1.絵画上達法

イラストのコツ教えます

 私の作品は水彩画が中心だ。しかし実は

最初の個展の時、ペン描きイラストを展示した。

 その中で意外に人気があったのが、ホテル客室の平面を描いたもの。そのうちの一枚、東京ニューオータニ・インのエグゼクティブシングルルームの平面図だ。我ながら細かいとこまでよく書いたものだ。

 実はこのイラスト、ゼロから私が考えたのではない。妹尾河童が「河童が覗いたヨーロッパ」で旅先のホテルをスケッチしていたのを見て、真似をしてみたのだ。当時は結構出張があったので、題材に不自由することはなかった。
 河童さんは本の中で

続きを読む

鉛筆デッサンが教えてくれるもの

 私は大学に入学すると、すぐ美術部に入り油絵を描き始めた。油絵を描けない奴なんてアーティストではない・・・そんな雰囲気があったからだ。そして水彩画にはないカラフルで重厚な油絵独自の表現に魅了されてしまう。展示会に備えて夜遅くまでキャンバスに向かう毎日だった。
 そしてあっという間に一年がたち、二回生になった。私が入学した工学部建築学科は二回生になると「造形演習」という講義がある。

その最初の講義が石膏デッサンだった。

続きを読む

水彩画の道具 プロが使うイーゼルとは?

イーゼルについて

 水彩画を描き始めた人へ。必要な道具はもう全部揃えただろうか。もしまだ道具に不安があるなら、水彩紙について→水彩絵具について→筆について→マスキングインクについて→別に記事を書いているので参考にしてほしい。
 今日は意外に皆さんが気を使っていないイーゼルについて説明しよう。

続きを読む