ時代のシンボルだったのだ。
 日本はその後、近代化に成功し、現在に至っているが、残念ながらハワイ王国はこの宮殿が出来てから10年後に滅びてしまい、アメリカ合衆国に吸収されてしまった。またハワイの先住民自身も西欧人が持ち込んだ伝染病により、人口が激減したという。
 そんな歴史を背景にこの建物は今ホノルルに建っている。予約をすれば豪華な宮殿内部インテリアも見学できるらしいが、私が訪れたときはそんな企画はなかったように思う。

 私の時間は限られていた。だからほとんど悩むことなく、「ここ!」と構図を決め、「南の王国」の風景をペンでスケッチした。
 幸い水彩紙(ラングトン)を持ち歩くようになった頃だった。おかげでスケッチだけで終わることなく、帰国してから透明水彩で仕上げることができた。
 この絵の制作プロセスは、「ペンと水彩で描く風景画の魅力とは→」に記した基本通りであまり変わらない。ペンの線を生かすように、透明色であるプルシャンブルーでグリザイユを施した後、固有色を重ねている。
 ただ、今回は常夏のハワイでのスケッチ。暑さを避けるため、私がスケッチブックを広げたのは当然だが、緑豊かな木陰の中。
 だから宮殿の風景を切り取る周囲の樹木は逆光になるので、どうしても暗くなる。これを奥の風景と同じブルーでグラデーションを施すと手前の木々が真っ青になってしまい、そのあとの固有色(サップグリーンなどの透明色)が美しく見えない。
 だから手前の木々の暗部はわざと不透明度の高いオリーブグリーンを主体とし、さらに赤みのあるウィンザーバイオレットを加えて明度を落としている。
 このグリザイユ画法と絵具の透明度の関係については少し勉強が必要だ。以下に詳しい記事を書いているので参考にしてほしい。
水彩画の基本!知っておきたいグリザイユ画法と絵具の透明度→

P.S.
 その他、このブログの関連記事を以下に記しておく。興味ある方は参考にしてほしい。
■透明水彩絵具の基礎技法については「水彩画入門 色塗りの基礎技法を覚えよう!→」を参照。
■ペンで建物を描く秘訣は「鉛筆はいらない!下書きしない風景画の描き方→」を参照。
■カテゴリ「スケッチの旅海外編→

印象派の絵画に見る女性像

マネ:すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ

 「日本で一番人気があるのは印象派の絵画」かつては美術館の企画担当者は口を揃えてこういったという。
 もちろん私も大好きだ。私が人物画というジャンルの芸術を知ったのは、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」を知ったから(エピソードはこちら→)であるが、自分で人物画を描きたいと思ったのは印象派、ルノワールの「イレーヌ・カーン・ダーンヴェール嬢の肖像」を知ったからだ(エピソードはこちら→)。
 そしてこのブログのトップページで私の絵描きとしての活動の一つに「魅力的な女性像を描く」ことを挙げているのもその時の感動がきっかけになっている。
 もっとも「イレーヌ嬢」の肖像は私が描こうとしている「女性像」というには幼すぎる。ならば大人の女性像をほかのルノワールの絵や同じく印象派のモネ、ゴッホ、シスレーなどの絵から探そうとしても、私の望むイメージとはちょっと違う。
 というのは一般的に印象派の絵画は大胆な筆のタッチを残すものが多く、女性の肌を描くには私にはやや不適当に思える。何より絵の主役は女性の表情ではなく肌を照らす明るい光になっている。
 「イレーヌ嬢」以外のルノワールの女性像、例えば有名な「陽を浴びる裸婦」やモネの「日傘の女」などはその好例である。
 だから私は恐れ多いことに「印象派に見るべき女性像の絵画はない」などと思っていたのだ。それは学生時代以来再び頻繁に絵を描くようになってからも相変わらず印象派絵画は私にとって疎遠な芸術だった。

 私のその偏見を取り払ってくれたのは、やはり、日本に、それも珍しく神戸に巡回されてやってきた人気の「印象派展」の中の一枚の絵だった。
 その絵とは冒頭に掲げたマネの「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」だ。実はこの絵、教科書で見たのか、雑誌だったのか覚えていないが、とにかくその年になるまで知らなかったというわけではない。
 ただ、「イレーヌ嬢の肖像」ほど感動したわけでなく、「なんだか黒っぽい女性像だな」という印象しかなかった。
 特に透明水彩画を描くようになってからは、「黒」の絵具については水彩画の透明感を損なうもの(詳細記事はこちら→)としてしか感じていなかったので、よけいに共感を覚えなかったのだと思う。

 ところが実物を見ると私の思い込みとは全く違っていた。いわば「諸悪の根源」とまで嫌っていた「黒」はマネの手にかかると上品でクラシカルな装いの女性の美貌を引立てる、魅惑の色だった。
黒い服に包まれたモリゾの活動的で知的な表情、その瞳は私を虜にした。しばし立ち止まり、その絵を見つめ続けた。どのくらいそこに立ち続けたか覚えていない。
 調べてみると、ベルト・モリゾは裕福な家の出身で、絵を習っていたという。私の想像通り「上品、活動的で知的な」女性であったことは想像に難くない。そしてその後、マネと知り合い、彼から絵を習い、印象派の画家としてデビュー。
 そしてマネの弟と結婚した。まさに「印象派の女性像」その名の通りの人生を送ったのだ。

水彩画入門!初めに買うべき道具は?

プロの水彩画家」の定義とは?

 水彩画を描き始めたあなたが上達して将来、個展を開くとしよう。当然会場には「水彩画家」と自分の職業を記した名刺をおかなければならない。
 さて、その時あなたは何をもって「水彩画を描いています」と言うのだろう?もちろん誰もが唸るほどの表現力をすでに身につけていれば問題無い。しかし現実的には画力はずっと向上し続けるもので、どの程度なら「水彩画家」であるという定義などないし、まして医師や弁護士、建築士のような国家資格があるわけではない。
・・・・・・・・・・・
 でも実は、これだけは言えると言うプロの水彩画家の定義(?)があるのだ。

続きを読む

ルネサンスの絵画から学んだものは?

 ルネサンス・・・私は確か中学生の時に「文芸復興」と習った覚えがある。だが今はそう呼ばないらしい。建築、絵画など文芸に限らない運動だからだ。私自身は学生時代大学、大学院で建築学科に学び、研究室も西洋建築史だったのでルネサンス建築には親しみがある。

続きを読む