まるでコロー?日本の有名水彩画

上図の作品は誰が描いたかご存じだろうか?19世紀フランスのバルゾン派の絵画が好きな人なら「コロー!」と答えるのではなかろうか。
作者は有名な「浅井忠」。①は「グレーの古橋」②は「河畔洋館」という作品でいずれも浅井忠がパリに留学した時に描いたものだ。

実は学生時代は油絵一辺倒だった私が今、水彩画を一生懸命描いているのはこの浅井忠の描いた「コローのような」水彩画の存在が大きい。私が再び絵を描きだした経緯は「今から絵描きをめざすひとのために→」で書いたとおりだが、それまで私の頭にあった画家の作品は、レンブラント、アングル、フェルメール、コロー、マネ達が描く、ややロマン的な写実絵画で基本は油絵の作品だ。
正直言うと、水彩は小中学校で適当に描いていただけ。全くの独学だ。だからやはりまずは水彩画の大家の絵を調べてみようと思ったというわけだ。たぶんインターネットで調べたのだと思うが、「浅井忠は油絵だけでなく水彩画にも才能を発揮した」という一文を発見。水彩画の画集が無いか調べると第一法規という会社から「日本水彩画名作全集」という本が出版されており、その第一巻が「浅井忠」だった。だがどうやら絶版で入手できないらしい。こんな時頼りになるのがやはり「amazon」。中古の画集が見つかり、さっそく購入。その中でとても気に入ったのが冒頭の2枚の絵である。

私はプロフィールのところでも書いたが、一番好きな画家は「コロー」だ。だからこの2枚の絵を見た時に、独特の落ち着いたグレーの色調と柔らかな筆のタッチがすっかり気に入ってしまった。しかもコローは油絵でグレーを表現(これは比較的容易だ)したが、浅井忠は水彩でグレーを表現している。水彩で美しい白、黒、グレーを表現することはとてもむつかしい。私はその秘密を知りたくて、未だに試行錯誤をしているといっていい。
コローの油絵はあくまで筆で丹念に重ねてあの柔らかさを出している。この2枚の絵は水彩らしい、水分をたっぷり含ませた絵具を紙にしみこませ、にじみとぼかしの組み合わせで空気や水の透明感を表現している。
現代の水彩画家はどちらかというと、同じような技法を駆使しながらも、もっと色が鮮やかだ。あるいは浅井忠の絵も当初はもっと鮮やかだったのかもしれない。浅井忠は51歳で世を去ったという。もう少し長く生きていれば、コローのように柔らかく、落ち着いた雰囲気の中でみずみずしく鮮やかな色彩を展開するそんな風景画が見られたかもしれないと思うととても残念な気がする。

なお、このブログで同じく明治の水彩画家「五百城文哉」について書いた(「知っておきたい有名水彩画!日光陽明門→」を参照)。五百城は1963年生まれ、浅井は1856年生まれ。7歳しか違わないので、互いの画風について、意見を交わしたのではないかと考えて調べ始めたが、今のところそんな文献は発見できていない。だが明治の末期に生きた二人が片や超絶技巧、片やロマンチックな情景表現で競い合っていたのではないかと想像してしまう。
もしそんな事実が発見出来たらまたこのブログで報告したいと思う。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください