スペインをスケッチする マドリード編

スペインはヨーロッパでイタリアに次いで世界遺産の多い国。

マドリードの夜 食事もそこそこに・・・

 歴史的な建造物も多く、スケッチ旅行先としては文句なし。まずは関空から首都マドリードへ向かった。
 しかし今回のスケッチ旅行も実はトラブル続きだった。
まず到着早々、空港からマドリードまでタクシーに乗ったが英語が全く通じない。しかもわざと遠回りをされたらしく、時間も料金もガイドブックに記載された数値の5割り増しぐらい。

油断できない街だと感じた。

 この日は夜遅く到着したので、簡単な夕食を済ませ、時差ボケもあってすぐに就寝。

早朝のマドリード
交通量多く、スケッチを断念

 さて翌早朝。スケッチブックを持ってホテルを飛び出す。まずは王宮を目指す。途中で教会の尖塔がのぞく町並みをスケッチしかかったものの、車の往来が激しくて途中で断念。貴重な時間をロスしてしまった。

スペイン王宮

 そして到着した王宮。ガイドブックでは絶賛していたので、大いに期待していたのだが、外観は今ひとつ。18世紀の建物らしいのでおそらくバロックの建物だと思うが、設計が悪いのか、正門に立つと華麗なドーム屋根は見えず、外壁面に柱型だけが単調に並ぶデザイン。正面の広場も矩形の広いスペースがあるだけ。床のペイブメントも単純で魅力はない。

ガイドブックが絶賛しているからといって、絵描きに魅力的だとは限らない。

 とてもスケッチする気にならず、早々と退散することにした。もっともこれは絵描きとしてのコメント。豪華な内装は観光には最適だともコメントしておく。

スペイン王宮の内部

 次に向かったのはやはりガイドブックでおしゃれなストリートとしての紹介のあったグラン・ビア通りとその周辺の建物。しかしいずれもクラシカルなパーツを冠した現代建築ばかり。中途半端な印象でやはり絵を描く気になれない。
 そのまま歩いて有名なキュベレーの噴水に到着。これも評判ほど美しいとは思えなかった。エル・レティーロ公園まで歩くとさすがに疲労困憊。ここでビールで一息つき、支払いをしようとして気がついた。財布の中身が抜かれている!

エル・レティーロ公園

スリにあったのだ。

 そういえば交差点で目つきの悪そうな黒人達が私の後ろについていたことを思い出した。あの時に違いない。それにしても中身だけを抜き、財布はリュックに戻すとは・・・。実に慣れている。

 もっとも以前、ウィーンで全財産を無くすという大失敗を経験しているので今回はあわてない。店の支払いはポケットの小銭入れから支払い、今後の旅費用はマドリード駅のATMからやはり別の場所に入れてあるクレジットカードで引き出す。
 幸い、すられた金額は2万円くらい。痛い出費には違いないが、大使館に駆け込むほどのトラブルでなく、幸いだった。

 実は事前の調査でマドリードでのスケッチはもともとあまり期待していなかったが、この事件のおかげで、すっかりスケッチする気力は失せ、残りの時間をプラド美術館で過ごすことにした。
 お目当ては当然ベラスケス。広大な展示室を次から次へと見て回り、美術館を出たのは閉館時間ぎりぎり。
 疲れ果て、iPhoneでこの日歩いた距離を見ると、なんと30km。美術館での時間は別としてスケッチ成果ゼロの疲労困憊した1日であった。

皆さんにお伝えする結論!

 マドリードはスケッチ旅行先としては今ひとつ。空港へ行くための宿泊地と割り切ったほうが良さそうだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください